【2015さきたま杯(G2)】完璧予想公開!ダービーの軍資金にしよう! | 競馬速報 動画STYLE

【2015さきたま杯(G2)】完璧予想公開!ダービーの軍資金にしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さきたま杯


ダービー前にガッポリ稼げる交流重賞がやってきた!

5/27(水)は浦和競馬場で中央交流重賞『さきたま杯(Jpn2)』が開催される。
オークスを的中できた人もそうでない人も、来るべきダービーには
やっぱりたらふく資金をぶっこんで夢をみたいと思うところだろう。

それこそ土日の中央競馬で勝負するのもいいだろうが、
その前にこのさきたま杯は言ってしまえばボーナスレースであることを
まず認識するところからはじめなければいけない。

まずは、注目の出走馬から紹介していこう。

ドリームバレンチノ
まずはドリームバレンチノ
昨年のJBCスプリントを制した言ってしまえば去年の最優秀ダート短距離馬だ。
とはいえ、年明けの2戦はともにダノンレジェンドに敗れて強さは影をひそめている。
特に前走東京スプリントは不甲斐ないレース振りで6着敗退。
敗因もいまひとつ掴みきれないだけに、年齢的な衰えかとも囁かれている。
だからこそここで最低限の結果を残さなければ秋のJBCまで現役を続けられるかどうか。
そういった意味でもここは改めて真価を問う一戦となるだろう。

ノーザンリバー
続いてノーザンリバー
ドリームバレンチノが6着敗退した東京スプリントは3着であった馬ではあるが
このさきたま杯は昨年制しているように相性のいいレースであるとは言えるだろう。
その前走東京スプリントは不良馬場で前が止まらない展開をよく3着まで追い込んだ
という評価もできるだけに一度使った上積みも考えるとここでの巻き返しは十分か。

トロワボヌール1
おつぎはトロワボヌールだ。
牝馬ながらに果敢に挑戦してくるわけだが、牝馬交流重賞では
常にサンビスタの存在があるせいで善戦にとどまっている馬ではある。
左回りは歓迎だが1400mという距離と牡馬相手というところで疑問符はつく。
が、54kgという斤量はなんとも魅力。ドリームバレンチノとは4kgのアドバンテージが
あるだけに、混戦で叩き合いにでもなった際にはこの軽量が活きる可能性はある。

で、中央からはもう一頭タイセイレジェンドが出走してくるんだが、
昨年のJBCで逃げ粘って3着と復調を見せたもののその後がやっぱりさっぱり。
ハナに行って恵まれれば3着くらいはという評価が妥当だろうが、
そのハナに行けるかも今回は微妙。というのもこの馬の存在があるからだ。

リアライズリンクス
南関東所属のリアライズリンクスだ。
目下絶好調の勢いのある快速馬だが、浦和コースは地元。
9勝を挙げている相性のいいコースでもあり何より前走楽々逃げ切った際に
叩き出したタイム1:26.0は昨年ノーザンリバーが勝ったさきたま杯よりも
時計が速いときているのだから、前走の走りを今回するとひょっとする?
という期待まで抱かせてくれる馬だが、中央の強豪のプレッシャーを受けた際に
どうなるっていうところは課題ではある。
特にタイセイレジェンドとの兼ね合いは注目だろうが、こちらの方が内枠だし
テンの速さはこちらの方が速いともなればハナには行けそうだし心配することでもないか。

他は劣勢覚悟の高知勢だったり水沢・笠松からの遠征馬。
そこへ古豪ナイキマドリードっていう顔ぶれだったらまあ上記4頭の争いだろうな。

じゃあ4頭BOXで馬券買えば当たりますか?

うん、まあ当たる確率は非常に高いだろうな。だがトリガミ確実のような気もする。
そんな馬券買ってボーナスレースも何もないよな。
なんで地方交流重賞がボーナスレースかっていうと、
更にここから買い目を削って、1点に大量資金を投下してガッポリ獲るっていう
言ってしまえば勝者の馬券術を容易に使えるところにあるんだよ。

まあこの4頭からどうやって絞っていくかは、それこそ情報と馬券の腕だよな。
自分で考えるのもいいけど、結構ここからの作業はリスクを伴うから気をつけろよ。

自分で削るのが自信ないっていうのなら、それこそプロの出番だな。
困った時に相談にのってくれる『浦和競馬のプロ』がさきたま杯の情報提供してくれるってよ。

浦和競馬予想屋
ほら、浦和競馬にも予想屋のおっちゃんは結構いるけどさ、
まあそれに近い感じなのかな、でもまあ仕入れてる情報の質が圧倒的に違うわな。
『南関東競馬のことならコイツに聞け』
っていうのが業界の常識ともなってるし、コイツの買い目って、
なんかたまにオッズ異常をおこすほどだから相当信者多いんだろうな。

ってわけで、ダービーへ向けて軍資金を調達したいって思うなら
迷わず このサイト の浦和競馬情報を今すぐ確認しておいたほうがいいぞ。

さきたま杯だけじゃなくって南関東競馬開催日は、
かなり役に立つ情報を公開してくれてるから重宝するわな。

【 浦和競馬の完璧予想を入手はコチラから 】

ってわけで、ダービー前に浦和競馬でガッポリ的中で前祝いしたいよな!
くれぐれも自分で予想して軍資金を溶かしちゃいましたってことのないようにな!

&nbs
p;
【必見】★2015日本ダービー★ドゥラメンテとリアルスティールのヒ・ミ・ツ公開!

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

札幌記念2018人気馬消してもいいですか?モズカッチャン・サングレーザー・ゴーフォザサミットの不安材料

モズカッチャン超叩き良化型古川助手「今年初戦だった京都記念(4着)でミルコ(デムーロ)が『最後は止まった』と言っていた。洋芝は間違いなく合うけど、まだ余裕のある感じ。叩き良化型という点がどうか」サングレーザーやはり若干距離が長い?走法的にも...ゴーフォザサミット能力疑問 この2走はインベタはまった

続きを読む

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/13(月) 21:05:00.68 ID:8kAJFTiC0 宝塚のグラス、JCのスペ こいつらに勝てたと思う? 続きを読む

続きを読む

【北九州記念2018予想】今年も波乱の予感?狙いたい穴馬は?

今週末の小倉は「北九州記念」が行われます。全6戦あるサマースプリントシリーズも4戦目ということで後半戦に突入です。シリーズを振り返ってみますと、第1戦目の函館スプリントステークスは10番人気のヒルノデイバローが2着に入着し、2戦目のCBC賞では9番人気のナガラフラワー、8番人気のセカンドテーブルが2,3着に食い込み、一筋縄ではいかない決着が続いております。北九州記念も昨年は14番人気のナリタスターワンが2着、15番人気のラインスピリットが3着に食い込み107万馬券が飛び出しており、前記事の過去10年の傾向でも記したとおり、波乱傾向が強いレースと言えるでしょう。今年のサマーシリーズは例年以上に波乱傾向が顕著に見られますし、波乱を警戒したいレースになりそうです。ということで、今回は過去の穴馬の傾向を考察しながら穴馬候補を探してみたいと思います。過去10年の「単勝オッズ30倍以上」の馬の成績を見てみますと、「0-3-2-59」と勝ち馬こそ出ておりませんが、5頭の馬がヒモに来ております。馬券圏内率は7.8%と決して高くはありませんが、高額配当を狙うならここを拾えるかどうかで命運が分かれるのではないでしょうか。馬券に絡んだこの5頭の馬は、3歳が1頭、5歳が2頭、6歳が2頭でした。5,6歳が好走しており、さらに5頭中3頭は前走がサマーシリーズだった馬でした。5頭中3頭が4枠に入った馬だったという点も気になります。今年の出走メンバーで、単勝オッズが30倍以上になりそうな馬で、前走でサマーシリーズを使っている5,6歳馬はアクティブミノル、グレイトチャーター、トウショウピスト、ナインテイルズ、ナリタスターワンの5頭です。この中で4枠に入った馬がいれば注目してみても良さそうですね。枠順発表前の現時点で個人的に気になっているのは、前走アイビスサマーダッシュで3着に入着したナインテイルズです。昨年穴を開けたナリタスターワンとラインスピリットもアイビスサマーダッシュからの参戦でしたし、過去に北九州記念で好走している馬はアイビスサマーダッシュからの参戦馬が多いので、要注意だと思います。鞍上は前走の戸崎騎手から幸英明騎手に乗り替わりとなりますが、幸騎手とのコンビ成績は「3-0-2-8」と好成績ですし、昨年の北九州記念でも穴馬のナリタスターワンを2着に持ってきた騎手です。先週の小倉の土日でも6勝をあげる絶好調ぶりを見せており、今週もこの勢いが続いてほしいところです。54キロという斤量も魅力ですし、臨戦態勢、鞍上、勢いなどを考えれば非常に“買い”な穴馬ではないでしょうか。当日は穴人気しそうな気もしますが、今回はぜひとも狙ってみたい1頭です。

続きを読む

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/16(木) 12:44:40.07 ID:xz6+yPBH0  2016年のオークス2着馬チェッキーノ(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)の引退が決まった。8月16日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが発表した。  公式HPによると、この日に放牧先のノーザンファーム天栄で左前脚に屈腱炎を再発していることが判明。再発のため、復帰が困難となることから引退、繁殖入りが決まった。  同馬は2015年秋にデビューし、未勝利から3連勝でフローラSを制覇。2016年オークスでもシンハライトの2着に好走し、今後の活躍が期待された。 しかし、同年夏のクイーンS直前に左前脚の屈腱炎が判明。今年6月に米子Sで2年1か月ぶりに復帰を果たしたが、7着に敗れ、前走の関屋記念でも7着と精彩を欠いていた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000101-sph-horse 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください