【 2016 東京新聞杯 (G3)】 有力馬分析 | 競馬速報 動画STYLE

【 2016 東京新聞杯 (G3)】 有力馬分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京新聞杯

東京競馬が開幕し2週目に突入。2月最初の重賞に注目!
2月7日(日)東京競馬場で開催される東京新聞杯(G3)の有力馬を分析!

ダッシングブレイズ

ダッシングブレイズ

重賞タイトル初戴冠のチャンスがやってきた。
目下3連勝中で勢いは一番で、同馬が大きく崩れたのはプリンシパルSの12着だけ。
このレースだけが唯一掲示板を外している。
その後は全てマイル戦を使われ、鞍上も浜中俊騎手。
中団に控え最後の直線確実に伸びる末脚は、このメンバーの中でもナンバー1。
今年の東京新聞杯のメンバーの中では安定感一番ではないだろうか。
この春の大目標は、もちろん安田記念。
安田記念には2015年・年度代表馬モーリスも出走してくるだろう。
モーリスとの対戦までは負けられない戦いとあり、このレースは序章に過ぎない。

ダノンプラチナ

ダノンプラチナ

朝日杯FS、富士Sとマイルの重賞を2勝(G1・G3各1勝)。
昨年暮れには香港マイルにも果敢に挑戦。
モーリスが優勝し、同馬は7着だったが、休み明けを得意としているこの馬に取って、
香港マイル以来の一戦は全く苦にならない。
香港マイルからメンバーが大幅に弱化されるこのレースでは、
勿論主役候補。デビューから蛯名正義騎手が全てのレース手綱を握っており、
完全に手の内にいれている。

ダイワリベラル

ダイワリベラル

前走、ニューイヤーSは相手にも恵まれた一戦だったのは否めないが、
この馬の自在性がものを言い、横山典弘騎手が勝利へエスコート。
ペースが遅いとみるや、早めに押し上げ、そのまま押し切った内容は完勝と言ってもいいだろう。
母の父がトニービンで、トニービンの産駒は東京巧者が多かった。
配合的にも東京のマイル戦はべスト。ここでも好勝負は必至。
展開に左右されないのはこの馬にとって大きなアドバンテージだ。

トーセンスターダム

トーセンスターダム

前走の京都金杯は1番人気で挑んだが、痛恨の出遅れが響き10着と惨敗。
全くこの馬の能力を発揮する事は出来なかった痛恨の一戦。
陣営は直ぐに巻き返しの一戦を、この東京新聞杯に照準を合し調整してきた。
後は今週の調教で追い切れば完全にレース仕様に仕上がるだろう。
メンバー的にもここで馬券圏内を外すようだと、今後が厳しくなってくる。
ここは力の入る一戦。

【レース寸評】

今回挙げた有力馬4頭の戦いになる可能性が高い。
ダッシングブレイズの能力が1枚上で、府中の長い直線もこの馬に取っては有利になる。
しかし、あんまり悠長に騎乗していると、届かなくなる可能性もあるので、ペース判断が重要となりそうだ。
今回、人気馬は比較的差し馬が多い。人気薄の逃げ馬をノーマークにして逃げ粘りをされないように
人気馬のジョッキーはノーマークに出来ない。

2015/12/19 阪神11R リゲルステークス(OP) ダッシングブレイズ

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

札幌記念2018人気馬消してもいいですか?モズカッチャン・サングレーザー・ゴーフォザサミットの不安材料

モズカッチャン超叩き良化型古川助手「今年初戦だった京都記念(4着)でミルコ(デムーロ)が『最後は止まった』と言っていた。洋芝は間違いなく合うけど、まだ余裕のある感じ。叩き良化型という点がどうか」サングレーザーやはり若干距離が長い?走法的にも...ゴーフォザサミット能力疑問 この2走はインベタはまった

続きを読む

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/13(月) 21:05:00.68 ID:8kAJFTiC0 宝塚のグラス、JCのスペ こいつらに勝てたと思う? 続きを読む

続きを読む

【北九州記念2018予想】今年も波乱の予感?狙いたい穴馬は?

今週末の小倉は「北九州記念」が行われます。全6戦あるサマースプリントシリーズも4戦目ということで後半戦に突入です。シリーズを振り返ってみますと、第1戦目の函館スプリントステークスは10番人気のヒルノデイバローが2着に入着し、2戦目のCBC賞では9番人気のナガラフラワー、8番人気のセカンドテーブルが2,3着に食い込み、一筋縄ではいかない決着が続いております。北九州記念も昨年は14番人気のナリタスターワンが2着、15番人気のラインスピリットが3着に食い込み107万馬券が飛び出しており、前記事の過去10年の傾向でも記したとおり、波乱傾向が強いレースと言えるでしょう。今年のサマーシリーズは例年以上に波乱傾向が顕著に見られますし、波乱を警戒したいレースになりそうです。ということで、今回は過去の穴馬の傾向を考察しながら穴馬候補を探してみたいと思います。過去10年の「単勝オッズ30倍以上」の馬の成績を見てみますと、「0-3-2-59」と勝ち馬こそ出ておりませんが、5頭の馬がヒモに来ております。馬券圏内率は7.8%と決して高くはありませんが、高額配当を狙うならここを拾えるかどうかで命運が分かれるのではないでしょうか。馬券に絡んだこの5頭の馬は、3歳が1頭、5歳が2頭、6歳が2頭でした。5,6歳が好走しており、さらに5頭中3頭は前走がサマーシリーズだった馬でした。5頭中3頭が4枠に入った馬だったという点も気になります。今年の出走メンバーで、単勝オッズが30倍以上になりそうな馬で、前走でサマーシリーズを使っている5,6歳馬はアクティブミノル、グレイトチャーター、トウショウピスト、ナインテイルズ、ナリタスターワンの5頭です。この中で4枠に入った馬がいれば注目してみても良さそうですね。枠順発表前の現時点で個人的に気になっているのは、前走アイビスサマーダッシュで3着に入着したナインテイルズです。昨年穴を開けたナリタスターワンとラインスピリットもアイビスサマーダッシュからの参戦でしたし、過去に北九州記念で好走している馬はアイビスサマーダッシュからの参戦馬が多いので、要注意だと思います。鞍上は前走の戸崎騎手から幸英明騎手に乗り替わりとなりますが、幸騎手とのコンビ成績は「3-0-2-8」と好成績ですし、昨年の北九州記念でも穴馬のナリタスターワンを2着に持ってきた騎手です。先週の小倉の土日でも6勝をあげる絶好調ぶりを見せており、今週もこの勢いが続いてほしいところです。54キロという斤量も魅力ですし、臨戦態勢、鞍上、勢いなどを考えれば非常に“買い”な穴馬ではないでしょうか。当日は穴人気しそうな気もしますが、今回はぜひとも狙ってみたい1頭です。

続きを読む

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/16(木) 12:44:40.07 ID:xz6+yPBH0  2016年のオークス2着馬チェッキーノ(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)の引退が決まった。8月16日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが発表した。  公式HPによると、この日に放牧先のノーザンファーム天栄で左前脚に屈腱炎を再発していることが判明。再発のため、復帰が困難となることから引退、繁殖入りが決まった。  同馬は2015年秋にデビューし、未勝利から3連勝でフローラSを制覇。2016年オークスでもシンハライトの2着に好走し、今後の活躍が期待された。 しかし、同年夏のクイーンS直前に左前脚の屈腱炎が判明。今年6月に米子Sで2年1か月ぶりに復帰を果たしたが、7着に敗れ、前走の関屋記念でも7着と精彩を欠いていた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000101-sph-horse 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください