【2016 阪神牝馬S】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 阪神牝馬S】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神牝馬S

【2016 阪神牝馬S】 オッズ解析

昨年まで1400mで行われていたが、今年から1600mに変更となった。ヴィクトリアMの前哨戦として明確にすべく、同距離に変更された形だ。今後は同距離になったことで、ステップレースとして本番に直結しやすくなるであろう。その記念すべき変更初年度には、今年の牝馬戦線を賑わすであろう有力馬が多数エントリー。注目の1戦となりそうだ。

阪神牝馬S 予想オッズ:ミッキークイーン(2.5倍)

ミッキークイーン

昨年の牝馬クラシック2冠馬。最優秀3歳牝馬にも選ばれたこの馬の注目の今年初戦、今年はこのレースから始動。前走は3歳牝馬でありながら、果敢にJCに挑戦。単勝3番人気に支持されたが8着に敗れ、それまで連対を外した事のなかった同馬が、馬券圏内はおろか掲示板にものれず大きく着順を下げて敗戦した。しかし、秋華賞の激走による反動などもあり万全の状態にはなかった様。決して力負けではない。何よりこの経験は、この馬にとって大きな財産となったはず。更に今回は十分に間隔をあけて、ここを目標にしっかりと調整してきた。状態面での不安はないだろう。残念なのはこの馬に惚れ込んでいる浜中騎手が落馬により負傷離脱中ということ。だがルメール騎手なら心配要らないだろう。オークスや秋華賞で見せた切れ味鋭い走りを、ここでも見せて欲しい。牝馬限定戦のここは負けられない1戦だ。

阪神牝馬S 予想オッズ:ストレイトガール(3.8倍)

ストレイトガール

本来は前走の香港スプリントを最後に引退するはずだったが、不完全燃焼に終わった前走の無念を晴らすため今年も現役続行を決断。現役続行を決断したからには、無様な姿は見せられない。7歳と高齢にはなるが年齢的な衰えは今のところ感じられないし、昨年は牡馬混合を含むG12勝の実績がありここでは格が上。前哨戦のここをしっかり勝って本番へと向かいたいところだろう。

阪神牝馬S 予想オッズ:スマートレイアー(6.0倍)

スマートレイアー

前走の東京新聞杯は予想外の展開だった。後方から差す競馬を多くしてきた同馬が、まさかの逃げ切りでの勝利。これには驚いた。年齢を重ねて気性も成長し、折り合いに不安がなくなったのか脚質にも自在性が出てきたようだ。今回の出走メンバーを見ると展開はスローになりそう。前走のように前目で競馬をすることが出来れば、展開面ではこの馬に向きそうだ。重賞連勝も十分可能といえそうだが、今回は鞍上がデムーロ騎手を予定。最近はスタートで出遅れることが間々あるので、そこは注意しておきたいところだろう。

阪神牝馬S 予想オッズ:カフェブリリアント(9.5倍)

カフェブリリアント

昨年の当レースの勝ち馬。昨年はこのレースを勝ったこともあり、本番では4番人気に押されたがあのレース展開では、上がり33.3を繰り出しても5着が精一杯だった。致し方ないというところか。その後は思うような成績を残すことが出来ずに終わった。仕切りなおしの今年はこのレースから始動。連覇をかけて挑む今年だが、昨年とは距離も異なるし今年の馬場傾向もこの馬にとっていい材料とはいえない。このまま終わってしまうのか、もう1度重賞戦線に返り咲くことが出来るのか。正念場の1戦になりそうだ。

レース参考動画

2015年10月18日 京都11R 秋華賞 ミッキークイーン

※画像参照元:netkeiba.com/JRA

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【菊花賞】またルメール騎手!フィエールマンが史上最少キャリアV

【菊花賞】またルメール騎手!フィエールマンが史上最少キャリアV

菊花賞(Gl)を優勝したのは、#フィエールマン!クラシック三冠の最終決戦を制す!「最も強い馬が勝つ」と言われている菊花賞だけに、これからの活躍が楽しみだね。おめでとう!#うまび pic.twitter.com/lWbfCwr7j5— Umabi (@Umabi_Official) 2018年10月21日【第79回菊花賞 GⅠ・芝3000m】1着 ⑫フィエールマン (ルメール)2着 ⑨エタリオウ (デムーロ )3着 ⑦ユーキャンスマイル (武豊)史上最少キャリア4戦目でフィエールマンV!ルメール騎手は2週連続GⅠ制覇です。#jorf #ラジオ日本 pic.twitter.com/89RRyPYVkq— ラジオ日本「土曜・日曜競馬実況中継」 (@keiba1422) 2018年10月21日続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください