【動画】2013年1月27日 第27回根岸ステークス(GIII) ~前回の根岸ステークスを振り返る~ | 競馬速報 動画STYLE

【動画】2013年1月27日 第27回根岸ステークス(GIII) ~前回の根岸ステークスを振り返る~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第27回根岸ステークス(GIII) 
~前回の根岸ステークスを振り返る~

2014年2月2日 第28回根岸ステークス(GIII)

実施日 2014年2月2日(日)
実施場 東京競馬場
距離 ダート 1,400m
出走資格 サラブレッド系 4歳以上(国際)(指定)
1着賞金 3,500万円
負担重量 4歳55kg、5歳以上56kg、牝馬2kg減


20120617-11R1_thumb
ドリームバレンチノ
2012年には函館スプリントS優勝、スプリンターズS3着、2013年にもシルクロードS優勝→高松宮記念2着と、芝1200mでの実績は現役トップクラス。初のダート挑戦がいきなりJpnI となった前々走のJBCスプリント(金沢・ダート1400m)は5番人気に甘んじたが、優勝馬エスポワールシチーから0秒3差の2着に好走。続く前走のJpnIII・兵庫ゴールドT(園田・ダート1400m)を4馬身差で楽勝した。この根岸SでJRAのダート重賞初制覇を飾ることができれば、ダート短距離路線の頂点が見えてくる。 

【根岸ステークス2014 登録馬(出走予定馬) 除外対象①】
2014y01m28d_050851265

【根岸ステークス2014 登録馬(出走予定馬) 除外対象②】
2014y01m28d_050934203

【根岸ステークス2014 血統表 賞金上位】
2014y01m28d_050636562

血統的にはここ3年は父サンデー系が勝利。

昨年は6頭の父サンデー系の内4頭が1〜4着。


アドマイヤサガス
ゴールスキー
シルクフォーチュン
ジョーメテオ
セイクリムズン
ノーザンリバー
ブライトライン
img_1835014_67664914_0
シルクフォーチュン
強烈な末脚を武器に実績を積み重ねてきたゴールドアリュール産駒。2011年のプロキオンS(京都・ダート1400mで開催)、2012年の根岸S、カペラSとダート重賞を3勝しており、2012年にはGI・フェブラリーSで2着に食い込んだ実績も持つ。7歳時の昨年は7戦して勝ち星を挙げることはできなかったが、前走のカペラSではメンバー中最速の上がり3ハロンタイム(35秒0、推定)をマークし、1着馬ノーザンリバーから0秒1差の3着と上位争いを演じたように、まだまだ切れ味は健在だ。追い込み一手の脚質でレース展開に左右される面はあるものの、流れが向くようなら大きく浮上してくる。 

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

ステイヤーズステークス 2017 出走予定馬 予想 |アルバートなど1週前注目馬考察

2017/12/2開催「ステイヤーズステークス(GII)」に向けて、アルバートやフェイムゲームなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。 ステイヤーズステークス 2017 [1週前出...

続きを読む

【第62回京阪杯】連勝狙うソルヴェイグなどスピード自慢が集結!

名無しさん:2017/11/21(火) 00:03:27.55 ID:bAHHcv9o0.net 名無しさん: … 続きを読む »

続きを読む

デムーロ騎手、サトノクラウンとのコンビが濃厚か?シュヴァルグランはH.ボウマン騎手と新コンビ

先週のマイルチャンピオンシップをペルシアンナイトで優勝したM.デムーロ騎手は、この勝利でJRA・G1において10戦連続で3着内に入るという偉業を成し遂げました。「黙ってミルコを買っておけば大体当たる」。最近はそんな格言がファンの間では度々交わされているようですね。「馬7:騎手3」。競馬の格言にはこんな言葉もありますが、ミルコ騎手の今秋の活躍っぷりを見ると、この格言の信憑性も低く思えてきてしまいますね。ジャパンカップではサトノクラウンとのコンビが濃厚!気になるのがミルコ騎手のジャパンカップでの騎乗馬ですが、候補にあがっているのは2頭。春は宝塚記念を制し、天皇賞秋でも2着に健闘したサトノクラウンと、前走京都大賞典で3着に入着したシュヴァルグランです。マイルチャンピオンシップでは主戦騎手を務めてきたレッドファルクスを弟のクリスチャン・デムーロに譲り、ペルシアンナイトで見事に優勝を果たしたミルコ騎手。どちらの馬に乗るのかが非常に気になるところでしたが、21日にシュヴァルグランの鞍上が短期免許で来日中のH.ボウマン騎手に決定したことで、本番はサトノクラウンで臨むことがほぼ決定したかたちとなりました。サトノクラウンは今年の4戦は全てミルコ騎手が手綱を握り、成績は「2-1-0-1」と相性も抜群。2着に入着した前走の天皇賞秋では雨で不良馬場開催となりましたが、馬場が良く且つロスの少ないところを上手く走らせたミルコ騎手の好騎乗が光ったレースでもありました。次走のジャパンカップでキタサンブラックを負かす逆転劇に期待するファンも少なくないでしょうし、今のミルコ騎手の確変は「止まるまで買っておきたい」というファンも多そうですね。何れにせよ、サトノクラウンでの騎乗が濃厚となった今、評価を上げざるを得ない一頭となったことは確かです。

続きを読む

チャンピオンズカップ 2017 出走予定馬 予想 |サウンドトゥルーなど1週前注目馬考察

2017/12/3開催「チャンピオンズカップ(GI)」に向けて、サウンドトゥルー・ケイティブレイブなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。 チャンピオンズカップ 2017 [1週前...

続きを読む

チャレンジカップ 2017 出走予定馬 予想 |ミッキーロケットなど1週前注目馬考察

2017/12/2開催「チャレンジカップ(GIII)」に向けて、ミッキーロケット・タツゴウゲキなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。 チャレンジカップ 2017 [1週前出走予定...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください