【2016 中山牝馬S】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 中山牝馬S】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中山牝馬Sバウンスシャッセ

【2016 中山牝馬S】 出走予定馬とレースの見所

牡馬に比べ遅まきながら世代混合のレースが増えてきた牝馬路線。ここでも楽しみな若手VS古豪が見られそうだ。牡馬路線に関しては従来の低評価を覆し、重賞制覇を続けている明け4歳馬世代。牝馬もマキシマムドパリを筆頭に新年から十分な走りを見せているが、この中山牝馬Sには素質世代TOPルージュバックが出てくる。昨秋にミッキークイーンが古馬路線で躓いたこともあったが、ここで改めて世代の高さを証明できるか、注目したい。

中山牝馬S 予想オッズ:ルージュバック(2.5倍)

ルージュバック

1番人気は仕上がりさえ平均以上ならルージュバック。昨春の早い段階から3冠すら狙える器と称されてきたが、結果として無冠に終わった。調教内容、レース内容を見れば、そこに収まる器ではないのは明らか。少なく見積もっても勝ち馬と僅差だったオークスかエリザベス女王杯くらいのポテンシャルはあるだろう。G1での2着があるとはいえ、やはり賞金面で不安がある。ここは始動戦ながら賞金加算のために勝ち切って、再度世代王者ミッキークイーンに挑戦する舞台を整えたい。

中山牝馬S 予想オッズ:アースライズ(7.8倍)

アースライズ

アースライズもクラシック戦線を皆勤したが、掲示板確保がやっとの内容。ただ自己条件に戻った前々走1600万条件を快勝し、前走愛知杯も差のない3着。末脚の堅実さが世代を越えだしていることは、この馬の成長の証でもあるだろう。

中山牝馬S 予想オッズ:シングウィズジョイ(11.2倍)

シングウィズジョイ

前走前残りの競馬で展開が味方したシングウィズジョイも明け4歳世代。オークストライアルでディアマイダーリンやマキシマムドパリを競り落としての重賞制覇があるものの、クラシック本番では見せ場がなかった。秋華賞以後一休み入れてのターコイズSが前走になるが、前残りの恵まれた展開とはいえ11番人気を覆しての勝利を飾った。今回のレースは地力が試されるレースになるだろうが、力ある先行力はまだまだ上積みがありそうだ。

【2016 中山牝馬S】 オッズ解析

ルージュバックはG1級であることは間違いないと思うが、ここでも力を信頼したい。昨年はチグハグなローテーションが続いたのも災難だった。仕上げてくれば勝ち負けだろう。迎え撃つ古馬勢筆頭は昨秋府中牝馬Sを制したノボリディアーナ、エリザベス女王杯でも接戦を演じたシュンドルボンだ。経験豊富なだけに、タフな展開になれば風向きは向いてくるだろう。

2015年2月8日 京都11R きさらぎ賞(G3) ルージュバック

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【競馬】マカヒキ、ジャパンC回避「疲労が残っていて」

【競馬】マカヒキ、ジャパンC回避「疲労が残っていて」

【ジャパンC】一昨年のダービー馬マカヒキは回避http://race.sanspo.com/keiba/news/20181119/ope18111917130013-n1.html《一部抜粋》友道康夫調教師が19日、発表したもので、「前走(天皇賞・秋7着)の疲労が残っていて、本調子ではありません。ずっと様子を見ていましたが、100%で出せそうにないので回避します」と理由を説明した。  今後は栗東トレセンに在厩して調整し、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を目指す。続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください