【検証】2/28に開催された中央競馬、阪神12Rは八百長か? | 競馬速報 動画STYLE

【検証】2/28に開催された中央競馬、阪神12Rは八百長か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

審議


一部ネット上で2/28阪神12Rは八百長ではないかという噂が流れている。

確かに不可解なレースであった。その動画はコチラ。

このレースはスペシャルウィークの調教師でも知られる白井調教師の引退レース。

そして鞍上は武豊ということで、実力以上に人気を背負っていたマノワール号。

この馬がハナに行って2着に粘ったという競馬であったが八百長かどうかの検証をしたい。

疑問 1
エンキンドルはわざと出遅れたのか?

ここでハナに行くと思われていたのは11番のエンキンドル。
ここ2戦もハナに行って好走しているだけにここも先行策を取ると思われていた
しかしスタートで出遅れ。しかも強引にでもハナにというスタンスをとらずに中団へ位置する。
そこへ同じく出遅れ気味であったマノワールが押して押してハナを主張し、
スタート後の正面直線でのポジション取りは落ち着く。

疑問 2
何故どの馬も捲りにいったり、逃げ馬を突かないのか?

通常の競馬であれば、逃げ馬ビッチリマークで突いたり、
若しくは逃げ馬がペースを落とそうものなら、一気の捲りでハナを取りにいくような馬がいる。
出遅れたエンキンドルあたりは手応え的にも捲ってもいい感じはある。
しかし、どの馬も突くことなくハナにいったマノワールは3コーナー手前で息を入れている。
その結果、3コーナー手前で馬群は一気に凝縮しているのが目に見て解る。
そこで何故どの馬も勝負を仕掛けなかったのかははっきり言って疑問だ。

疑問 3
3.4コーナーのラップタイムも遅いのに何故どの馬も動かないのか?

これだけ逃げ馬が息が入っているのならば少なくとも3.4コーナー中間くらいには
各馬が逃げ馬を潰しにかかるのが競馬というもの。しかし誰も動かない。
結局直線入口に差し掛かるところでエンキンドルがようやくの進出を開始したくらい。
競馬を毎日見ている人間ならこの時点で「何やってんだ」と感じるであろう。

疑問 4
直線の攻防、エンキンドルの浜中が怪しい件

直線入口の脚であれば一気に捲ってもいいのだが、何故か差がつまらない。
これは画像の妙なのかもしれないが、前を射程に入れた直線半ばあたりから
浜中騎手の手が多少追い出しよりも弱まっている。
というよりも手綱をしごくのをやめてやる気のないムチを打っているだけのようにも見える。
そして、外からマノワールの白井調教師と同様にこのレースで引退レースとなっていた
鈴木康調教師のトーセンハルカゼが突っ込んでくるのをガン見している。(動画の1:57あたり)
横見る余裕あるくらい本気で追っていないということか。
隣のアドマイヤの和田騎手の手綱捌きと比較すれば手抜きなのが解るだろう。

疑問 5
では何故マノワールは負けてしまったのか。

それでも結局はマノワールは直前失速してハギノタイクーンにハナ差負けしてしまう。
本当に八百長ならばこのままマノワールが勝っていただろう。
だが、ここで可能性があるのは「ハギノタイクーンは蚊帳の外であった」という仮説である。
基本的には有力各馬の談合であり、ハギノタイクーンのような無印馬は蚊帳の外であった
その為に、福永騎手は必死に追って勝利を手にしてしまったとしたらどうだろうか。
実際にレース後の福永騎手のコメントを分析してみるとこの仮説は成り立つかもしれない。

『スタートが良く、楽に2番手につけられたからね。』
↑他の馬が遠慮したから楽に2番手に行けたということはないだろうか。

『最後は苦しがって内にモタれてしまったけど、しぶとく伸びてくれた。』
↑ラスト1Fの上がりは12.9、その前の1Fが12.1だけに前はバテにバテている。
普通ならこんなラップタイムならば後方からの追い込みが決まっているものだが
そんな差してくる馬もトーセンハルカゼくらいだったのもおかしな話ではあるが、
要は後ろの馬が全く来なかったから伸びているように見えただけであり、
結局はマノワールとの我慢比べをしていただけ。

当然のことながら、白井調教師ほどの調教師の引退ならば
花を持たせたいと願う人は多いのかもしれない。
騎手も人間だから多少なりともそういう心理が働いてもおかしくないが、
検証していくと、このレースのエンキンドルのレース振りは不可解といえば不可解。

何かあると思われてもおかしくないレースであったのかもしれない。

結論
結論は、確たる証拠がない限りはシロである。
確かに不可解なレースの流れであったことは否めないが、
結局のところ白井厩舎の馬も鈴木康厩舎の馬も勝っていない。
その点を鑑みると、単なる特異なレースであったというだけなのかもしれない。

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬 予想 |アルバートなど1週前注目馬考察

2017/12/2開催「ステイヤーズステークス(GII)」に向けて、アルバートやフェイムゲームなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。 ステイヤーズステークス 2017 [1週前出...

続きを読む

【第62回京阪杯】連勝狙うソルヴェイグなどスピード自慢が集結!

名無しさん:2017/11/21(火) 00:03:27.55 ID:bAHHcv9o0.net 名無しさん: … 続きを読む »

続きを読む

デムーロ騎手、サトノクラウンとのコンビが濃厚か?シュヴァルグランはH.ボウマン騎手と新コンビ

先週のマイルチャンピオンシップをペルシアンナイトで優勝したM.デムーロ騎手は、この勝利でJRA・G1において10戦連続で3着内に入るという偉業を成し遂げました。「黙ってミルコを買っておけば大体当たる」。最近はそんな格言がファンの間では度々交わされているようですね。「馬7:騎手3」。競馬の格言にはこんな言葉もありますが、ミルコ騎手の今秋の活躍っぷりを見ると、この格言の信憑性も低く思えてきてしまいますね。ジャパンカップではサトノクラウンとのコンビが濃厚!気になるのがミルコ騎手のジャパンカップでの騎乗馬ですが、候補にあがっているのは2頭。春は宝塚記念を制し、天皇賞秋でも2着に健闘したサトノクラウンと、前走京都大賞典で3着に入着したシュヴァルグランです。マイルチャンピオンシップでは主戦騎手を務めてきたレッドファルクスを弟のクリスチャン・デムーロに譲り、ペルシアンナイトで見事に優勝を果たしたミルコ騎手。どちらの馬に乗るのかが非常に気になるところでしたが、21日にシュヴァルグランの鞍上が短期免許で来日中のH.ボウマン騎手に決定したことで、本番はサトノクラウンで臨むことがほぼ決定したかたちとなりました。サトノクラウンは今年の4戦は全てミルコ騎手が手綱を握り、成績は「2-1-0-1」と相性も抜群。2着に入着した前走の天皇賞秋では雨で不良馬場開催となりましたが、馬場が良く且つロスの少ないところを上手く走らせたミルコ騎手の好騎乗が光ったレースでもありました。次走のジャパンカップでキタサンブラックを負かす逆転劇に期待するファンも少なくないでしょうし、今のミルコ騎手の確変は「止まるまで買っておきたい」というファンも多そうですね。何れにせよ、サトノクラウンでの騎乗が濃厚となった今、評価を上げざるを得ない一頭となったことは確かです。

続きを読む

チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬 予想 |サウンドトゥルーなど1週前注目馬考察

2017/12/3開催「チャンピオンズカップ(GI)」に向けて、サウンドトゥルー・ケイティブレイブなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。 チャンピオンズカップ 2017 [1週前...

続きを読む

チャレンジカップ 2017 出走予定馬 予想 |ミッキーロケットなど1週前注目馬考察

2017/12/2開催「チャレンジカップ(GIII)」に向けて、ミッキーロケット・タツゴウゲキなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。 チャレンジカップ 2017 [1週前出走予定...

続きを読む

コメント

  1. 匿名 より:

    優駿と言う競馬映画があった。競馬関係者との折衝祖担当していたスタッフから聞いた話を書く。メリーナイスが優勝したダービーを実際の映像を使う事になっていたが、追っかけていた馬はメリーナイスではなく違う馬、慌ててレースを再現する事になった、観客席は映さずに。ダービーに出走した馬と同じ毛色の馬を地方その他から集めて、ダービーを乗り役のジョッキーにみせて再現しろと一言言っただけで、3回ほぼ同じレースをしたんですと。

    出来ない訳は無いね、出来レース。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください