【2016 フラワーC】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 フラワーC】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015フラワーC

【2016 フラワーC】 予想オッズとレースの見所

桜花賞のトライアルレースではないが、重要なステップレースの一角を占めている。常にNHKマイルCやオークスとの兼ね合いで、必ずしも桜花賞にはつながらないことが多い桜花賞のステップレース。ただこのレースは桜花賞という意味では1800mということもあり、チューリップ賞は別格としても悪くはないように映るが、今年はどうだろうか。昨年の勝ち馬アルビアーノは万全を期してのNHKマイルC行きだったが、2着馬アースライズはクラシック皆勤。どの路線へ向かっても堅実な結果を残した。今年も路線が固まりきっていない馬が多く、このレースを飛躍への足がかりにしたいところだ。

フラワーC 予想オッズ:ゲッカコウ(3.5倍)

ゲッカコウ

混戦ムード漂うレースだけに人気がわかりにくいところだが、長く良い脚を使うゲッカコウにやっとスポットライトが当たりそうだ。既に2勝を挙げている馬だが、デビュー戦の4番人気が最高とあっては馬券妙味十分だった。派手な血統も末脚もないだけに、それも致し方ないところだが、競走馬に重要なのは結果だろう。ここも安定して上位に計算できる馬だろう。

フラワーC 予想オッズ:シャクンタラー(4.8倍)

シャクンタラー

長期休養明けからの格上挑戦だがシャクンタラーにも期待したい。2戦目のコスモス賞が好内容。長く良い脚で直線を駆け抜けるレース内容に、1800mでの経験を加えれば上位人気に推されそうだ。不安材料は休養明けということだが、念入りに乗り込まれており問題無さそうだ。そして引き続き鞍上にルメール騎手を確保しているのは、それだけ素質の証だろう。

フラワーC 予想オッズ:ラルク(7.5倍)

ラルク

素質馬ラルクはデビュー戦以降思った結果を残せていない。デビュー戦で見せたスピードを見せること無く負けているだけに、切り替わりの機会を見つけたい。距離延長がプラスに出るか。

【2016 フラワーC】 オッズ解析

実績上位ゲッカコウには、この舞台でどうか。ただ力上位は明らかで、乗り慣れた鞍上の手綱にも期待したい。無事に賞金を加算できればG1の舞台が待っている。重賞レースにOP馬が揃うことはなかったが、格上挑戦特有の激しい闘いに期待したい。

レース参考動画

2016年2月27日 中山7R 3歳500万下 ゲッカコウ

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【競馬】マカヒキ、ジャパンC回避「疲労が残っていて」

【競馬】マカヒキ、ジャパンC回避「疲労が残っていて」

【ジャパンC】一昨年のダービー馬マカヒキは回避http://race.sanspo.com/keiba/news/20181119/ope18111917130013-n1.html《一部抜粋》友道康夫調教師が19日、発表したもので、「前走(天皇賞・秋7着)の疲労が残っていて、本調子ではありません。ずっと様子を見ていましたが、100%で出せそうにないので回避します」と理由を説明した。  今後は栗東トレセンに在厩して調整し、有馬記念(12月23日、中山、GI、芝2500メートル)を目指す。続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください