【2016 阪急杯】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 阪急杯】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪急杯

【2016 阪急杯】出走予定馬とレースの見所

新年ムードも去り、春のG1戦線へ向けたレースが目白押しの季節になった。そんな季節に開催される阪急杯も一時期は1200mだったが1400mに戻り、今やヴィクトリアマイルと高松宮記念に向けての重要なステップレースとしての役割を果たしている。高松宮記念組は一着に優先出走権が与えられるが、ヴィクトリアマイル組も斤量面で有利な阪急杯を選ぶことが増えている。ここから大混戦のG1戦線へ乗り込むのはどの馬になるのだろうか、要注目だ。

阪急杯 予想オッズ:ミッキーアイル (3.1倍)

ミッキーアイル

再度の戴冠へ向けてミッキーアイルは、ここから始動。ほぼ全レースでコンビを組んでいる浜中騎手が落馬で離脱中のため、松山騎手へ乗り替わる点も含めて試練の一戦になりそうだ。間違いなく持っている能力は短距離路線では屈指のレベルだが、折り合いの難しさが勝ち星を阻んでいる。少なくとも浜中騎手ですら乗りこなせているとは言い難い現状だった。予期せぬ乗り替わりで新味が出せれば春の中心に名乗りを上げられそうだ。

阪急杯 予想オッズ:レッツゴードンキ (6.2倍)

レッツゴードンキ

短距離路線へ目標を絞ったレッツゴードンキは、斤量面を考慮して牝馬限定戦ではなく阪急杯を選んだ。桜花賞勝ちは当然として、昨年のマイルCSでも6着とマイルであればハイレベルなパフォーマンスを提示している。今回1400mだが、折り合い面に難があるだけに距離短縮は吉と出そうだ。

阪急杯 予想オッズ:ティーハーフ (8.8倍)

ティーハーフ

ティーハーフは再度G1へ挑戦するためにも、ここは賞金を加算しておきたい所。昨年は初重賞制覇を含めて3連勝を記録するなど快進撃を見せてくれた。スプリンターズSでは壁にぶつかった格好だが、春から休み無しで走り続けた反動が出たとも見れる。スワンS以降は休養にあてており、ここは休み明けの一戦。ただ上位の馬と違い、高松宮記念や安田記念を視野にいれるのなら、ここでの賞金加算は至上命題だ。勝負気配濃厚である。

【2016 阪急杯】 オッズ解析

ミッキーアイルはここ数戦控える競馬を教えこまれているが、どうも持ち味が出ていない。このクラス相手ならスンナリ逃げても勝ちきれそうなものだが、乗り替わりでどう出るだろうか。距離短縮で前進可能なレッツゴードンキと叩き2戦目となるオメガヴェンデッタが適距離1400mに戻って逆襲を演じそうだ。実績上位のG1ホースダノンシャークは1400mだと若干短いだろうが地力はある。不良馬場も物ともしないサドンストームは昨年の4着馬で、明け7歳とはいえ無視できないだろう。不安を抱えるミッキーアイルに挑む新鋭という図が出来ているが、春の短距離路線を占う意味では無視できないレースになりそうだ。是非好レースを期待したい。

2015年3月1日 阪神11R 阪急杯 ダイワマッジョーレ

※画像参照元:JRA/netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【天皇賞・春】クリンチャーの鞍上は三浦皇成騎手に

名無しさん:2018/04/23(月) 17:31:10.82 ID:/cduUqMw0.net 【天皇賞・春 … 続きを読む »

続きを読む

今年の天皇賞春のメンツは史上最低か?

今年の天皇賞春のメンツは史上最低か?

出典:JRA HPより1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/04/22(日) 17:58:46.68 ID:9Wv0zmZg0 酷すぎるw 続きを読む

続きを読む

【天皇賞春2018】クリンチャーの鞍上は三浦皇成騎手で決定

4月29日(日)に京都競馬場で開催される天皇賞・春に出走予定のクリンチャーの鞍上が三浦皇成騎手に決定した。クリンチャーは天皇賞・春で武豊騎手とのコンビが決まっていたが、武豊騎手は22日の京都8Rに出走していたサイモンゼーレ(7着)に騎乗した際に、外へ斜行し他馬の走行を妨害したとして、4月28日(土)から5月6日(日)まで9日間の騎乗停止となった。このため、クリンチャーの鞍上は未定となっていたが、23日に同馬を管理する宮本博調教師から三浦騎手とのコンビで参戦することが発表された。

続きを読む

【速報】クリンチャー、三浦皇成騎手で天皇賞・春へ

9:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/04/23(月) 17:43:09.75 ID:88V0Gn3x0.net叩きだったシュヴァルよりは全然マシだな チャンスを掴め三浦10:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/04/23(月) 17:43:53.69 ID:/cduUqMw0.net29日に京都競馬場で開催されるG1天皇賞・春(芝3200メートル)に出走を予定しているクリンチャー(牡4=宮本)の鞍上が三浦皇成(28=美浦・鹿戸)に決まった。 同馬は武豊(49=栗東・フリー)とのコンビが決まっていたが、22日の京都8Rで武豊の騎乗馬が斜行、 28日から5月6日まで9日間(開催4日)の騎乗停止処分を受け、鞍上が空白になっていた。宮本博調教師(55)は「状態はピークにきています。武さんが乗れないのは残念ですが、三浦騎手で勝ちにいこうと強い気持ちでいます」と語った。 https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2018/04/23/kiji/20180423s00004048239000c.html続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください