【2月】引退する調教師と騎手 | 競馬速報 動画STYLE

【2月】引退する調教師と騎手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20150129-OHT1I50046-S


2月は定年を迎え引退する調教師も多い。

28日付で引退となる調教師は以下8名。

美穂では
大久保洋吉、鈴木康、畠山重則の3調教師、

栗東では梅内忍、梅田康雄、小野幸治、境直行、白井寿昭の5調教師が引退となる。

また騎手は梶晃啓騎手と中舘英二騎手(49)が引退。

中舘騎手は調教師試験に合格しており、3月に開業するそうだ。

そしてこの時期になると

引退間近となる調教師や騎手と出走する馬が激走することがよく起こるのだ。

その中でもすごかったのは、先日
鈴木康調教師の馬だった。

シルクロードS12番人気のセイコーライコーが3着

京都牝馬Sでは15番人気のゴールデンナンバーが激走した。

引退する調教師や騎手たちにとっては、引退する前に何が何でも勝ち星が欲しいところだし、

勝負気配もすごいであろう。

これを馬券に生かさない手はない!!

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

札幌記念2018人気馬消してもいいですか?モズカッチャン・サングレーザー・ゴーフォザサミットの不安材料

モズカッチャン超叩き良化型古川助手「今年初戦だった京都記念(4着)でミルコ(デムーロ)が『最後は止まった』と言っていた。洋芝は間違いなく合うけど、まだ余裕のある感じ。叩き良化型という点がどうか」サングレーザーやはり若干距離が長い?走法的にも...ゴーフォザサミット能力疑問 この2走はインベタはまった

続きを読む

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/13(月) 21:05:00.68 ID:8kAJFTiC0 宝塚のグラス、JCのスペ こいつらに勝てたと思う? 続きを読む

続きを読む

【北九州記念2018予想】今年も波乱の予感?狙いたい穴馬は?

今週末の小倉は「北九州記念」が行われます。全6戦あるサマースプリントシリーズも4戦目ということで後半戦に突入です。シリーズを振り返ってみますと、第1戦目の函館スプリントステークスは10番人気のヒルノデイバローが2着に入着し、2戦目のCBC賞では9番人気のナガラフラワー、8番人気のセカンドテーブルが2,3着に食い込み、一筋縄ではいかない決着が続いております。北九州記念も昨年は14番人気のナリタスターワンが2着、15番人気のラインスピリットが3着に食い込み107万馬券が飛び出しており、前記事の過去10年の傾向でも記したとおり、波乱傾向が強いレースと言えるでしょう。今年のサマーシリーズは例年以上に波乱傾向が顕著に見られますし、波乱を警戒したいレースになりそうです。ということで、今回は過去の穴馬の傾向を考察しながら穴馬候補を探してみたいと思います。過去10年の「単勝オッズ30倍以上」の馬の成績を見てみますと、「0-3-2-59」と勝ち馬こそ出ておりませんが、5頭の馬がヒモに来ております。馬券圏内率は7.8%と決して高くはありませんが、高額配当を狙うならここを拾えるかどうかで命運が分かれるのではないでしょうか。馬券に絡んだこの5頭の馬は、3歳が1頭、5歳が2頭、6歳が2頭でした。5,6歳が好走しており、さらに5頭中3頭は前走がサマーシリーズだった馬でした。5頭中3頭が4枠に入った馬だったという点も気になります。今年の出走メンバーで、単勝オッズが30倍以上になりそうな馬で、前走でサマーシリーズを使っている5,6歳馬はアクティブミノル、グレイトチャーター、トウショウピスト、ナインテイルズ、ナリタスターワンの5頭です。この中で4枠に入った馬がいれば注目してみても良さそうですね。枠順発表前の現時点で個人的に気になっているのは、前走アイビスサマーダッシュで3着に入着したナインテイルズです。昨年穴を開けたナリタスターワンとラインスピリットもアイビスサマーダッシュからの参戦でしたし、過去に北九州記念で好走している馬はアイビスサマーダッシュからの参戦馬が多いので、要注意だと思います。鞍上は前走の戸崎騎手から幸英明騎手に乗り替わりとなりますが、幸騎手とのコンビ成績は「3-0-2-8」と好成績ですし、昨年の北九州記念でも穴馬のナリタスターワンを2着に持ってきた騎手です。先週の小倉の土日でも6勝をあげる絶好調ぶりを見せており、今週もこの勢いが続いてほしいところです。54キロという斤量も魅力ですし、臨戦態勢、鞍上、勢いなどを考えれば非常に“買い”な穴馬ではないでしょうか。当日は穴人気しそうな気もしますが、今回はぜひとも狙ってみたい1頭です。

続きを読む

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/16(木) 12:44:40.07 ID:xz6+yPBH0  2016年のオークス2着馬チェッキーノ(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)の引退が決まった。8月16日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが発表した。  公式HPによると、この日に放牧先のノーザンファーム天栄で左前脚に屈腱炎を再発していることが判明。再発のため、復帰が困難となることから引退、繁殖入りが決まった。  同馬は2015年秋にデビューし、未勝利から3連勝でフローラSを制覇。2016年オークスでもシンハライトの2着に好走し、今後の活躍が期待された。 しかし、同年夏のクイーンS直前に左前脚の屈腱炎が判明。今年6月に米子Sで2年1か月ぶりに復帰を果たしたが、7着に敗れ、前走の関屋記念でも7着と精彩を欠いていた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000101-sph-horse 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください