【2016 皐月賞】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 皐月賞】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皐月賞2015

【2016 皐月賞】 オッズ解析

今週のメインは皐月賞。今年の3歳牡馬は、近年稀に見る高素質馬たちが揃ったプラチナ世代だ。無敗で3戦3勝のサトノダイヤモンドマカヒキをはじめ2歳王者のリオンディーズエアスピネルなど世代屈指の強者たちがこのレースに集結。このプラチナ世代からでも皐月賞馬は1頭。どの馬が1冠目を制するのか、大注目の1戦だ。

皐月賞 予想オッズ:サトノダイヤモンド(2.2倍)

サトノダイヤモンド

プラチナ世代の大将格はこの馬だろう。セレクトセールにて約2億5千万円で落札されたことが話題を呼び、デビュー戦から注目を集めていた。そのデビュー戦では、同じくセレクトセールにてほぼ同価格で落札されたロイカバードとの5億円対決を制し勝利。続く2戦目も危なげなく勝利し、重賞初挑戦となった前走。これが衝撃的だった。道中はピタッと折り合い、直線に入ると持ったままで先頭に立つ。ルメール騎手が1ステッキ入れただけでグンと加速。最後は緩める余裕もありながら、3馬身半差の圧勝だった。これまでの3戦すべてが2着以下に差をつけての勝利なだけに、まだまだ全力を出し切っていないように見える。この馬が全力で走ったときどれほどの走りを見せてくれるのか。期待せずにはいられない。皐月賞戴冠に最も近いのはこの馬かもしれない。

皐月賞 予想オッズ:マカヒキ(3.0倍)

マカヒキ

もう1頭の無敗馬マカヒキ。この勝負服に無敗馬、あのディープインパクトと同じである。ここまでの3戦も父とまったく同じ。無敗で弥生賞を制し、一躍主役に躍り出た。前走の弥生賞を含め、全てのレースで上がり最速をたたき出す究極の切れ者だ。兄弟馬は短距離を主戦としているが、この馬は前走の弥生賞を見る限り多少融通が利きそうだ。有力馬が揃った今回は牽制しあってスローになる可能性が大いにある。上がり勝負になったとき、この馬に敵うものはいないだろう。近代競馬の結晶とまで言われた父に並ぶことが出来るのか、注目だ。

皐月賞 予想オッズ:リオンディーズ(3.5倍)

リオンディーズ

2歳王者のこの馬も忘れてはいけない。母のシーザリオは3歳時に日米オークスを制した名牝で、兄弟にはエピファネイアなど活躍馬がズラリ。その血統背景から大いに注目されていたが、その評判に恥じない走りをここまでは披露している。デビュー2戦目でG1を制覇、前走の弥生賞も休み明けで決して万全の状態ではなかっただろうが、2着に好走。G1馬たるもの前哨戦でも負けるのは良くないだろうが、負けた相手はあのマカヒキ。順調に使われてきた行程の差が出た格好か。ただ本番の今回は全力投球の仕上げになる。兄弟たちもそうであったが、少し気性に難があるだけにやる気になればなるほど掛かる。この馬の場合は自分との戦いか。自分との戦いに勝った時、2つ目の勲章に手が届くだろう。

皐月賞 予想オッズ:ロードクエスト(6.5倍)

ロードクエスト

3強に待ったをかけるのはこの馬か。前走のスプリングSは休み明けもあって3着と敗れてしまったが、2歳時の新潟2歳Sでの走りを思い返せばここでも十分に足りる素質の持ち主だ。右回りに良績がないことや、負かした馬たちのレベルを疑問視する声もあるようだが負けた2走には休み明けなどの明確な敗因があることも事実。この馬にとって今後を左右する正念場。万全の状態で出走すれば前述した3頭ともそう差はないはず。新潟で見せたあの走りを中山でも見せて欲しいものである。

レース参考動画

2016年2月7日 京都11R きさらぎ賞 サトノダイヤモンド

※画像参照元:netkeiba.com/JRA

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

札幌記念2018人気馬消してもいいですか?モズカッチャン・サングレーザー・ゴーフォザサミットの不安材料

モズカッチャン超叩き良化型古川助手「今年初戦だった京都記念(4着)でミルコ(デムーロ)が『最後は止まった』と言っていた。洋芝は間違いなく合うけど、まだ余裕のある感じ。叩き良化型という点がどうか」サングレーザーやはり若干距離が長い?走法的にも...ゴーフォザサミット能力疑問 この2走はインベタはまった

続きを読む

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

もしエルコンドルパサーが4歳時も国内に専念してたら

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/13(月) 21:05:00.68 ID:8kAJFTiC0 宝塚のグラス、JCのスペ こいつらに勝てたと思う? 続きを読む

続きを読む

【北九州記念2018予想】今年も波乱の予感?狙いたい穴馬は?

今週末の小倉は「北九州記念」が行われます。全6戦あるサマースプリントシリーズも4戦目ということで後半戦に突入です。シリーズを振り返ってみますと、第1戦目の函館スプリントステークスは10番人気のヒルノデイバローが2着に入着し、2戦目のCBC賞では9番人気のナガラフラワー、8番人気のセカンドテーブルが2,3着に食い込み、一筋縄ではいかない決着が続いております。北九州記念も昨年は14番人気のナリタスターワンが2着、15番人気のラインスピリットが3着に食い込み107万馬券が飛び出しており、前記事の過去10年の傾向でも記したとおり、波乱傾向が強いレースと言えるでしょう。今年のサマーシリーズは例年以上に波乱傾向が顕著に見られますし、波乱を警戒したいレースになりそうです。ということで、今回は過去の穴馬の傾向を考察しながら穴馬候補を探してみたいと思います。過去10年の「単勝オッズ30倍以上」の馬の成績を見てみますと、「0-3-2-59」と勝ち馬こそ出ておりませんが、5頭の馬がヒモに来ております。馬券圏内率は7.8%と決して高くはありませんが、高額配当を狙うならここを拾えるかどうかで命運が分かれるのではないでしょうか。馬券に絡んだこの5頭の馬は、3歳が1頭、5歳が2頭、6歳が2頭でした。5,6歳が好走しており、さらに5頭中3頭は前走がサマーシリーズだった馬でした。5頭中3頭が4枠に入った馬だったという点も気になります。今年の出走メンバーで、単勝オッズが30倍以上になりそうな馬で、前走でサマーシリーズを使っている5,6歳馬はアクティブミノル、グレイトチャーター、トウショウピスト、ナインテイルズ、ナリタスターワンの5頭です。この中で4枠に入った馬がいれば注目してみても良さそうですね。枠順発表前の現時点で個人的に気になっているのは、前走アイビスサマーダッシュで3着に入着したナインテイルズです。昨年穴を開けたナリタスターワンとラインスピリットもアイビスサマーダッシュからの参戦でしたし、過去に北九州記念で好走している馬はアイビスサマーダッシュからの参戦馬が多いので、要注意だと思います。鞍上は前走の戸崎騎手から幸英明騎手に乗り替わりとなりますが、幸騎手とのコンビ成績は「3-0-2-8」と好成績ですし、昨年の北九州記念でも穴馬のナリタスターワンを2着に持ってきた騎手です。先週の小倉の土日でも6勝をあげる絶好調ぶりを見せており、今週もこの勢いが続いてほしいところです。54キロという斤量も魅力ですし、臨戦態勢、鞍上、勢いなどを考えれば非常に“買い”な穴馬ではないでしょうか。当日は穴人気しそうな気もしますが、今回はぜひとも狙ってみたい1頭です。

続きを読む

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

16年オークス2着馬チェッキーノが引退 繁殖入り

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/08/16(木) 12:44:40.07 ID:xz6+yPBH0  2016年のオークス2着馬チェッキーノ(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)の引退が決まった。8月16日、同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブが発表した。  公式HPによると、この日に放牧先のノーザンファーム天栄で左前脚に屈腱炎を再発していることが判明。再発のため、復帰が困難となることから引退、繁殖入りが決まった。  同馬は2015年秋にデビューし、未勝利から3連勝でフローラSを制覇。2016年オークスでもシンハライトの2着に好走し、今後の活躍が期待された。 しかし、同年夏のクイーンS直前に左前脚の屈腱炎が判明。今年6月に米子Sで2年1か月ぶりに復帰を果たしたが、7着に敗れ、前走の関屋記念でも7着と精彩を欠いていた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000101-sph-horse 続きを読む

続きを読む

コメント

  1. はんこ より:

    個人的にはマカヒキに勝ってほしい!サトノはメジャーエンブレムと同じ匂いがするぞな・・・

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください