【2016 天皇賞(春)】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 天皇賞(春)】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015天皇賞・春

【2016 天皇賞(春)】 オッズ解析

春の長距離G1として長きに渡り頂点に君臨してきた天皇賞春。ただ近年は海外遠征に対して壁がなくなった。そして今年もラブリーデイを筆頭に中距離馬は天皇賞春を選択肢の中から選ぶことはなかった。だが昨年のグランプリホースを筆頭に、現役屈指のメンバーが揃ったのも事実。3200mという究極のスタミナ勝負が行われる舞台で、頂点に上り詰めるのは、どの馬になるだろうか。長距離戦といえば外せないフェイムゲーム、輝きを取り戻したいトーホウジャッカル、どちらもかつての輝きを取り戻せれば一気の奪冠もあるだろう。グランプリホースを中心としたレースだが、春の王道G1に相応しい内容を期待したい。

天皇賞(春) 予想オッズ:ゴールドアクター(2.6倍)

ゴールドアクター

昨夏1000万条件を突破した馬が、今や現役最強の名に相応しい存在となっている。前走日経賞で2番人気。斤量もあるが、やはり有馬記念の内容が軽く見られていたのも事実だろう。ただ結果は御存知の通り。最早2000m以上であれば現役屈指の力にケチは付けられない。菊花賞3着ということを考えても、距離は問題ない舞台。頂点に一番近い馬だ。

天皇賞(春) 予想オッズ:キタサンブラック(4.1倍)

スプリングSキタサンブラック

勝っても好走しても人気にならないキタサンブラック。ここに至っては人気を集めそうだ。先行してからのクレバーな走りで菊花賞を制し、有馬記念3着大阪杯2着と現役屈指の安定感。今回もレースを引っ張るのは、この馬だ。

天皇賞(春) 予想オッズ:サウンズオブアース(6.9倍)

サウンズオブアース

未だに主な勝ち鞍が、はなみずき賞では寂しい限り。前走日経賞は斤量差もあってゴールドアクター打倒最大のチャンスであったが、脅威の勝負根性の前に再度2着。今レースも地力上位は明らかだが、やはり頭を取るには、もうひと押しが必要だろう。

天皇賞(春) 予想オッズ:シュヴァルグラン(10.3倍)

シュヴァルグラン

本格化したシュヴァルグランは、前走比較的手薄な相手だった阪神大賞典で重賞初制覇。毎レース堅実な末脚を披露しており、何よりメンバー随一の距離適性の持ち主。ここで一発があるとすればシュヴァルグランだろう。

レース参考動画

2016年3月26日 中山11R 日経賞 ゴールドアクター

※画像参照元:JRA/netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください