【2016 皐月賞】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 皐月賞】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皐月賞2015

【2016 皐月賞】 オッズ解析

今週のメインは皐月賞。今年の3歳牡馬は、近年稀に見る高素質馬たちが揃ったプラチナ世代だ。無敗で3戦3勝のサトノダイヤモンドマカヒキをはじめ2歳王者のリオンディーズエアスピネルなど世代屈指の強者たちがこのレースに集結。このプラチナ世代からでも皐月賞馬は1頭。どの馬が1冠目を制するのか、大注目の1戦だ。

皐月賞 予想オッズ:サトノダイヤモンド(2.2倍)

サトノダイヤモンド

プラチナ世代の大将格はこの馬だろう。セレクトセールにて約2億5千万円で落札されたことが話題を呼び、デビュー戦から注目を集めていた。そのデビュー戦では、同じくセレクトセールにてほぼ同価格で落札されたロイカバードとの5億円対決を制し勝利。続く2戦目も危なげなく勝利し、重賞初挑戦となった前走。これが衝撃的だった。道中はピタッと折り合い、直線に入ると持ったままで先頭に立つ。ルメール騎手が1ステッキ入れただけでグンと加速。最後は緩める余裕もありながら、3馬身半差の圧勝だった。これまでの3戦すべてが2着以下に差をつけての勝利なだけに、まだまだ全力を出し切っていないように見える。この馬が全力で走ったときどれほどの走りを見せてくれるのか。期待せずにはいられない。皐月賞戴冠に最も近いのはこの馬かもしれない。

皐月賞 予想オッズ:マカヒキ(3.0倍)

マカヒキ

もう1頭の無敗馬マカヒキ。この勝負服に無敗馬、あのディープインパクトと同じである。ここまでの3戦も父とまったく同じ。無敗で弥生賞を制し、一躍主役に躍り出た。前走の弥生賞を含め、全てのレースで上がり最速をたたき出す究極の切れ者だ。兄弟馬は短距離を主戦としているが、この馬は前走の弥生賞を見る限り多少融通が利きそうだ。有力馬が揃った今回は牽制しあってスローになる可能性が大いにある。上がり勝負になったとき、この馬に敵うものはいないだろう。近代競馬の結晶とまで言われた父に並ぶことが出来るのか、注目だ。

皐月賞 予想オッズ:リオンディーズ(3.5倍)

リオンディーズ

2歳王者のこの馬も忘れてはいけない。母のシーザリオは3歳時に日米オークスを制した名牝で、兄弟にはエピファネイアなど活躍馬がズラリ。その血統背景から大いに注目されていたが、その評判に恥じない走りをここまでは披露している。デビュー2戦目でG1を制覇、前走の弥生賞も休み明けで決して万全の状態ではなかっただろうが、2着に好走。G1馬たるもの前哨戦でも負けるのは良くないだろうが、負けた相手はあのマカヒキ。順調に使われてきた行程の差が出た格好か。ただ本番の今回は全力投球の仕上げになる。兄弟たちもそうであったが、少し気性に難があるだけにやる気になればなるほど掛かる。この馬の場合は自分との戦いか。自分との戦いに勝った時、2つ目の勲章に手が届くだろう。

皐月賞 予想オッズ:ロードクエスト(6.5倍)

ロードクエスト

3強に待ったをかけるのはこの馬か。前走のスプリングSは休み明けもあって3着と敗れてしまったが、2歳時の新潟2歳Sでの走りを思い返せばここでも十分に足りる素質の持ち主だ。右回りに良績がないことや、負かした馬たちのレベルを疑問視する声もあるようだが負けた2走には休み明けなどの明確な敗因があることも事実。この馬にとって今後を左右する正念場。万全の状態で出走すれば前述した3頭ともそう差はないはず。新潟で見せたあの走りを中山でも見せて欲しいものである。

レース参考動画

2016年2月7日 京都11R きさらぎ賞 サトノダイヤモンド

※画像参照元:netkeiba.com/JRA

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事
【競馬】WIN4…どうしよ今めちゃくちゃ緊張してる

【競馬】WIN4…どうしよ今めちゃくちゃ緊張してる

270: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/02/18(日) 14:47:44.46 ID:h7Z0MNIN0.net ダイメイフジ単勝 続きを読む

続きを読む

リアルスティールは鞍上デットーリ騎手でドバイへ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/20(火) 12:20:04.62 ID:RqEtQEri0.nethttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000077-sph-horse いつ以来だ2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/20(火) 12:21:03.86 ID:p2g3D9Ho0.net>>1 デボネアのダービー以来続きを読む

続きを読む

阪急杯2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬とは?

2018年2月25日、阪神競馬場で阪急杯(GⅢ/芝1400m)が行われる。レッドファルクス、モズアスコット、カラクレナイ、ディバインコード、ダイアナヘイロー、モーニン、シュウジ、ヒルノデイバローらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?2000年に春のスプリント王決定戦GⅠ・高松宮記念が3月末に定着すると阪神競馬場の年明け開幕週にステップレースとして行われるようになったのが阪急杯であり、現在では1着馬に高松宮記念への優先出走権が与えられる。ただし、芝1400mで行われるようになったのは意外と最近の2006年からでスプリンター向きの高松宮記念だけでなく、ヴィクトリアマイルや安田記念など春のマイル戦線で活躍を期する馬も出走してくるレースとなっている。配当に関しては、ステップレースとしては比較的荒れる傾向にあり、過去10年で3連単はすべて万馬券、2015年は236,350円、昨年2017年は2,483,180円と高額配当が出る年も見られるレースになっている。2018年もこれまで同様の高配当となるのか、一転して堅く収まるのか。今回は過去10年の阪急杯の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)年着順馬名20171トーキングドラム20173ナガラオリオン20153ローブティサージュ20142サンカルロ20133オリービン20103サンカルロ20091ビービーガルダン20083ローブデコルテ注目点① 人気薄は狙っても単勝6番人気から8番人気まで該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が8頭と三連単の配当の割には少ない印象を受ける。しかも、2017年は2頭含まれているので、過去10年の中には該当馬が1頭もいない年も含まれている。また、今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策ではないことがわかる。なお、単勝1番人気の成績は万全と言えず、1番人気から5番人気までの成績にはそれほど差がないことも注目しておきたいポイントだ。人気別集計 阪急杯 過去10年人気着別度数勝率複勝率1番人気2- 2- 1- 5/ 1020.0%50.0%2番人気3- 1- 1- 5/ 1030.0%50.0%3番人気1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%4番人気2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%5番人気0- 1- 3- 6/ 100.0%40.0%6番人気0- ...

続きを読む

サンデーレーシングの会員の人いる?

サンデーレーシングの会員の人いる?

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/02/17(土) 13:28:18.42 ID:MM7c1ilH0 やっぱ数百万の持ってるの? 成績とかどう? 有力馬だと会員歴長い人が優先的に購入できるの? 続きを読む

続きを読む

コメント

  1. はんこ より:

    個人的にはマカヒキに勝ってほしい!サトノはメジャーエンブレムと同じ匂いがするぞな・・・

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください