【2016 春雷S】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 春雷S】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サカジロロイヤル

【2016 春雷S】オッズ解析

日曜日の中山メインは春雷ステークス。2008年より開始されたこのレース、過去の成績を見てみると比較的人気サイドでの決着が多いようだが、3着に人気薄の馬が飛び込んできている感じか。毎年展開によって着順が大きく左右されているので、展開面は重要視して考えたいところだ。今年は目立った逃げ馬はおらず、比較的差し、追い込みの馬が多いようなので展開はスローもしくはミドル。よほどのことがない限りハイペースにはならなそうなので今年は前目につける馬に有利な展開となりそうだ。

春雷S 予想オッズ:エイシンスパルタン(2.8倍)

エイシンスパルタン

重賞実績はないが、最も勢いがあるのはこの馬だろう。前走の斑鳩Sで待望のオープン入り。その前走は、逃げて自分のペースに落とし鮮やかに逃げ切り、着差以上に強い内容の勝ち方だった。今回目立った逃げ馬はルチャドルアスール位なので、ルチャドルアスールを見ながら番手で競馬し直線で抜け出すことが出来れば、オープンでの初勝利も決して不可能ではない。なにより2走前に下した相手が、先日のダービー卿CTで重賞制覇を飾ったマジックタイム。ここを勝ってこの馬も重賞戦線に乗りたいところだろう。

春雷S 予想オッズ:カハラビスティー(4.2倍)

カハラビスティー

展開面を考えればこの馬も挙げなければならないだろう。この馬も逃げ先行を持ち味とする馬。前々走のカーバンクルSでは道中息の入らない厳しい流れとなったが、2番手から力強く抜け出して勝利。前走のオーシャンSも6着と敗れはしたものの、3着までは0秒1差と接戦だった事を考えれば及第点だろう。それに前走はネロやハクサンムーンといった強力な逃げ馬がいたことも大きな敗因の一つだ。今回はメンバーも前走とは比較にならないほど楽になったし、目立った逃げ馬も不在。オープンのここは通過点としたいところだろう。

春雷S 予想オッズ:ゴールドペガサス(5.5倍)

ゴールドペガサス

2走前のカーバンクルSで前述したカハラビスティーに肉薄したのがこの馬。惜しくも3/4馬身届かなかったが、デビューより使われてきたこの距離で存在感を発揮した。格上挑戦となった前走でも単勝3番人気に押されたが、最後の直線ではまったく前が開かず脚を余してしまった。前が開いていたらもっと着順は違っていただろう。あれがこの馬の実力ではない、度外視していいだろう。2走前のようなレースが出来れば勝ちも見えてくるだけに、しっかりと実力を出し切って欲しいものだ。

春雷S 予想オッズ:ショウナンアチーヴ(7.2倍)

ショウナンアチーヴ

実績だけで言えばこの馬がNO.1。過去には朝日杯でアジアエクスプレスの2着をはじめ、ニュージーランドTでは優勝など輝かしい実績の持ち主だが、その後長らく低迷。しかし前々走のバーデンBCでは見せ場たっぷりの4着。前走の京成杯AHではタイム差無しの5着に健闘しあわやのシーンも作って復調気配。約半年振りの出走となるが、オープンのここで復活を果たし、また重賞戦線での活躍を見せて欲しい1頭だ。

レース参考動画

2015年4月12日 中山11R 春雷S サカジロロイヤル

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

あれっ?アーリントンカップがない!

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/18(日) 19:52:12.43 ID:DWsKIE4A0.netいつのまにか皐月賞の週に移動してやんの おまえら知ってた?2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/18(日) 19:53:41.33 ID:/sM9CNYO0.net今知った続きを読む

続きを読む

【中山記念予想2018】ヴィブロス、ここは叩きの一戦

勝馬に大阪杯への優先出走権が与えられることもあり、マイルから中距離路線のトップホースが始動戦としてここを選ぶことも多く、近年はドバイや香港への遠征を見据えた馬の出走も多い中山記念。今年もドバイを目指す一頭の馬がここから始動する。大魔神こと佐々木主浩オーナーの愛馬、ヴィブロス(牝5、友道康夫厩舎)だ。年始に中山記念→ドバイ→宝塚記念のローテーションを発表したが、とくに連覇がかかるドバイターフの本気度は高そうだ。昨年は初海外となるドバイターフに挑戦し、5番人気とやや低評価ながらも、外からの見事な差しで優勝。今年も昨年と同じローテーションで連覇へ挑む。ヴィブロスは2017年の最優秀4歳以上牝馬に選出されたが、ドバイでの快挙が受賞に大きく貢献したことは間違いだろう。賞金額は国内最高賞金の有馬記念とジャパンカップの3億円を上回る360万ドル(約4億円)と破格の値段だ。その賞金額の高さや連覇達成の価値を考えれば、中山記念は叩きで、大一番はドバイと見て間違いないだろう。叩きならここは仕上がりもまだまだ余裕を残すだろうし、試走の可能性が高いここは重い印を打ちづらいところというのが正直な感想だ。とは言え、今年のメンバーは昨年以上という印象もないし、昨年勝馬と0.3秒差ということを考えると、3着までなら十分ありえる。去年国内で勝ち星をあげれなかったことを考えると、久々の国内重賞制覇を果たすには良い舞台のように思えるが、やはり大一番の前では重い印は打ちづらく、慎重に検討したい一頭だ。鞍上は、昨年の中山記念でもヴィブロスの手綱を握った内田博幸騎手となっている。同馬とのコンビはちょうど1年ぶりとなるが、内田騎手は先週ノンコノユメで復活Vを果たすなど勢いのある騎手だ。また、ヴィルシーナでヴィクトリアマイル連覇を果たした騎手でもあり、佐々木オーナーからの信頼も厚い。それにしても、近年の佐々木オーナーの馬主としての活躍ぶりには目を見張るものがある。昨年ジャパンカップを制したシュヴァルグラン、G1を2勝したヴィルシーナ、ドバイターフを優勝したヴィブロス。馬主歴50年以上の北島三郎氏がG1勝利を果たしたのはつい最近のことだが、馬主歴10年ほどでこれほどまでにG1レースを勝てている佐々木氏の強運は恐ろしさすら感じる。プロ野球選手の時に稼いだ累計金額には遠く及ばないが、累計獲得賞金額20億円という金額は馬主としても成功したと胸を張って言える金額だ。ドバイ連覇に挑む佐々木オーナーの快進撃はまだまだ続きそうだ。

続きを読む

中山記念2018予想オッズ3連単3連複馬連馬単連馬券予想(ペルシアンナイト崩れれば高配当必至)

中山記念2018予想オッズ 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ ペルシアンナイト 2.4 1.3 アエロリット 5.9 2.3 ヴィブロス 6.0 2.3 ウインブライト 6.1 2.2 マイネルハニー 9.2 3.3 サクラアンプルール 10.3 3.9 マルターズアポジー 14.1 5.0 ディサイファ 31.1 9.0 マイネルサージュ 76.1 11.9 ショウナンバッハ 77.8 ...

続きを読む

トリオンフこれG1級の馬だろ

トリオンフこれG1級の馬だろ

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/02/18(日) 15:23:59.07 ID:IAsr4Nuk0 大阪杯もらったわ 続きを読む

続きを読む

【第92回中山記念】中山開幕週にGI馬3頭が参戦!

名無しさん:2018/02/18(日) 18:35:37.06 ID:Aadr++4r0.net 名無しさん: … 続きを読む »

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください