【2015ヴィクトリアマイル(G1)】出走予定馬からの予想オッズはどうなってる? | 競馬速報 動画STYLE

【2015ヴィクトリアマイル(G1)】出走予定馬からの予想オッズはどうなってる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴィクトリアマイル


こりゃなかなか面白いメンバーが揃いそうだな!

2015ヴィクトリアマイル(G1)登録馬

アルマディヴァン ディアデラマドレ
ウエスタンメルシー デニムアンドルビー
カフェブリリアント ヌーヴォレコルト
グレイスフラワー バウンスシャッセ
ケイアイエレガント ハナズゴール
サングレアル パワースポット
ショウナンパンドラ ベルルミエール
スイートサルサ ミナレット
ストレイトガール メイショウマンボ
スマートレイアー リトルゲルダ
タガノエトワール レッドリヴェール
ダンスアミーガ

っていうかデニムアンドルビーは出てくるんか?
天皇賞(春)から中1週で出てきたらすごいよな、
昔イクノディクタスっていう鉄の女と言われた馬がいたが
そういうキャラを目指すのかね?
出てくればそこそこ人気にはなるだろうから注目だわな。

というわけで、1番人気は文句なしでヌーヴォレコルトだろう。
恐らく2倍台の前半で1番人気。
ステファノスやロゴタイプを負かして中山記念を勝ったんだから
これは強いと言っていいだろ。要はマイルってことになるんだろうが、
中山の1800で対応できれるんだから東京マイルは大丈夫って
考えていいんじゃねーのかな。

で、続くのがどの馬になるかってことになるんだが、
恐らくこの馬じゃねーかな。ディアデラマドレだ。
6倍くらいで4.5頭が並びそうだがその中でも筆頭格。
なんといってもマイラーズカップを復帰戦に選んで7着だが、
そう悲観することはないんでねーのかな。
完全前残りの展開を最後方からいって上がり31.9だぜ?
叩いて上積みあり、東京の長い直線。こりゃ逆転までありそうだな。

3番人気以下は並んできそうだが、前述の通りで
6倍から8倍くらいにひしめきそうな奴が複数。
一応、ショウナンパンドラを3番人気予想。
なんといっても昨秋にヌーヴォレコルト負かして秋華賞勝ってるからな。
大阪杯は道悪に泣いたって考えれば度外視していいわけだし、
東京の広い直線で末脚爆発っていうの期待できるんじゃねーのかな。

こいつも人気になりそうなのがカフェブリリアント
単勝10倍以下にはなるだろ。4.5番人気ってところじゃねーのかな。
前走阪神牝馬ステークスはフロックじゃねーと思うぞ。
その前の節分ステークスでもあのアデイインザライフを負かしてしまってるんだから
力があることは確かなわけでな。そんでもって実績もある東京コースとなれば
並みいる実績馬相手に4連勝でG1制覇っていうのもなきにしもあらずじゃねーの?

で、この後が、実績はあるんだけど前走がちょっとねーっていう
ストレイトガール・メイショウマンボ・レッドリヴェールだろうな。
これはスポーツ新聞さんの印次第でオッズは変動しそうだがな、
メイショウマンボなんて去年もそんな感じでこのレースだけ走ったわけだし無視できねーな。
5.6.7番人気くらいをこいつらが占めると見る。

後は穴人気でスマートレイアーベルルミエールスイートサルサ
ここまでで10番人気か。
まあそんな感じの顔ぶれになりそうだが、どの馬から買うってなったら、
そりゃまあ普通に考えればヌーヴォレコルトは外せねーわな。
紐荒れ狙って、相手にとんでもない穴馬でも探すとするかな。

【これはスゴい】ヴィクトリアマイルはこの馬券で的中確定か!

【スクープ入手】京王杯スプリングカップのイチオシ馬はコノ馬!

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

東京競馬場でメジロの歴史を振り返ることができる特別展開催中

突然ですが、みなさんはメジロの冠で思い浮かぶのはどの馬になるでしょうか?メジロマックイーン、メジロライアン、牝馬ではメジロドーベルに三冠牝馬のメジロラモーヌ、はたまたクラシックは無冠に終わったものの、古馬で息の長い活躍を見せたメジロブライト、さらにオールドファンであればメジロティターンやメジロアサマなどなど名馬を挙げれば枚挙に暇がないとはこのことです。今から約50年ほど前、昭和中期頃に興された名門牧場であり解散された2011年以降も、オルフェーヴルやゴールドシップの母の父としてメジロマックイーンの名が多く人目に触れる機会ができ、メジロの牝系からは世界的マイラーにもなったモーリスが出てくるなど、まだまだ日本の馬産業界において大きな影響力を残し、昭和、平成を越えて次の年号までも受け継がれていきます。そんな数々の名馬を誕生させてきたメジロ牧場の歴史を学べる「メジロ牧場の歴史~“白と緑”の蹄跡~」というイベントが、東京競馬場のJRAの競馬博物館で2019年10月6日から2月17日まで期間限定で開催されています。東京競馬場開催日は競馬場への入場料200円が必要になりますが、展示室への入場は無料となっています。メジロの創業者となる北野豊吉氏や北野ミヤ氏をはじめ、元調教師の奥平真治氏、池江泰郎氏、大久保洋吉氏に、メジロと縁の深い騎手として河内洋現調教師、武豊騎手、横山典弘騎手、そして吉田豊騎手などの特別インタビュー映像を見ることができます。ディープインパクトを代表とするサンデーサイレンス系や、キングマンボを受け継ぐキングカメハメハと言った近年輸入された血統が主流の近代日本競馬ですが、その礎の一つともなったメジロの歴史をこの機会にぜひ今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください