【2016 フィリーズレビュー】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 フィリーズレビュー】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリーズレビュー2015

【2016 フィリーズレビュー】 出走予定馬とレースの見所

メジャーエンブレムへの挑戦権を賭けたトライアルレースが続く牝馬クラシック路線。メジャーエンブレム以外は団子状態が続いていた路線だが、チューリップ賞の1着馬シンハライト、2着馬ジュエラーは挑戦者の資格十分なレース内容だった。残るアネモネS、そして今レースのフィリーズレビューではどのようなレースになるか、クラシック戦線を占う意味で注目したい。ただそんな期待とは裏腹に、フィリーズレビューというレースが本番に直結する機会は少なくなっている。開催条件を見れば理由も明確だが、トライアルレースで唯一の1400m開催。賞金額で言えば唯一のG2でもあり最高額といったこともあり、桜花賞というより目標をここに定めた馬が多いのも事実。馬券を買う際には、そこを考慮して選んでみたいものである。

フィリーズレビュー 予想オッズ:アットザシーサイド(4.4倍)

アットザシーサイド

福永騎手を鞍上に戻してのアットザシーサイドが大将格。デビューから出遅れ続きながら連勝を飾ったのは素質の証。阪神JFでは位置取りから5着に甘んじたが、末脚は一級品であることを見せ付けた。阪神JF組はメジャーエンブレム以外総崩れの感が漂う中で、優先出走権が至上命題のここで意地を見せての本番に繋げたい所。

フィリーズレビュー 予想オッズ:キャンディバローズ(6.1倍)

キャンディバローズ

阪神JF9着も出遅れが響いたとみたいキャンディバローズは、ここが始動戦。デビュー以来ルメール騎手を擁しての躍進が続いていたが、阪神JFでは乗り替わりもあり弾けきれなかった。賞金的には桜花賞のボーダーラインはクリアしているが、阪神JFの敗因を距離と調教師が分析しているとあっては、ここをメイチに持ってきた馬といえるだろう。

フィリーズレビュー 予想オッズ:ダイアナヘイロー(10.1倍)

ダイアナヘイロー

前走は素質馬レッドアヴァンセと差のない競馬だったダイアナヘイローは格上挑戦で本番への切符を掴みに来た。キングヘイロー産駒とあって地味な印象を受けるが、走りそのものは父親似の印象を受ける。ここでも持ち前のスピードを活かして押し切りたい。

【2016 フィリーズレビュー】 オッズ解析

人気ではアットザシーサイドが抜けるかもしれないが、実際力自体はほとんど差がない印象だ。他にもフェアリーS4着のクードラパン辺りも上位を狙える位置にいる。ここから桜花賞へ挑戦するにはメンバー層が薄く感じるが、それは逆に荒れるレースの予兆かもしれない。距離短縮が好材料のダイアナヘイローのスピードに期待したい。このレースに関してオッズほどに力の差はないだろう。相手にはこれまた距離短縮が面白いクードラパンを検討したい。

2015年11月23日 京都9R 秋明菊賞 アットザシーサイド

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【悲報】ブライトライン牡9 予後不良

【悲報】ブライトライン牡9 予後不良

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/10/23(火) 19:56:20.99 ID:mGAdF0UL0.net2013年のみやこSなど重賞2勝のブライトライン(牡9、栗東・鮫島一歩厩舎)は、20日の室町S(14着)で左前脚を故障し、予後不良となったことがわかった。 ブライトラインは父フジキセキ、母シェリーズスマイル、その父キングオブキングス。伯母に重賞2勝のサーガノヴェルがいる血統。 キャリアの初期は芝のレースを走り、安藤勝己騎手とのコンビで2012年のファルコンSを制して、重賞初制覇。2013年の春からダートに主戦場を移し、福永祐一騎手とのコンビで、同年のみやこSを制した。 通算成績は45戦7勝(うち地方2戦0勝、海外1戦0勝)。獲得賞金は2億7150万4000円(国内のみ)。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000010-kiba-horse続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください