【2016 皐月賞】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 皐月賞】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皐月賞2015

【2016 皐月賞】 オッズ解析

今週のメインは皐月賞。今年の3歳牡馬は、近年稀に見る高素質馬たちが揃ったプラチナ世代だ。無敗で3戦3勝のサトノダイヤモンドマカヒキをはじめ2歳王者のリオンディーズエアスピネルなど世代屈指の強者たちがこのレースに集結。このプラチナ世代からでも皐月賞馬は1頭。どの馬が1冠目を制するのか、大注目の1戦だ。

皐月賞 予想オッズ:サトノダイヤモンド(2.2倍)

サトノダイヤモンド

プラチナ世代の大将格はこの馬だろう。セレクトセールにて約2億5千万円で落札されたことが話題を呼び、デビュー戦から注目を集めていた。そのデビュー戦では、同じくセレクトセールにてほぼ同価格で落札されたロイカバードとの5億円対決を制し勝利。続く2戦目も危なげなく勝利し、重賞初挑戦となった前走。これが衝撃的だった。道中はピタッと折り合い、直線に入ると持ったままで先頭に立つ。ルメール騎手が1ステッキ入れただけでグンと加速。最後は緩める余裕もありながら、3馬身半差の圧勝だった。これまでの3戦すべてが2着以下に差をつけての勝利なだけに、まだまだ全力を出し切っていないように見える。この馬が全力で走ったときどれほどの走りを見せてくれるのか。期待せずにはいられない。皐月賞戴冠に最も近いのはこの馬かもしれない。

皐月賞 予想オッズ:マカヒキ(3.0倍)

マカヒキ

もう1頭の無敗馬マカヒキ。この勝負服に無敗馬、あのディープインパクトと同じである。ここまでの3戦も父とまったく同じ。無敗で弥生賞を制し、一躍主役に躍り出た。前走の弥生賞を含め、全てのレースで上がり最速をたたき出す究極の切れ者だ。兄弟馬は短距離を主戦としているが、この馬は前走の弥生賞を見る限り多少融通が利きそうだ。有力馬が揃った今回は牽制しあってスローになる可能性が大いにある。上がり勝負になったとき、この馬に敵うものはいないだろう。近代競馬の結晶とまで言われた父に並ぶことが出来るのか、注目だ。

皐月賞 予想オッズ:リオンディーズ(3.5倍)

リオンディーズ

2歳王者のこの馬も忘れてはいけない。母のシーザリオは3歳時に日米オークスを制した名牝で、兄弟にはエピファネイアなど活躍馬がズラリ。その血統背景から大いに注目されていたが、その評判に恥じない走りをここまでは披露している。デビュー2戦目でG1を制覇、前走の弥生賞も休み明けで決して万全の状態ではなかっただろうが、2着に好走。G1馬たるもの前哨戦でも負けるのは良くないだろうが、負けた相手はあのマカヒキ。順調に使われてきた行程の差が出た格好か。ただ本番の今回は全力投球の仕上げになる。兄弟たちもそうであったが、少し気性に難があるだけにやる気になればなるほど掛かる。この馬の場合は自分との戦いか。自分との戦いに勝った時、2つ目の勲章に手が届くだろう。

皐月賞 予想オッズ:ロードクエスト(6.5倍)

ロードクエスト

3強に待ったをかけるのはこの馬か。前走のスプリングSは休み明けもあって3着と敗れてしまったが、2歳時の新潟2歳Sでの走りを思い返せばここでも十分に足りる素質の持ち主だ。右回りに良績がないことや、負かした馬たちのレベルを疑問視する声もあるようだが負けた2走には休み明けなどの明確な敗因があることも事実。この馬にとって今後を左右する正念場。万全の状態で出走すれば前述した3頭ともそう差はないはず。新潟で見せたあの走りを中山でも見せて欲しいものである。

レース参考動画

2016年2月7日 京都11R きさらぎ賞 サトノダイヤモンド

※画像参照元:netkeiba.com/JRA

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事
柴田善臣先生でどうしても思い浮かぶ馬

柴田善臣先生でどうしても思い浮かぶ馬

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/04/23(月) 16:23:07.98 ID:r6ZKJijx0 古くはホクトヘリオスって乗ってなかったかな? 続きを読む

続きを読む

天皇賞春(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

スタミナ自慢が集まる伝統の長距離戦「天皇賞・春」が今週末京都競馬場でいよいよ開催。昨年はキタサンブラックがレコードVで優勝し連覇を達成。近年は人気上位の好走が目立つが、今年は一転して混戦模様。実力は上位拮抗しており、例年以上に難解な一戦となりそうだ。今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に天皇賞・春の傾向を探っていきたい。■「1番人気」不振、波乱傾向が強い一戦人気データ人気成績1番人気1-0-1-82番人気4-1-2-33番人気1-4-1-44番人気1-3-0-65番人気0-0-2-86番人気0-0-1-97番人気1-1-0-88番人気0-0-0-109番人気0-0-0-1010番人気0-0-1-911番人気0-0-0-1012番人気1-0-1-813番人気0-1-0-914番人気1-0-0-915番人気0-0-0-916番人気0-0-1-817番人気0-0-0-918番人気0-0-0-7オッズデータオッズ成績1.0~1.9倍0-0-0-32.0~2.9倍1-0-1-13.0~3.9倍0-0-1-44.0~4.9倍2-1-0-25.0~6.9倍3-1-1-47.0~9.9倍0-3-2-810.0~14.9倍1-3-1-815.0~19.9倍1-0-0-820.0~29.9倍0-1-1-1730.0~49.9倍1-0-1-1550.0~99.9倍0-1-0-25100.0倍以上1-0-2-49馬単/三連単データ年馬単三連単20084,430円13,500円200922,530円221,080円20104,190円911,660円201115,590円189,840円2012208,630円1,452,520円20136,500円111,830円20145,670円211,180円20158,480円236,300円201629,950円242,730円20171,430円3,780円「1番人気」は馬券圏内が2頭のみと不振傾向に。「2番人気」が最多の4勝を挙げ、複勝率も70%と高い。10番人気以下からは6頭が馬券に絡んでおり、うち4頭は単勝オッズ50倍以上の大穴だった。過去10年で10万馬券以上が8回。91万馬券と145万馬券の高額配当も飛び出しており、波乱傾向が強い一戦と言える。【該当馬】2番人気(下記「予想オッズ」を参考):レインボーライン予想オッズ予想オッズ人気馬名予想オッズ1シュヴァルグラン3.02レインボーライン3.53ガンコ5.84クリンチャー6.45サトノクロニクル8.86アルバート11.27チェスナットコート18.48トーセンバジル20.69カレンミロティック42.810ミッキーロケット48.411ソールインパクト57.512スマートレイアー71.613ヤマカツライデン87.314シホウ122.415ピンポン165.116トウシンモンステラ227.417トミケンスラーヴァ305.1上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。■「内枠」&「差し」が好走傾向に枠番データ枠番成績1枠5-1-1-122枠1-2-2-143枠1-1-1-174枠1-0-1-185枠0-1-0-196枠1-1-2-167枠0-2-1-248枠1-2-2-24脚質データ脚質成績逃げ2-0-0-10先行3-6-5-20差し4-4-5-67追い込み0-0-0-45マクリ1-0-0-2コースは京都競馬場の芝3200mを使用。「1枠」が最多の5勝を挙げており、断トツ。スタートから最初のコーナーまでは217mと短く、ロスのない内枠は有利となる傾向にある。脚質は「先行」と「差し」何れも好走しているが、差しが最多の4勝を挙げ好成績。マクリも決まっており、差し馬でも3~4コーナーあたりから早めにポジションを上げていける馬に注目したい。【該当馬】差し馬:シュヴァルグランレインボーラインサトノクロニクルアルバートトーセンバジルチェスナットコートスマートレイアーソールインパクトピンポン■馬体重は「-3kg~+3kg」が好走傾向に馬体重増減データ馬体重増減成績~-20kg0-0-0-0-19~-10kg0-0-0-8-9~-4kg4-5-2-38-3~+3kg5-5-7-66+4~+9kg0-0-0-27+10~+19kg1-0-0-3+20kg~0-0-0-0今回減5-7-6-75同体重2-3-2-22今回増3-0-1-45馬体重は最多の5勝を挙げている「-3kg~+3kg」が好走傾向に。全体的には馬体重が減っている馬が好走している。■「5歳馬」に注目馬齢データ馬齢成績4歳3-1-5-355歳4-5-1-396歳3-2-2-267歳以上0-2-2-34所属データ所属成績栗東6-8-8-105美浦4-2-1-36地方0-0-0-1外国0-0-1-2年齢は最多の4勝を挙げている「5歳馬」に注目。7歳以上は勝ち馬はゼロ頭。所属は「関西馬」が最多の6勝を挙げているが、勝率・連対率は「関東馬」の方が若干高くなっており、好走率に大きな差はない。【該当馬】5歳馬:ガンコミッキーロケットレインボーライン■前走が「日経賞」または「大阪杯」で3着内だった馬に注目前走データ前走成績日経賞(G2)3-3-2-44大阪杯(G1)3-3-2-10阪神大賞典(G2)3-2-4-48京都記念(G2)1-1-0-3ダイヤモンドS(G3)0-1-0-12大阪ーハンブルクC(OP)0-0-1-14前走クラスデータ前走成績1600万下0-0-0-5オープン特別0-0-1-15G30-1-0-15G29-9-8-105G11-0-0-1海外0-0-1-3地方0-0-0-0前走着順データ前走着順成績1着5-5-4-272着3-1-3-223着0-2-1-194着0-0-1-145着1-0-0-136~9着0-2-0-3410着以下1-0-1-15前走は最多の3勝を挙げ、2着も3回入着している「日経賞」と「大阪杯」に注目。前走着順は「1着馬」が最多の5勝を挙げており好成績。過去10年で3着内に入った30頭中、24頭が前走1~3着の馬だった。基本的には前走3着内から狙いたい。【該当馬】前走が日経賞、または大阪杯で3着内だった馬:ガンコ(日経賞・1着)チェスナットコート(日経賞・2着)■騎手は「武豊」と「蛯名正義」に注目騎手データ騎手成績武豊2-2-1-4蛯名正義2-1-1-3岩田康誠1-1-0-7松岡正海1-1-0-3横山典弘1-0-0-5C.ウィリアムズ1-0-0-2石橋脩1-0-0-1福永祐一0-1-1-6池添謙一0-1-1-4内田博幸0-1-0-5北村宏司0-1-0-2騎手は2勝ずつ挙げている「武豊」と「蛯名正義」に注目。【該当馬】武豊騎手の騎乗予定馬なし蛯名正義騎手の騎乗予定馬チェスナットコート

続きを読む

柴田善臣先生でどうしても思い浮かぶ馬

柴田善臣先生でどうしても思い浮かぶ馬

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/04/23(月) 16:23:07.98 ID:r6ZKJijx0 古くはホクトヘリオスって乗ってなかったかな? 続きを読む

続きを読む

【青葉賞2018】予想参考 東京芝コースはディープ産駒が好調

青葉賞2018が行われる東京芝コースの血統データを、予想に役立つ見やすい色分け表にまとめました。東京芝コースの傾向を分析することで青葉賞の注目馬を探します。続きを読む

続きを読む

NHKマイルカップ 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズ|タワーオブロンドンら22頭が登録

NHKマイルカップの出走予定馬情報をまとめました。想定騎手や推定オッズも同時に掲載しています。有力馬考察後に注目の馬についても記載しておりますので、最後までご覧頂けると幸いです。主な有力馬は、タワーオブロンドン・ケイアイノーテック・テトラドラクマ・カツジなど。現時点で注目の穴馬は、ギベオンです。Copyright © 2018 「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ All Rights Reserved.

続きを読む

コメント

  1. はんこ より:

    個人的にはマカヒキに勝ってほしい!サトノはメジャーエンブレムと同じ匂いがするぞな・・・

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください