【2016 難波S】レース予想・馬券攻略 | 競馬速報 動画STYLE

【2016 難波S】レース予想・馬券攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

難波Sタガノエトワール

【2016 難波S】 レース予想

今週の阪神メインは難波S。阪神開催も後半に入り、内側の馬場も傷み始めている。先週の桜花賞もそうだったが、外差しが決まっているレースが多く見受けられるのでその辺も考慮いながら予想を組み立てていきたい。

難波S 予想:◎ダノンムーン

ダノンムーン

7歳という年齢でありながら、ここまでキャリアわずか11戦。体質の弱さがネックとなり思うようにレースに使えずここまで来てしまった。普通なら引退でもおかしくないが未だ現役で続けるというのは期待の表れか。まだ体質の弱さが抜けていないのは確かだが、少し間隔を詰めて使える今回は状態がいい証拠だろう。前走も3着に敗れてはいるが、スローの前残りの展開で唯一後方から馬券圏内に飛び込んだのは実力の証だ。今回も少頭数でスローになる可能性はあるが、実力は折り紙つき。外差しがきまりつつある馬場も好材料。期待したい1頭だ。

難波S 予想:〇トーセンビクトリー

トーセンビクトリー

昨年11月以来の出走となるが、このコースはローズS時に3着の実績がある。近2走の敗戦は状態の悪さから結果が伴わなかったが、仕切りなおしとなる今回は是が非でも結果を残したいところだろう。元値は重賞でも勝ち負けできるだけの素質を持った馬。今後再び重賞戦線に返り咲くためにもここは負けられない。対抗評価とした。

難波S 予想:▲タイセイアプローズ

タイセイアプローズ

この馬は当該コースで複勝率が75%を誇り、コース相性はいい。今回は同型の馬でティーエスネオがいるが、逃げれば面白い存在となりそうだ。前走の但馬Sでは重賞に名を連ねる馬たちに先着しているのも好材料だ。少し馬場が荒れてきているので、逃げ馬ゆえ内側を通る危険もあるが展開を味方に付けての逃げ切りに期待したい。

難波S 予想:△ティーエスネオ

ティーエスネオ

前走は久々に大きく着順を落としたがこれは輸送競馬が合わなかった形。それまでは安定した走りをみせていただけに前走だけで見限るのは早計か。前々走では本命評価のダノンムーンに先着している実績もあるので、相手にはぜひとも押さえたい1頭だ。

【2016 難波S】 馬券攻略

馬券的にはこの4頭
◎ダノンムーン
〇トーセンビクトリー
▲タイセイアプローズ
△ティーエスネオ
本命から3頭に流してみたい。少頭数なので穴を狙うなら本命から全通り買ってみるのもオモシロいかもしれない。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

レース参考動画

2015年6月21日 阪神9R 小豆島特別 ダノンムーン

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事
【競馬】WIN4…どうしよ今めちゃくちゃ緊張してる

【競馬】WIN4…どうしよ今めちゃくちゃ緊張してる

270: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/02/18(日) 14:47:44.46 ID:h7Z0MNIN0.net ダイメイフジ単勝 続きを読む

続きを読む

リアルスティールは鞍上デットーリ騎手でドバイへ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/20(火) 12:20:04.62 ID:RqEtQEri0.nethttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000077-sph-horse いつ以来だ2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/20(火) 12:21:03.86 ID:p2g3D9Ho0.net>>1 デボネアのダービー以来続きを読む

続きを読む

阪急杯 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで|レッドファルクスなどが参戦

2月25日に実施される第62回阪急杯の出走予定馬情報です。想定騎手と推定オッズに有力馬考察についても記載しています。有力馬にはレッドファルクスやモズアスコットなどが顔を揃えました。G3重賞にしては好メンバーです。現時点で注目しているのはヒルノデイバローです。スワンSでは2着と健闘し、能力は上位。Copyright © 2018 「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ All Rights Reserved.

続きを読む

阪急杯2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬とは?

2018年2月25日、阪神競馬場で阪急杯(GⅢ/芝1400m)が行われる。レッドファルクス、モズアスコット、カラクレナイ、ディバインコード、ダイアナヘイロー、モーニン、シュウジ、ヒルノデイバローらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?2000年に春のスプリント王決定戦GⅠ・高松宮記念が3月末に定着すると阪神競馬場の年明け開幕週にステップレースとして行われるようになったのが阪急杯であり、現在では1着馬に高松宮記念への優先出走権が与えられる。ただし、芝1400mで行われるようになったのは意外と最近の2006年からでスプリンター向きの高松宮記念だけでなく、ヴィクトリアマイルや安田記念など春のマイル戦線で活躍を期する馬も出走してくるレースとなっている。配当に関しては、ステップレースとしては比較的荒れる傾向にあり、過去10年で3連単はすべて万馬券、2015年は236,350円、昨年2017年は2,483,180円と高額配当が出る年も見られるレースになっている。2018年もこれまで同様の高配当となるのか、一転して堅く収まるのか。今回は過去10年の阪急杯の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)年着順馬名20171トーキングドラム20173ナガラオリオン20153ローブティサージュ20142サンカルロ20133オリービン20103サンカルロ20091ビービーガルダン20083ローブデコルテ注目点① 人気薄は狙っても単勝6番人気から8番人気まで該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が8頭と三連単の配当の割には少ない印象を受ける。しかも、2017年は2頭含まれているので、過去10年の中には該当馬が1頭もいない年も含まれている。また、今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策ではないことがわかる。なお、単勝1番人気の成績は万全と言えず、1番人気から5番人気までの成績にはそれほど差がないことも注目しておきたいポイントだ。人気別集計 阪急杯 過去10年人気着別度数勝率複勝率1番人気2- 2- 1- 5/ 1020.0%50.0%2番人気3- 1- 1- 5/ 1030.0%50.0%3番人気1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%4番人気2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%5番人気0- 1- 3- 6/ 100.0%40.0%6番人気0- ...

続きを読む

サンデーレーシングの会員の人いる?

サンデーレーシングの会員の人いる?

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/02/17(土) 13:28:18.42 ID:MM7c1ilH0 やっぱ数百万の持ってるの? 成績とかどう? 有力馬だと会員歴長い人が優先的に購入できるの? 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください