【2015さきたま杯(G2)】完璧予想公開!ダービーの軍資金にしよう! | 競馬速報 動画STYLE

【2015さきたま杯(G2)】完璧予想公開!ダービーの軍資金にしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さきたま杯


ダービー前にガッポリ稼げる交流重賞がやってきた!

5/27(水)は浦和競馬場で中央交流重賞『さきたま杯(Jpn2)』が開催される。
オークスを的中できた人もそうでない人も、来るべきダービーには
やっぱりたらふく資金をぶっこんで夢をみたいと思うところだろう。

それこそ土日の中央競馬で勝負するのもいいだろうが、
その前にこのさきたま杯は言ってしまえばボーナスレースであることを
まず認識するところからはじめなければいけない。

まずは、注目の出走馬から紹介していこう。

ドリームバレンチノ
まずはドリームバレンチノ
昨年のJBCスプリントを制した言ってしまえば去年の最優秀ダート短距離馬だ。
とはいえ、年明けの2戦はともにダノンレジェンドに敗れて強さは影をひそめている。
特に前走東京スプリントは不甲斐ないレース振りで6着敗退。
敗因もいまひとつ掴みきれないだけに、年齢的な衰えかとも囁かれている。
だからこそここで最低限の結果を残さなければ秋のJBCまで現役を続けられるかどうか。
そういった意味でもここは改めて真価を問う一戦となるだろう。

ノーザンリバー
続いてノーザンリバー
ドリームバレンチノが6着敗退した東京スプリントは3着であった馬ではあるが
このさきたま杯は昨年制しているように相性のいいレースであるとは言えるだろう。
その前走東京スプリントは不良馬場で前が止まらない展開をよく3着まで追い込んだ
という評価もできるだけに一度使った上積みも考えるとここでの巻き返しは十分か。

トロワボヌール1
おつぎはトロワボヌールだ。
牝馬ながらに果敢に挑戦してくるわけだが、牝馬交流重賞では
常にサンビスタの存在があるせいで善戦にとどまっている馬ではある。
左回りは歓迎だが1400mという距離と牡馬相手というところで疑問符はつく。
が、54kgという斤量はなんとも魅力。ドリームバレンチノとは4kgのアドバンテージが
あるだけに、混戦で叩き合いにでもなった際にはこの軽量が活きる可能性はある。

で、中央からはもう一頭タイセイレジェンドが出走してくるんだが、
昨年のJBCで逃げ粘って3着と復調を見せたもののその後がやっぱりさっぱり。
ハナに行って恵まれれば3着くらいはという評価が妥当だろうが、
そのハナに行けるかも今回は微妙。というのもこの馬の存在があるからだ。

リアライズリンクス
南関東所属のリアライズリンクスだ。
目下絶好調の勢いのある快速馬だが、浦和コースは地元。
9勝を挙げている相性のいいコースでもあり何より前走楽々逃げ切った際に
叩き出したタイム1:26.0は昨年ノーザンリバーが勝ったさきたま杯よりも
時計が速いときているのだから、前走の走りを今回するとひょっとする?
という期待まで抱かせてくれる馬だが、中央の強豪のプレッシャーを受けた際に
どうなるっていうところは課題ではある。
特にタイセイレジェンドとの兼ね合いは注目だろうが、こちらの方が内枠だし
テンの速さはこちらの方が速いともなればハナには行けそうだし心配することでもないか。

他は劣勢覚悟の高知勢だったり水沢・笠松からの遠征馬。
そこへ古豪ナイキマドリードっていう顔ぶれだったらまあ上記4頭の争いだろうな。

じゃあ4頭BOXで馬券買えば当たりますか?

うん、まあ当たる確率は非常に高いだろうな。だがトリガミ確実のような気もする。
そんな馬券買ってボーナスレースも何もないよな。
なんで地方交流重賞がボーナスレースかっていうと、
更にここから買い目を削って、1点に大量資金を投下してガッポリ獲るっていう
言ってしまえば勝者の馬券術を容易に使えるところにあるんだよ。

まあこの4頭からどうやって絞っていくかは、それこそ情報と馬券の腕だよな。
自分で考えるのもいいけど、結構ここからの作業はリスクを伴うから気をつけろよ。

自分で削るのが自信ないっていうのなら、それこそプロの出番だな。
困った時に相談にのってくれる『浦和競馬のプロ』がさきたま杯の情報提供してくれるってよ。

浦和競馬予想屋
ほら、浦和競馬にも予想屋のおっちゃんは結構いるけどさ、
まあそれに近い感じなのかな、でもまあ仕入れてる情報の質が圧倒的に違うわな。
『南関東競馬のことならコイツに聞け』
っていうのが業界の常識ともなってるし、コイツの買い目って、
なんかたまにオッズ異常をおこすほどだから相当信者多いんだろうな。

ってわけで、ダービーへ向けて軍資金を調達したいって思うなら
迷わず このサイト の浦和競馬情報を今すぐ確認しておいたほうがいいぞ。

さきたま杯だけじゃなくって南関東競馬開催日は、
かなり役に立つ情報を公開してくれてるから重宝するわな。

【 浦和競馬の完璧予想を入手はコチラから 】

ってわけで、ダービー前に浦和競馬でガッポリ的中で前祝いしたいよな!
くれぐれも自分で予想して軍資金を溶かしちゃいましたってことのないようにな!

&nbs
p;
【必見】★2015日本ダービー★ドゥラメンテとリアルスティールのヒ・ミ・ツ公開!

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

モーリス初年度250頭種付けした模様

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/18(月) 22:22:57.14 ID:z40Q1nWN0 ノーザンの主な種付牝馬 ハープスター シンハライト ヴェルシーナ メチャコルタ ブエナビスタ ...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください