【2016 中日新聞杯】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 中日新聞杯】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディサイファ中日新聞杯

【2016 中日新聞杯】 出走予定馬とレースの見所

春先なかなかレース設定が難しい中距離路線において、ハンデ戦ということも相まって面白いレースになりやすい重賞。斤量が定まらない現時点では、有力馬を中心にみていきたい。昨年はディサイファが勝ち、そこから再度飛躍の時を迎えた。今年は昇級初戦の勢いある馬に面白い馬が多く、レース当日が楽しみなのは保証したいところである。

中日新聞杯 予想オッズ:サトノノブレス(3.1倍)

サトノノブレス

実績最上位サトノノブレスは力をアピールしきれていない。前走の日経新春杯にしても58kgを背負わされての3着なら十分な着順だが、重賞2勝の馬にとっては目指すところはそこではないだろう。距離を考えても大舞台は宝塚記念に狙いを定めるなら、再度ハンデを背負ってもこの舞台で勝ちを狙いたい。古豪VS新進気鋭という見方もできるだけに、4歳世代レベルの見極めのためにも注目したいレースだ。

中日新聞杯 予想オッズ:アルバートドック(4.5倍)

アルバートドック

ハンデ次第といったところだろうか。前走小倉大賞典は恩師へ報いる川田騎手の好騎乗が光った。ある程度斤量が見込まれるなら難しいレースになりそうだ。

中日新聞杯 予想オッズ:ヒストリカル(6.5倍)

ヒストリカル

明けて7歳になったが堅実な走りが続いている。スタートが良くなく、追い込み一筋の競馬で展開に恵まれる必要はありそうだが、近親のカンパニーに似て年を感じさせない馬だ。馬体は小柄なだけに、あまり斤量を背負いたくないのが本音でどうなるか。

中日新聞杯 予想オッズ:ブライトエンブレム(7.8倍)

ブライトエンブレム

良血一族のブライトエンブレムは再度輝きを取り戻すための一戦。皐月賞4着以降は不利もあるが輝きを失ったレースが続いている。切れ味だけならメンバー上位の力はある馬で、評判が高まってきた世代を代表して恥ずかしいレースは出来ない。

その他の有力馬

他にも中日牝馬Sと両睨みのバウンスシャッセなどがでてくれば人気上位となるだろう。侮れない。

近年珍しく人馬のコンビが定着したヤマニンボワラクテも再度の重賞挑戦でチャンス到来だ。藤懸騎手とは手があっているのか、重賞初挑戦のAJCCでさえ5着ながら勝ち馬にあと一歩と追い込んだ。前走のディサイファ級の馬が見当たらない今レースなら順番が回ってくる頃だろう。そして何より斤量でも恵まれそうなのが好材料だ。
昇級初戦組からは、早くから大器と謳われたクルーガー、昨夏以降大変身の走りを魅せているアングライフェン、脚質自在なケツァルテナンゴと楽しみなメンバーが登録されている。
特に期待したいのはクルーガーだ。昨春の京成杯でも勝馬のベルーフと僅差の3着。その後は夏場まで出走せずに雌伏の時を過ごしていたが、夏以降は順調に昇級していきOP入りを決めた。ここも昇級初戦だが持っている素質は一番手だろう。好勝負を期待したい。

【2016 中日新聞杯】 オッズ解析

ヤマニンボワラクテは前走思った以上に前へ行かない競馬だった。当然そのおかげで掲示板を確保したのだが、頭を狙うなら重賞でも先行して欲しい所。重賞挑戦2戦目で人馬共に嬉しい重賞初勝利が見れそうだ。
2016年1月9日 中山10 迎春S ヤマニンボワラクテ

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください