【2016 阪神大賞典】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 阪神大賞典】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015阪神大賞典

【2016 阪神大賞典】 予想オッズとレースの見所

歴代の勝ち馬を見ればズラリと並ぶ名馬。それがすべてを物語る阪神大賞典。勿論天皇賞春に向けての前哨戦としての色合いが濃い。そんな格式高いレースもディープインパクト以降は格段にレースレベルが落ちてしまった。中距離路線志向の馬が嫌々天皇賞春を使うこと無く、今や海外遠征をする時代だからだろう。ここ3年はゴールドシップの一人舞台だったが、今年はその大きな存在を埋めるだけのスター候補が出てくるだろうか。

阪神大賞典 予想オッズ:トーホウジャッカル(3.1倍)

トーホウジャッカル

菊花賞馬は久々の一戦。同世代はイスラボニータやワンアンドオンリーのようなクラシックを勝った馬より、菊花賞2着のサウンズオブアースと3着のゴールドアクターが中心の座っているのが現実。トーホウジャッカルも昨年をわずか3戦で終えてしまっており、随分と影が薄くなった。調整の難しさがあるだけに、非常に買うのが難しい馬だが、今レースはタレント不足とあって人気を集めるだろう。菊花賞で見せた才能を再度見せることは出来るか。

阪神大賞典 予想オッズ:シュヴァルグラン(5.1倍)

シュヴァルグラン

順調さで行けばがトーホウジャッカルを狙う筆頭格。3連勝を決め手OP入りしての初戦が日経新春杯。後方一気のレーヴミストラルの決め手には屈したが、サトノノブレスやダコール相手には先着しての2着で、力の片鱗は見せてくれた格好。今回3000mは初めてになるが、地力で上位を窺えるだけの馬だ。

阪神大賞典 予想オッズ:タンタアレグリア(7.8倍)

タンタアレグリア

距離適性十分なも一発の魅力は十分。菊花賞4着、ダイヤモンドS4着なら距離は問題無いだろう。上位2頭に付け入る隙が十分なだけに、怖い存在。

【2016 阪神大賞典】 オッズ解析

良くも悪くもトーホウジャッカルが話題の中心になるだろう。地力は上位だが仕上がり自体は不安がある。流石に久々で強く推し難い。昨年も宝塚記念を見れば力はあるのだろうが、ここを叩いて順調に天皇賞へ向かって欲しいと祈るだけ。中心視したいのは安定感があり、メンバーにも恵まれた格好のタンタアレグリア。シュヴァルグランの長距離適性についても今レースでハッキリしそうだ。

レース参考動画

2015年3月28日 中京10R 大寒桜賞 タンタアレグリア

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【競馬】マカヒキ、ジャパンC回避「疲労が残っていて」

【競馬】マカヒキ、ジャパンC回避「疲労が残っていて」

【ジャパンC】一昨年のダービー馬マカヒキは回避http://race.sanspo.com/keiba/news/20181119/ope18111917130013-n1.html《一部抜粋》友道康夫調教師が19日、発表したもので、「前走(天皇賞・秋7着)の疲労が残っていて、本調子ではありません。ずっと様子を見ていましたが、100%で出せそうにないので回避します」と理由を説明した。  今後は栗東トレセンに在厩して調整し、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を目指す。続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください