【競馬】大井には御神本よりチャライ騎手がいたwwwwwwww【騎手】 | 競馬速報 動画STYLE

【競馬】大井には御神本よりチャライ騎手がいたwwwwwwww【騎手】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WS000091


大井競馬所属の若手ジョッキー・早田功駿騎手(25歳)が、8月15日に放送されたバラエティ番組「有吉反省会」(日本テレビ系)に出演。約20人のタレントやモデルと交際および一夜を共にしたと告白し、場を騒然とさせた。

この日、「紳士のスポーツ 競馬のジョッキーであるにも関わらず、チャラチャラしてしまうことを反省しに参りました」と登場した早田騎手。ルックスの良い早田騎手は妻子がいるにも関わらずチャラい雰囲気ムンムンで、番組では女性のいる夜のお店で「今度攻め馬させてよ。攻め馬ってのは“調教”だよ!いいじゃんいいじゃん、ゲートインしようよ!」などと下ネタを連発している姿も放送された。

そして、「今まで付き合っていたタレントやモデル」のリストが手渡された番組MCの有吉弘行(41歳)は、思わず「うわっ、すっげ」とポツリ。カメラには映らなかったが、リストの名前を指さし、「これ本当? これ?」と早田騎手に確認するシーンもあり、有吉が驚くような名前もあったようだ。ちなみに、早田騎手は「本当はもっといるんすけど」とも。

また、リストの名前を目にしたバカリズムらほかの出演者からも「えっ!?」「マジか」「やばい…」などの声が続々とあがっていた。

なお、早田騎手は“馬アレルギー”であることも告白。直に馬の体に触れてしまうと皮膚が赤くなってしまうとの苦労話も語られた。

livedoorNEWS http://news.livedoor.com/article/detail/10474155/

10分30秒~

大久保さんとの絡みクッソワロタwwwwwwww

  2015年上半期、重賞的中率NO.1の無料情報(KDリサーチ調べ)

知ってる?いろいろある競馬情報サイトの中で
無料で閲覧できる重賞情報の中ではこのサイトが一番当たってたんだって!

まあ、あくまでも無料だからそこまでの精度でもないんでしょ?
って思われがちですけど、これがまた結構な高配当も当てているみたいで、

G1レースで言うと
安田記念・・・3連単1271.9倍的中!
日本ダービー・・・3連単157.6倍的中!
NHKマイルカップ・・・3連単367.2倍的中!
皐月賞・・・3連単123.6倍的中!
高松宮記念・・・3連単815.6倍的中!

って結構当ててるんですね~
払戻し3

なんでそんなに当てられるのって気になったので、サイトの人に質問してみたら
まずこのサイトで自信があるのは独自のロジックで算出される指数にあるんだとか。
その能力値に絶対的な自信と精度があるからこそ的中率の底辺が底上げ
されて、無料情報でもよく的中できるようになったんだそうです。

馬主ラウンジ
あとはその人脈にも当たるツボはあるみたいですね。
このサイトで予想をしている人は競馬関係者とも繋がりが多いみたいで、
騎手・調教師・馬主、いろんな関係者の情報が日々入ってきてるそうですね。
勿論、極秘情報だとその実名や馬名を公開できないネタもあるみたいですが
そういった情報をさらっと無料情報にも入れるからより的中できるみたいですよ。

WS000082

っていうわけで札幌記念の無料情報提供も決定しているみたいですし、
札幌記念を的中したいなって思ったらこのサイトの無料情報を参考にしてみては
いかがでしょうか?

波乱傾向の重賞ですし、バッチリ高配当を的中させたいですね。

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

東京競馬場でメジロの歴史を振り返ることができる特別展開催中

突然ですが、みなさんはメジロの冠で思い浮かぶのはどの馬になるでしょうか?メジロマックイーン、メジロライアン、牝馬ではメジロドーベルに三冠牝馬のメジロラモーヌ、はたまたクラシックは無冠に終わったものの、古馬で息の長い活躍を見せたメジロブライト、さらにオールドファンであればメジロティターンやメジロアサマなどなど名馬を挙げれば枚挙に暇がないとはこのことです。今から約50年ほど前、昭和中期頃に興された名門牧場であり解散された2011年以降も、オルフェーヴルやゴールドシップの母の父としてメジロマックイーンの名が多く人目に触れる機会ができ、メジロの牝系からは世界的マイラーにもなったモーリスが出てくるなど、まだまだ日本の馬産業界において大きな影響力を残し、昭和、平成を越えて次の年号までも受け継がれていきます。そんな数々の名馬を誕生させてきたメジロ牧場の歴史を学べる「メジロ牧場の歴史~“白と緑”の蹄跡~」というイベントが、東京競馬場のJRAの競馬博物館で2019年10月6日から2月17日まで期間限定で開催されています。東京競馬場開催日は競馬場への入場料200円が必要になりますが、展示室への入場は無料となっています。メジロの創業者となる北野豊吉氏や北野ミヤ氏をはじめ、元調教師の奥平真治氏、池江泰郎氏、大久保洋吉氏に、メジロと縁の深い騎手として河内洋現調教師、武豊騎手、横山典弘騎手、そして吉田豊騎手などの特別インタビュー映像を見ることができます。ディープインパクトを代表とするサンデーサイレンス系や、キングマンボを受け継ぐキングカメハメハと言った近年輸入された血統が主流の近代日本競馬ですが、その礎の一つともなったメジロの歴史をこの機会にぜひ今一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください