【2016 アネモネS】 予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 アネモネS】 予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アネモネS

【2016 アネモネS】 予想オッズ

桜花賞トライアル、アネモネSは。歴史的に見てもチューリップ賞の一強状態が長く続いているが、フィリーズRと比べれば条件的には本番に直結して良さそうなのがアネモネSではないだろうか。歴代勝ち馬を見ても名牝ダイイチルビーを除けば好評価しづらい馬が揃っているが、今年はそんな評判を打ち破ってくれる馬の出現に期待したい。当然のことながらフィリーズRにも登録済み、或いは28頭もの登録数とあって、有力馬を中心に検討していいきたい。

アネモネS 予想オッズ:メイショウタチマチ(2.5倍)

メイショウタチマチ

オークスを見据えるならメイショウタチマチが候補の一頭でもおかしくはない。正直桜花賞の1600mに適性があると思えないが、2400mならメジャーエンブレム他の既存勢力を打ち破る力を持っているだろう。新馬戦後はロイカバード、サトノダイヤモンドという一級品の素質馬に負けているが、牝馬限定戦に戻れば主役の扱いを受けるべきだろう。賞金的にもここで加算できなければ桜花賞はおろかオークスも遠のくが、ここは簡単に勝ち切ってしまう気がするくらいの走りを見せているだけに、期待したい。

アネモネS 予想オッズ:リボンフラワー(3.6倍)

リボンフラワー

馬主池江泰郎、調教師池江泰寿、ダノンプラチナの全妹という箱入り娘リボンフラワーも大舞台に向けて負けられない戦いが続く。デビュー前から素質は高く評価されていたが、如何せん勝ち切れないレースが続いていた。切れる脚もスピードも持っているだけにもどかしさはあるだろう。ここでも好勝負可能の器だ。

アネモネS 予想オッズ:ウインミレーユ(4.8倍)

ウインミレーユ

末脚は一級品のウインミレーユ、まずは出走馬が確定してからの話になりそうだが、熾烈な桜花賞への切符争いを期待したい。

アネモネS 予想オッズ:ペプチドサプル(8.5倍)

ペプチドサプル

相手なりに走ってくるペプチドサプルも無視できない。アルテミスS、阪神JF、紅梅Sと4着の競馬が続いているが掲示板は確保している。相手が以前より楽になった今回は馬券圏内を狙ってきそうだ。

アネモネS 予想オッズ:メジャータイフーン(11.4倍)

メジャータイフーン

叩いての上積みでは一番手に評価したいメジャータイフーン。前走は20kgもの馬体増が響いたと情状酌量の余地はある。早熟馬との評価が高まっているが、今こそ2歳時の輝きを取り戻したい。

【2016 アネモネS】 オッズ解析

登録段階でもメイショウタチマチの力は最上位で評価したい。サトノダイヤモンドやロイカバードから比べれば牝馬限定戦は楽なメンバーに映る。癖のない競馬で優先出走権が最低条件だ。昇級初戦だがスピードを活かしたいリルティングインクあたりも怖い存在。

2015年3月14日 中山11R アネモネS テンダリーヴォイス

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【競馬】マカヒキ、ジャパンC回避「疲労が残っていて」

【競馬】マカヒキ、ジャパンC回避「疲労が残っていて」

【ジャパンC】一昨年のダービー馬マカヒキは回避http://race.sanspo.com/keiba/news/20181119/ope18111917130013-n1.html《一部抜粋》友道康夫調教師が19日、発表したもので、「前走(天皇賞・秋7着)の疲労が残っていて、本調子ではありません。ずっと様子を見ていましたが、100%で出せそうにないので回避します」と理由を説明した。  今後は栗東トレセンに在厩して調整し、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を目指す。続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください