【豪・ドンカスターM(G1)】リアルインパクト・ワールドエース出走枠 | 競馬速報 動画STYLE

【豪・ドンカスターM(G1)】リアルインパクト・ワールドエース出走枠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aeb56370


4日(土)オーストラリア・ロイヤルランドウィック競馬場で行われるドンカスターマイル(G1)の出馬表が以下の通り確定した。ワールドエース(牡6 栗東・池江泰寿厩舎)はゼッケン3番で16番ゲートから、リアルインパクト(牡7 美浦・堀宣行厩舎)はゼッケン4番で21番ゲートから発走。なおゲート番は繰り上がる可能性がある。

ドンカスターマイル(G1)
ロイヤルランドウィック競馬場 芝1600m 3歳以上ハンデキャップ
4日17時10分(日本時間15時10分)発走予定

〔左からゲート番(馬番)、馬名、性齢、斤量、騎手〕

1(19) スアヴィート 牝4 50 C.ブラウン
2(2) ハッピートレイルズ せん7 56.5 D.オリヴァー
3(17) リーバズ せん5 50.5 G.ボス
4(12) イッツサムワット せん4 51.5 C.ウィリアムズ
5(16) アラビアンゴールド 牝4 50.5 C.スコフィールド
6(18) ルディー せん4 50.5 L.タラント
7(21※) スワイニース 牡3 50 S.クリッパートン
8(7) ナインスリージョン せん5 52.5 D.ダン
9(15) デスティニーズキス せん6 51 S.クリッパートン
10(20) プラッキーベル 牝6 50 K.オハラ
11(5) モリアーティ せん7 54.5 T.アングランド
12(11) フックト 牡4 52 D.ターナー
13(14) ポミシェ 牡4 51 K.マカヴォイ
14(23※) アオメン せん7 50 騎手未定
15(9) コズミックエンデヴァー 牝4 52 T.クラーク

16(3) ワールドエース 牡6 55.5 N.ホール
17(8) プッチーニ 牡4 52.5 C.ニューイット
18(6) ロイヤルディセント 牝5 54 J.モレイラ
19(22※) カーマデック 牡3 50 G.ボス
20(1) セイクリッドフォールズ 牡5 58 Z.パートン

21(4) リアルインパクト 牡7 55 J.マクドナルド
22(13) ダイヤモンドドリル 牝5 51 T.ユエット
23(10) ハロウドクラウン 牡3 52 T.ベリー
24(24※) マラヴィオ せん6 50 騎手未定



馬番に「※」が付されている馬番21番から24番までの4頭については、日本時間4日5:30までに、馬番20番までの馬が出走取消になった際に出走可能となる補欠馬。出走取消とならなかった場合は出走できない。この場合、不在となったゲート番以降についてはそれぞれ繰り上がる。

(JRA発表 )

去年は不良馬場の中で開催されたこのレースに日本からハナズゴールが出走して 残念ながら6着だった!

しかし20頭という頭数と道悪でこの結果は良く頑張ったと思う。

去年の覇者セイクリッドフォールズ今年も出走で連覇を狙うが、

ここは日本馬リアルインパクトワールドエースに期待したい!

中1週だが無事に結果を残せるようがんばってほしいですね!

★大阪杯(G2)を的中したい方へ★
独自の情報収集と分析で完全オリジナルな情報を提供しているこのサイト
特にパドック状況や当日傾向を踏まえて提供する情報には定評があり、
数々の的中を毎週記録している。

先週開催の高松宮記念においてもパドックからでハクサンムーンを推奨。


高松宮記念3連複140.0倍的中!



を記録しているのだから、やはりこのサイトの予想担当者の
競馬に関する知識はまさに『 脅威のレベル 』と言っていいものだろう。
大阪杯(G2)に関しても既に、他では手に入らない特注馬情報を入手している。
その一部を今回はこの場にて公開することに許諾を得たので公開させて頂く。

【 大阪杯(G2)特注馬情報 】


イスラボニータ・キズナ・カレンブラックヒル・ラキシス
スピルバーグ・ショウナンパンドラ・ロゴタイプ


ずらっとG1馬が7頭も顔を揃えた大阪杯はそれこそG2ではあるもののG1級の注目レース。
中でも骨折休養明けを一度使ったキズナが最有力候補として挙げられてはいるが、
そうスンナリとキズナの勝利という結末で終わることがあるのだろうか?

去年の大阪杯を制しているように確かにキズナはコース適性もあれば実績も十分。
前走の京都記念とて休み明けを考えれば十分なレース内容だったと言えよう。

只、相変わらずの後方一辺倒の競馬は、展開に泣くというケースを常に想定しておかなければならない。
先週の競馬でもそうであったように、今の阪神芝コースはまだ内が伸びる馬場となっている。
つまり、大外一気のキズナの末脚を活かすには不向きな馬場となる可能性すらある。

そこで急浮上するのは、天皇賞・春は興味なし。このG2レースこそが狙いと陣営も豪語する
★★★★★★★しかいないだろう。

一般メディアがキズナだイスラボニータだと騒ぎ立てることは安易に想像がつく。
それはこの馬にとっては願ったり叶ったりであり、ここは気楽な立場での一発狙い。
それが嵌る可能性は十分にあると言えるだろう。

★★★★★★★の馬に関しては『 コチラ 』にて公開中。
メールアドレスを入力するだけで簡単に手続き完了。この注目馬を確認することができます!
勿論、登録に費用は一切発生しません。大阪杯(G2)的中をご希望の方は迷わず閲覧することをお勧めします!

→ 情報詳細はコチラから ←

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください