【2015北海道スプリントC(Jpn3)】ダノンレジェンド1強なのか? | 競馬速報 動画STYLE

【2015北海道スプリントC(Jpn3)】ダノンレジェンド1強なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道スプリントカップ


6/11(木)は門別ナイター競馬で
「北海道スプリントカップ(G3)」が発走となる。

今年のこのレースで注目すべきはやはりこの2頭

ダノンレジェンド1
ダノンレジェンド
地方交流も含めてではあるが重賞3連勝というのは並みの馬にできる芸当ではない。
それだけ今が充実期にあり、簡単に負けるってことはないだろう。
が、しかしちょっと気になるのは自分の調べる限りでは、追い切りは函館での1本のみ。
放牧明け追い切り1本ってさすがにいかがなものなのか?
が、しかし放牧先が社台なら話は別。ルージュバックの10日入厩でさすがに勝ちはしなかったが
2着まではもってきている。どこの育成に放牧出てたか、今後はそんな情報もほしいよな。
これさ、パドックで大幅プラス体重ででっぷりしてたらぶった切ってもいいのかもな。

シゲルカガ
シゲルカガ
千葉Sを制して東京スプリントへ、そこでダノンレジェンドに負けはしたものの2着。
そのスピードが一線級相手でも通用するということは示せた一戦。
ただ、ダノンレジェンドには完敗といった感じも強く
ここも逆転となるとどうかといったところはあるが、可能性があるならば
ダノンの仕上げ不安ということ。そこが現実になった場合は最有力候補に浮上する。

アウヤンテプイ
アウヤンテプイ
道営所属馬ならこの馬だろ。一昨年も去年も4着しているが、今年こそって
陣営は色気ムンムンらしいんだが、それがどうも狙いは3着以内ってことらしく
勝ち気満々ってわけじゃないんだわな。
ってことはシゲルやダノンを無理に追いかけずに追走して、
それ以下の馬の差しこみを封じ込めるような競馬をするんでないかと。
まあ守りに入ったら競馬は負けって言うけどよ、だからといって勝ち目のない馬に
勝負を挑んでいって自滅しても仕方ないしな。
ダノンとシゲルがやりあって、前潰れみたいな展開になるとひょっとしちゃうのかもな。

アドマイヤサガス
アドマイヤサガス
で、シゲルとダノンが潰し合ったり、ダノンが太めで失速なんてことになったら
この馬の出番もあるんでないかと思うんだがな。
こっちは函館直前入厩せずに栗東から門別へ、って感じだがそれも去年と同じ。
去年はそれで勝ってるんだから問題はないんじゃないかと。
放牧明けにはなるがダノンと違ってこっちは栗東でいい動きも見せている。
何よりもこの馬にとっては久しぶりに予定通りにレースを使えるということ。
ダートオープン戦線はとにかく除外が続いて調整も難しい。
が、ここは2週前には出走は決まっているわけで順調に調整を進められたってこと。
最近成績がよくないのはそのせいもあるって考えるとここは一発。
そしてこのレース連覇があってもおかしくないんでねーの?

ってわけで、馬券なんてどうせ遊びだから
ダノン=シゲルなんてつまらん馬券買うくらいなら
外れてもオッケーでアドマイヤから馬券買うかなって思う。

まあ、どうしても当てて儲けたいヤツは
ダノンの調教不安とかそういうネタを俺に仕込んでくれた奴が公開してる情報
参考にしてみたらどうだ?丁寧に買い目まで教えてくれるんじゃねーの?
俺は教えるつもりはさらさらないがな(笑)

関東オークスも波乱の立役者となったトーセンマリオンを特注でスッパ抜いてたし
やっぱ地方の馬券買わせたら上手いわな。

【 北海道スプリントカップ(Jpn3)買い目公開へ 】

んじゃま、門別ナイターで一儲けしようぜ!

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

東京競馬場でメジロの歴史を振り返ることができる特別展開催中

突然ですが、みなさんはメジロの冠で思い浮かぶのはどの馬になるでしょうか?メジロマックイーン、メジロライアン、牝馬ではメジロドーベルに三冠牝馬のメジロラモーヌ、はたまたクラシックは無冠に終わったものの、古馬で息の長い活躍を見せたメジロブライト、さらにオールドファンであればメジロティターンやメジロアサマなどなど名馬を挙げれば枚挙に暇がないとはこのことです。今から約50年ほど前、昭和中期頃に興された名門牧場であり解散された2011年以降も、オルフェーヴルやゴールドシップの母の父としてメジロマックイーンの名が多く人目に触れる機会ができ、メジロの牝系からは世界的マイラーにもなったモーリスが出てくるなど、まだまだ日本の馬産業界において大きな影響力を残し、昭和、平成を越えて次の年号までも受け継がれていきます。そんな数々の名馬を誕生させてきたメジロ牧場の歴史を学べる「メジロ牧場の歴史~“白と緑”の蹄跡~」というイベントが、東京競馬場のJRAの競馬博物館で2019年10月6日から2月17日まで期間限定で開催されています。東京競馬場開催日は競馬場への入場料200円が必要になりますが、展示室への入場は無料となっています。メジロの創業者となる北野豊吉氏や北野ミヤ氏をはじめ、元調教師の奥平真治氏、池江泰郎氏、大久保洋吉氏に、メジロと縁の深い騎手として河内洋現調教師、武豊騎手、横山典弘騎手、そして吉田豊騎手などの特別インタビュー映像を見ることができます。ディープインパクトを代表とするサンデーサイレンス系や、キングマンボを受け継ぐキングカメハメハと言った近年輸入された血統が主流の近代日本競馬ですが、その礎の一つともなったメジロの歴史をこの機会にぜひ今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください