【2016 京都新聞杯】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 京都新聞杯】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015京都新聞杯サトノラーゼン

【2016 京都新聞杯】 オッズ解析

優先出走権が与えられるわけではないが、毎年多くの有力馬がエントリーするダービーへの最終便。昨年は勝ち馬のサトノラーゼンが2着、3年前にはキズナがこのレースからダービー制覇と本番でも好走する馬も数多く出ている注目レース。今年も好メンバーが揃った印象だ。注目してみてみたい。

京都新聞杯 予想オッズ:スマートオーディン(2.2倍)

スマートオーディン

ここまで重賞2勝をあげる活躍を見せているこの馬だが、注目したいのはその上がりタイム。馬体重の調整が上手くいかなかった共同通信杯を除く2戦は共に上がり最速。しかもその上がりタイムは共に32秒台!究極の脚を持つ馬だ。スローの切れ味勝負になれば、この馬に敵うものはいないだろう。あとは初挑戦となるこの距離さえこなせればダービーでも面白い存在となれるだけに、このレースでの走りには大いに注目したい。

京都新聞杯 予想オッズ:ロイカバード(3.5倍)

ロイカバード (2)

世間を沸かせた5億円対決、サトノダイヤモンドばかりが注目されているがこの馬も才能溢れる若駒。そのサトノダイヤモンドには完敗の形だが、それ以外のレースではしっかりと勝っている。若駒らしく不器用さの残るレース運びではあるものの、直線での伸び脚は光るものがある。ただまだ馬体には成長の余地があり本格化するのは先か。それでもここで通用するようならこの先楽しみが広がるだけに、注目の1戦だ。

京都新聞杯 予想オッズ:ブラックスピネル(5.2倍)

ブラックスピネル

この馬も上位人気必至だろう。デビュー前は決して評価は高くなかったが、新馬戦を快勝。のちにUAEダービーで3着するユウチェンジや好素質馬ジュンバルカンなどを負かしての勝利だった。その後はOPや重賞でも安定して走っている。京都コースでは今回出走するスマートオーディンに先着した実績もあるので、実力は間違いなく重賞級。少々馬体重の増減が激しい馬なので、当日のテンションや馬体重には気をつけたい。

京都新聞杯 予想オッズ:ユウチェンジ(7.5倍)

ユウチェンジ

国内では芝レースを中心に使われ、重賞でも好走している馬だが、走りを見ると少しパワー型の感じ。近親の兄弟たちもダートでの活躍馬が多く血筋と考えるべきだろう。前走のUAEダービーの好走もうなずける。今回は高速馬場になりやすい京都外回りが舞台、この馬にとってはこのコース代わりはマイナスになりそうだ。切れ味勝負になると分が悪いので、先行しての粘りこみを狙いたいところだろう。

レース参考動画

2016年3月26日 阪神11R 毎日杯 スマートオーディン

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【注目新馬】良血多数集結の牝馬戦

クラシック産駒では善戦すれども勝利には繋がらなかったクイーンズリングですが、古馬となった4歳の秋にはエリザベス女王杯を制しました。そのクイーンズリングの半妹で、父がマンハッタンカフェからヴィクトワールピサにかわったアクアミラビリスが同じ栗東・吉村厩舎、同じ主戦のM.デムーロ騎手騎乗で今週17日に東京で開催される芝1600mのメイクデビューで初陣を飾ります。今週は土曜京都にも芝のマイルのメイクデビューが組まれていますが、鞍上か牝馬限定戦かどちらかへのこだわりか、敢えて輸送しての東京コースでのデビューとなりました。陣営によればまだ馬体に芯が入っていないというジャッジですが、芝向きの軽い走りをするし、血統的にも期待を寄せているとのこと。ライバル馬には桜花賞馬キストゥヘヴンとルーラーシップから生まれたガロシェに福永騎手、祖母に切れる脚が持ち味のビハインドザマスクを持ち、いとこにサンライズソアのいるハーツクライ産駒ホウオウクリスティに田辺騎手、そして今年200勝超えの可能性も高いルメール騎手は京都牝馬S1着、ヴィクトリアマイル2着と活躍したヒカルアマランサスの娘スイートセントで参戦してきます。秋になり各陣営の期待馬が出走してくるとは言え、今回はこれだけ多くの良血が揃っているのでぜひ注目してもらいたい一戦です。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください