【これはひどい】ローブティサージュがぁあああああ、JRAに批判 | 競馬速報 動画STYLE

【これはひどい】ローブティサージュがぁあああああ、JRAに批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

134235501448313215127_111022-10-48-100_2608

 日本中央競馬会(JRA)が主催した競馬レースで、むちの使い方が波紋を広げている。といっても、ふるったのは騎手ではなく、JRAの職員。むちを入れられた馬はトラウマからか、年が明けても出走できず、競馬雑誌も問題を取り上げた。

 昨年11月30日、京都競馬場であった重賞レース「京阪杯」。ファンファーレが鳴り、18頭がスタート位置へ。だが、ローブティサージュ(牝〈めす〉5歳)が後ろ脚を蹴り上げてゲート入りを拒み、興奮状態になった。2012年にGIレースを制した経験もある馬だ。

 ゲート入りを管理するJRAの発走委員がむちで後ろ脚辺りを数回打った。馬はさらに後ずさりした。三浦皇成(こうせい)騎手(25)が馬を下りると落ち着きを取り戻したが、発走委員はさらに脇腹付近を打った。

 馬は目隠しされて何とかゲートインしたが、14着と惨敗。レース後、三浦騎手は「『目隠しすればすぐに(ゲートに)入る』と伝えたが、聞いてくれなかった。無理やり入れようとした発走委員が蹴られ、それに怒ったのか余計にむちを入れてきた」とコメントした。

~朝日新聞~(http://www.asahi.com/articles/DA3S11602866.html)

うわゎぁああああああ!

なんてことしやがるんだぃっ!

さすがの私も激オコでございますよ!

馬はただでさえデリケートな生き物なんですから、もっと他のやり方があったでしょうに。

これは批判されても仕方ない!!

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

コメント

  1. かんちゃん より:

    アドマイヤジャパンの皐月賞もひどかったですよ
    ディープにだったら絶対やらないだろという扱い
    公正競馬が聞いてあきれます

  2. 動画スタイル より:

    ちなみにオープン馬だからこういう話になりますが
    実は平場でもよくある話で、出遅れ癖のある馬の中には
    これがトラウマになって出遅れ癖がついた馬も複数います。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください