【 2016 東京新聞杯 (G3)】 有力馬分析 | 競馬速報 動画STYLE

【 2016 東京新聞杯 (G3)】 有力馬分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京新聞杯

東京競馬が開幕し2週目に突入。2月最初の重賞に注目!
2月7日(日)東京競馬場で開催される東京新聞杯(G3)の有力馬を分析!

ダッシングブレイズ

ダッシングブレイズ

重賞タイトル初戴冠のチャンスがやってきた。
目下3連勝中で勢いは一番で、同馬が大きく崩れたのはプリンシパルSの12着だけ。
このレースだけが唯一掲示板を外している。
その後は全てマイル戦を使われ、鞍上も浜中俊騎手。
中団に控え最後の直線確実に伸びる末脚は、このメンバーの中でもナンバー1。
今年の東京新聞杯のメンバーの中では安定感一番ではないだろうか。
この春の大目標は、もちろん安田記念。
安田記念には2015年・年度代表馬モーリスも出走してくるだろう。
モーリスとの対戦までは負けられない戦いとあり、このレースは序章に過ぎない。

ダノンプラチナ

ダノンプラチナ

朝日杯FS、富士Sとマイルの重賞を2勝(G1・G3各1勝)。
昨年暮れには香港マイルにも果敢に挑戦。
モーリスが優勝し、同馬は7着だったが、休み明けを得意としているこの馬に取って、
香港マイル以来の一戦は全く苦にならない。
香港マイルからメンバーが大幅に弱化されるこのレースでは、
勿論主役候補。デビューから蛯名正義騎手が全てのレース手綱を握っており、
完全に手の内にいれている。

ダイワリベラル

ダイワリベラル

前走、ニューイヤーSは相手にも恵まれた一戦だったのは否めないが、
この馬の自在性がものを言い、横山典弘騎手が勝利へエスコート。
ペースが遅いとみるや、早めに押し上げ、そのまま押し切った内容は完勝と言ってもいいだろう。
母の父がトニービンで、トニービンの産駒は東京巧者が多かった。
配合的にも東京のマイル戦はべスト。ここでも好勝負は必至。
展開に左右されないのはこの馬にとって大きなアドバンテージだ。

トーセンスターダム

トーセンスターダム

前走の京都金杯は1番人気で挑んだが、痛恨の出遅れが響き10着と惨敗。
全くこの馬の能力を発揮する事は出来なかった痛恨の一戦。
陣営は直ぐに巻き返しの一戦を、この東京新聞杯に照準を合し調整してきた。
後は今週の調教で追い切れば完全にレース仕様に仕上がるだろう。
メンバー的にもここで馬券圏内を外すようだと、今後が厳しくなってくる。
ここは力の入る一戦。

【レース寸評】

今回挙げた有力馬4頭の戦いになる可能性が高い。
ダッシングブレイズの能力が1枚上で、府中の長い直線もこの馬に取っては有利になる。
しかし、あんまり悠長に騎乗していると、届かなくなる可能性もあるので、ペース判断が重要となりそうだ。
今回、人気馬は比較的差し馬が多い。人気薄の逃げ馬をノーマークにして逃げ粘りをされないように
人気馬のジョッキーはノーマークに出来ない。

2015/12/19 阪神11R リゲルステークス(OP) ダッシングブレイズ

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事
柴田善臣先生でどうしても思い浮かぶ馬

柴田善臣先生でどうしても思い浮かぶ馬

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/04/23(月) 16:23:07.98 ID:r6ZKJijx0 古くはホクトヘリオスって乗ってなかったかな? 続きを読む

続きを読む

天皇賞春(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

スタミナ自慢が集まる伝統の長距離戦「天皇賞・春」が今週末京都競馬場でいよいよ開催。昨年はキタサンブラックがレコードVで優勝し連覇を達成。近年は人気上位の好走が目立つが、今年は一転して混戦模様。実力は上位拮抗しており、例年以上に難解な一戦となりそうだ。今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に天皇賞・春の傾向を探っていきたい。■「1番人気」不振、波乱傾向が強い一戦人気データ人気成績1番人気1-0-1-82番人気4-1-2-33番人気1-4-1-44番人気1-3-0-65番人気0-0-2-86番人気0-0-1-97番人気1-1-0-88番人気0-0-0-109番人気0-0-0-1010番人気0-0-1-911番人気0-0-0-1012番人気1-0-1-813番人気0-1-0-914番人気1-0-0-915番人気0-0-0-916番人気0-0-1-817番人気0-0-0-918番人気0-0-0-7オッズデータオッズ成績1.0~1.9倍0-0-0-32.0~2.9倍1-0-1-13.0~3.9倍0-0-1-44.0~4.9倍2-1-0-25.0~6.9倍3-1-1-47.0~9.9倍0-3-2-810.0~14.9倍1-3-1-815.0~19.9倍1-0-0-820.0~29.9倍0-1-1-1730.0~49.9倍1-0-1-1550.0~99.9倍0-1-0-25100.0倍以上1-0-2-49馬単/三連単データ年馬単三連単20084,430円13,500円200922,530円221,080円20104,190円911,660円201115,590円189,840円2012208,630円1,452,520円20136,500円111,830円20145,670円211,180円20158,480円236,300円201629,950円242,730円20171,430円3,780円「1番人気」は馬券圏内が2頭のみと不振傾向に。「2番人気」が最多の4勝を挙げ、複勝率も70%と高い。10番人気以下からは6頭が馬券に絡んでおり、うち4頭は単勝オッズ50倍以上の大穴だった。過去10年で10万馬券以上が8回。91万馬券と145万馬券の高額配当も飛び出しており、波乱傾向が強い一戦と言える。【該当馬】2番人気(下記「予想オッズ」を参考):レインボーライン予想オッズ予想オッズ人気馬名予想オッズ1シュヴァルグラン3.02レインボーライン3.53ガンコ5.84クリンチャー6.45サトノクロニクル8.86アルバート11.27チェスナットコート18.48トーセンバジル20.69カレンミロティック42.810ミッキーロケット48.411ソールインパクト57.512スマートレイアー71.613ヤマカツライデン87.314シホウ122.415ピンポン165.116トウシンモンステラ227.417トミケンスラーヴァ305.1上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。■「内枠」&「差し」が好走傾向に枠番データ枠番成績1枠5-1-1-122枠1-2-2-143枠1-1-1-174枠1-0-1-185枠0-1-0-196枠1-1-2-167枠0-2-1-248枠1-2-2-24脚質データ脚質成績逃げ2-0-0-10先行3-6-5-20差し4-4-5-67追い込み0-0-0-45マクリ1-0-0-2コースは京都競馬場の芝3200mを使用。「1枠」が最多の5勝を挙げており、断トツ。スタートから最初のコーナーまでは217mと短く、ロスのない内枠は有利となる傾向にある。脚質は「先行」と「差し」何れも好走しているが、差しが最多の4勝を挙げ好成績。マクリも決まっており、差し馬でも3~4コーナーあたりから早めにポジションを上げていける馬に注目したい。【該当馬】差し馬:シュヴァルグランレインボーラインサトノクロニクルアルバートトーセンバジルチェスナットコートスマートレイアーソールインパクトピンポン■馬体重は「-3kg~+3kg」が好走傾向に馬体重増減データ馬体重増減成績~-20kg0-0-0-0-19~-10kg0-0-0-8-9~-4kg4-5-2-38-3~+3kg5-5-7-66+4~+9kg0-0-0-27+10~+19kg1-0-0-3+20kg~0-0-0-0今回減5-7-6-75同体重2-3-2-22今回増3-0-1-45馬体重は最多の5勝を挙げている「-3kg~+3kg」が好走傾向に。全体的には馬体重が減っている馬が好走している。■「5歳馬」に注目馬齢データ馬齢成績4歳3-1-5-355歳4-5-1-396歳3-2-2-267歳以上0-2-2-34所属データ所属成績栗東6-8-8-105美浦4-2-1-36地方0-0-0-1外国0-0-1-2年齢は最多の4勝を挙げている「5歳馬」に注目。7歳以上は勝ち馬はゼロ頭。所属は「関西馬」が最多の6勝を挙げているが、勝率・連対率は「関東馬」の方が若干高くなっており、好走率に大きな差はない。【該当馬】5歳馬:ガンコミッキーロケットレインボーライン■前走が「日経賞」または「大阪杯」で3着内だった馬に注目前走データ前走成績日経賞(G2)3-3-2-44大阪杯(G1)3-3-2-10阪神大賞典(G2)3-2-4-48京都記念(G2)1-1-0-3ダイヤモンドS(G3)0-1-0-12大阪ーハンブルクC(OP)0-0-1-14前走クラスデータ前走成績1600万下0-0-0-5オープン特別0-0-1-15G30-1-0-15G29-9-8-105G11-0-0-1海外0-0-1-3地方0-0-0-0前走着順データ前走着順成績1着5-5-4-272着3-1-3-223着0-2-1-194着0-0-1-145着1-0-0-136~9着0-2-0-3410着以下1-0-1-15前走は最多の3勝を挙げ、2着も3回入着している「日経賞」と「大阪杯」に注目。前走着順は「1着馬」が最多の5勝を挙げており好成績。過去10年で3着内に入った30頭中、24頭が前走1~3着の馬だった。基本的には前走3着内から狙いたい。【該当馬】前走が日経賞、または大阪杯で3着内だった馬:ガンコ(日経賞・1着)チェスナットコート(日経賞・2着)■騎手は「武豊」と「蛯名正義」に注目騎手データ騎手成績武豊2-2-1-4蛯名正義2-1-1-3岩田康誠1-1-0-7松岡正海1-1-0-3横山典弘1-0-0-5C.ウィリアムズ1-0-0-2石橋脩1-0-0-1福永祐一0-1-1-6池添謙一0-1-1-4内田博幸0-1-0-5北村宏司0-1-0-2騎手は2勝ずつ挙げている「武豊」と「蛯名正義」に注目。【該当馬】武豊騎手の騎乗予定馬なし蛯名正義騎手の騎乗予定馬チェスナットコート

続きを読む

柴田善臣先生でどうしても思い浮かぶ馬

柴田善臣先生でどうしても思い浮かぶ馬

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/04/23(月) 16:23:07.98 ID:r6ZKJijx0 古くはホクトヘリオスって乗ってなかったかな? 続きを読む

続きを読む

【青葉賞2018】予想参考 東京芝コースはディープ産駒が好調

青葉賞2018が行われる東京芝コースの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。東京芝コースの傾向を分析することで青葉賞の注目馬を探します。続きを読む

続きを読む

NHKマイルカップ 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズ|タワーオブロンドンら22頭が登録

NHKマイルカップの出走予定馬情報をまとめました。想定騎手や推定オッズも同時に掲載しています。有力馬考察後に注目の馬についても記載しておりますので、最後までご覧頂けると幸いです。主な有力馬は、タワーオブロンドン・ケイアイノーテック・テトラドラクマ・カツジなど。現時点で注目の穴馬は、ギベオンです。Copyright © 2018 「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ All Rights Reserved.

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください