【検証】2/28に開催された中央競馬、阪神12Rは八百長か? | 競馬速報 動画STYLE

【検証】2/28に開催された中央競馬、阪神12Rは八百長か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

審議


一部ネット上で2/28阪神12Rは八百長ではないかという噂が流れている。

確かに不可解なレースであった。その動画はコチラ。

このレースはスペシャルウィークの調教師でも知られる白井調教師の引退レース。

そして鞍上は武豊ということで、実力以上に人気を背負っていたマノワール号。

この馬がハナに行って2着に粘ったという競馬であったが八百長かどうかの検証をしたい。

疑問 1
エンキンドルはわざと出遅れたのか?

ここでハナに行くと思われていたのは11番のエンキンドル。
ここ2戦もハナに行って好走しているだけにここも先行策を取ると思われていた
しかしスタートで出遅れ。しかも強引にでもハナにというスタンスをとらずに中団へ位置する。
そこへ同じく出遅れ気味であったマノワールが押して押してハナを主張し、
スタート後の正面直線でのポジション取りは落ち着く。

疑問 2
何故どの馬も捲りにいったり、逃げ馬を突かないのか?

通常の競馬であれば、逃げ馬ビッチリマークで突いたり、
若しくは逃げ馬がペースを落とそうものなら、一気の捲りでハナを取りにいくような馬がいる。
出遅れたエンキンドルあたりは手応え的にも捲ってもいい感じはある。
しかし、どの馬も突くことなくハナにいったマノワールは3コーナー手前で息を入れている。
その結果、3コーナー手前で馬群は一気に凝縮しているのが目に見て解る。
そこで何故どの馬も勝負を仕掛けなかったのかははっきり言って疑問だ。

疑問 3
3.4コーナーのラップタイムも遅いのに何故どの馬も動かないのか?

これだけ逃げ馬が息が入っているのならば少なくとも3.4コーナー中間くらいには
各馬が逃げ馬を潰しにかかるのが競馬というもの。しかし誰も動かない。
結局直線入口に差し掛かるところでエンキンドルがようやくの進出を開始したくらい。
競馬を毎日見ている人間ならこの時点で「何やってんだ」と感じるであろう。

疑問 4
直線の攻防、エンキンドルの浜中が怪しい件

直線入口の脚であれば一気に捲ってもいいのだが、何故か差がつまらない。
これは画像の妙なのかもしれないが、前を射程に入れた直線半ばあたりから
浜中騎手の手が多少追い出しよりも弱まっている。
というよりも手綱をしごくのをやめてやる気のないムチを打っているだけのようにも見える。
そして、外からマノワールの白井調教師と同様にこのレースで引退レースとなっていた
鈴木康調教師のトーセンハルカゼが突っ込んでくるのをガン見している。(動画の1:57あたり)
横見る余裕あるくらい本気で追っていないということか。
隣のアドマイヤの和田騎手の手綱捌きと比較すれば手抜きなのが解るだろう。

疑問 5
では何故マノワールは負けてしまったのか。

それでも結局はマノワールは直前失速してハギノタイクーンにハナ差負けしてしまう。
本当に八百長ならばこのままマノワールが勝っていただろう。
だが、ここで可能性があるのは「ハギノタイクーンは蚊帳の外であった」という仮説である。
基本的には有力各馬の談合であり、ハギノタイクーンのような無印馬は蚊帳の外であった
その為に、福永騎手は必死に追って勝利を手にしてしまったとしたらどうだろうか。
実際にレース後の福永騎手のコメントを分析してみるとこの仮説は成り立つかもしれない。

『スタートが良く、楽に2番手につけられたからね。』
↑他の馬が遠慮したから楽に2番手に行けたということはないだろうか。

『最後は苦しがって内にモタれてしまったけど、しぶとく伸びてくれた。』
↑ラスト1Fの上がりは12.9、その前の1Fが12.1だけに前はバテにバテている。
普通ならこんなラップタイムならば後方からの追い込みが決まっているものだが
そんな差してくる馬もトーセンハルカゼくらいだったのもおかしな話ではあるが、
要は後ろの馬が全く来なかったから伸びているように見えただけであり、
結局はマノワールとの我慢比べをしていただけ。

当然のことながら、白井調教師ほどの調教師の引退ならば
花を持たせたいと願う人は多いのかもしれない。
騎手も人間だから多少なりともそういう心理が働いてもおかしくないが、
検証していくと、このレースのエンキンドルのレース振りは不可解といえば不可解。

何かあると思われてもおかしくないレースであったのかもしれない。

結論
結論は、確たる証拠がない限りはシロである。
確かに不可解なレースの流れであったことは否めないが、
結局のところ白井厩舎の馬も鈴木康厩舎の馬も勝っていない。
その点を鑑みると、単なる特異なレースであったというだけなのかもしれない。

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

札幌記念2018人気馬消してもいいですか?モズカッチャン・サングレーザー・ゴーフォザサミットの不安材料

モズカッチャン超叩き良化型古川助手「今年初戦だった京都記念(4着)でミルコ(デムーロ)が『最後は止まった』と言っていた。洋芝は間違いなく合うけど、まだ余裕のある感じ。叩き良化型という点がどうか」サングレーザーやはり若干距離が長い?走法的にも...ゴーフォザサミット能力疑問 この2走はインベタはまった

続きを読む

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/13(月) 21:05:00.68 ID:8kAJFTiC0 宝塚のグラス、JCのスペ こいつらに勝てたと思う? 続きを読む

続きを読む

【北九州記念2018予想】今年も波乱の予感?狙いたい穴馬は?

今週末の小倉は「北九州記念」が行われます。全6戦あるサマースプリントシリーズも4戦目ということで後半戦に突入です。シリーズを振り返ってみますと、第1戦目の函館スプリントステークスは10番人気のヒルノデイバローが2着に入着し、2戦目のCBC賞では9番人気のナガラフラワー、8番人気のセカンドテーブルが2,3着に食い込み、一筋縄ではいかない決着が続いております。北九州記念も昨年は14番人気のナリタスターワンが2着、15番人気のラインスピリットが3着に食い込み107万馬券が飛び出しており、前記事の過去10年の傾向でも記したとおり、波乱傾向が強いレースと言えるでしょう。今年のサマーシリーズは例年以上に波乱傾向が顕著に見られますし、波乱を警戒したいレースになりそうです。ということで、今回は過去の穴馬の傾向を考察しながら穴馬候補を探してみたいと思います。過去10年の「単勝オッズ30倍以上」の馬の成績を見てみますと、「0-3-2-59」と勝ち馬こそ出ておりませんが、5頭の馬がヒモに来ております。馬券圏内率は7.8%と決して高くはありませんが、高額配当を狙うならここを拾えるかどうかで命運が分かれるのではないでしょうか。馬券に絡んだこの5頭の馬は、3歳が1頭、5歳が2頭、6歳が2頭でした。5,6歳が好走しており、さらに5頭中3頭は前走がサマーシリーズだった馬でした。5頭中3頭が4枠に入った馬だったという点も気になります。今年の出走メンバーで、単勝オッズが30倍以上になりそうな馬で、前走でサマーシリーズを使っている5,6歳馬はアクティブミノル、グレイトチャーター、トウショウピスト、ナインテイルズ、ナリタスターワンの5頭です。この中で4枠に入った馬がいれば注目してみても良さそうですね。枠順発表前の現時点で個人的に気になっているのは、前走アイビスサマーダッシュで3着に入着したナインテイルズです。昨年穴を開けたナリタスターワンとラインスピリットもアイビスサマーダッシュからの参戦でしたし、過去に北九州記念で好走している馬はアイビスサマーダッシュからの参戦馬が多いので、要注意だと思います。鞍上は前走の戸崎騎手から幸英明騎手に乗り替わりとなりますが、幸騎手とのコンビ成績は「3-0-2-8」と好成績ですし、昨年の北九州記念でも穴馬のナリタスターワンを2着に持ってきた騎手です。先週の小倉の土日でも6勝をあげる絶好調ぶりを見せており、今週もこの勢いが続いてほしいところです。54キロという斤量も魅力ですし、臨戦態勢、鞍上、勢いなどを考えれば非常に“買い”な穴馬ではないでしょうか。当日は穴人気しそうな気もしますが、今回はぜひとも狙ってみたい1頭です。

続きを読む

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/16(木) 12:44:40.07 ID:xz6+yPBH0  2016年のオークス2着馬チェッキーノ(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)の引退が決まった。8月16日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが発表した。  公式HPによると、この日に放牧先のノーザンファーム天栄で左前脚に屈腱炎を再発していることが判明。再発のため、復帰が困難となることから引退、繁殖入りが決まった。  同馬は2015年秋にデビューし、未勝利から3連勝でフローラSを制覇。2016年オークスでもシンハライトの2着に好走し、今後の活躍が期待された。 しかし、同年夏のクイーンS直前に左前脚の屈腱炎が判明。今年6月に米子Sで2年1か月ぶりに復帰を果たしたが、7着に敗れ、前走の関屋記念でも7着と精彩を欠いていた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000101-sph-horse 続きを読む

続きを読む

コメント

  1. 匿名 より:

    優駿と言う競馬映画があった。競馬関係者との折衝祖担当していたスタッフから聞いた話を書く。メリーナイスが優勝したダービーを実際の映像を使う事になっていたが、追っかけていた馬はメリーナイスではなく違う馬、慌ててレースを再現する事になった、観客席は映さずに。ダービーに出走した馬と同じ毛色の馬を地方その他から集めて、ダービーを乗り役のジョッキーにみせて再現しろと一言言っただけで、3回ほぼ同じレースをしたんですと。

    出来ない訳は無いね、出来レース。

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください