【2016 鞍馬S】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 鞍馬S】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015鞍馬S

【2016 鞍馬S】 オッズ解析

今開催の京都芝コースは例年通り内側が有利な状況となっているが、かといって逃げ先行馬有利というわけでではなく差し馬の台頭も多く見られる。このレースも1200mで行われる為、逃げ先行馬が有利となりそうだが差し馬の台頭にも注意しながら予想していきたい。

鞍馬S 予想オッズ:ミッキーラブソング(3.2倍)

ミッキーラブソング

重賞でも好走している実力馬でその実力は誰もが認めるところ。しかし勝ちきるところまでは難しく、今後のレース選択にも賞金加算が必須。確勝を期してOPのここにエントリーしてきた。OPのここでは実績的にも格上の存在であることは間違いないが、この1200mの距離には疑問がつく。ここまで4戦の経験があるが(1.0.0.3)と決して得意とはいえない距離だ。こなせればあっさり勝たれて何の不思議もないが、あまり強調できないことも確か。人気が集中するようであれば、少し様子を見てみたい。

鞍馬S 予想オッズ:セカンドテーブル(4.5倍)

セカンドテーブル

2歳時には京王杯2歳Sを買った実力馬だが、その後はながらく低迷してしまった為、早熟の馬という意見も多かった。しかし1200mに鉾先を向けた2走前から馬が一変。初めての1200m戦となった淀短距離Sでは3着に好走。更に重賞挑戦となった前走のシルクロードSでは、先行しての粘りこみを図り見せ場たっぷりの4着に好走。直線平坦のこのコースがこの馬にはあっているのだろう。今回も同じコースでの出走、取り消し明けとなるが状態に不安があれば使ってくることは無いだろうしここは好勝負できると判断したい。

鞍馬S 予想オッズ:マルヨバクシン(6.5倍)

マルヨバクシン

サクラバクシンオー産駒という血統背景から、キャリアのほとんどを1200mで走ってきた。その判断は好転し、この距離はこの馬にとってベストといえるだろう。良績は阪神や小倉コースに偏っているが、この京都コースでも2戦して(0.2.0.0)と連対率は100%と適性もある。前走の淀屋橋Sでもオープン常連のアットウィルなどを抑えての優勝と勢いもある。ここでも好走を期待したい。

鞍馬S 予想オッズ:フミノムーン(8.0倍)

フミノムーン

4歳となったこの馬が正念場を迎えている。3歳時には重賞でも1番人気に押されるなど素質の高さを買われていたが、近走の成績は今ひとつ。起爆剤となるよう前走から1200mを使っている。前走はいきなりの重賞挑戦でさすがに相手が強かった。前走だけで見限るには早計。OPのここで改めて狙ってみたい。

レース参考動画

2015年5月10日 京都11R 鞍馬S スギノエンデバー

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事
【競馬】WIN4…どうしよ今めちゃくちゃ緊張してる

【競馬】WIN4…どうしよ今めちゃくちゃ緊張してる

270: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/02/18(日) 14:47:44.46 ID:h7Z0MNIN0.net ダイメイフジ単勝 続きを読む

続きを読む

リアルスティールは鞍上デットーリ騎手でドバイへ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/20(火) 12:20:04.62 ID:RqEtQEri0.nethttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000077-sph-horse いつ以来だ2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2018/02/20(火) 12:21:03.86 ID:p2g3D9Ho0.net>>1 デボネアのダービー以来続きを読む

続きを読む

阪急杯 2018 出走予定|想定騎手と推定オッズに有力馬考察まで|レッドファルクスなどが参戦

2月25日に実施される第62回阪急杯の出走予定馬情報です。想定騎手と推定オッズに有力馬考察についても記載しています。有力馬にはレッドファルクスやモズアスコットなどが顔を揃えました。G3重賞にしては好メンバーです。現時点で注目しているのはヒルノデイバローです。スワンSでは2着と健闘し、能力は上位。Copyright © 2018 「爆穴」〜的中率が低くても回収率で勝負するブログ All Rights Reserved.

続きを読む

阪急杯2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬とは?

2018年2月25日、阪神競馬場で阪急杯(GⅢ/芝1400m)が行われる。レッドファルクス、モズアスコット、カラクレナイ、ディバインコード、ダイアナヘイロー、モーニン、シュウジ、ヒルノデイバローらが出走を予定しているが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵は果たしているのか?2000年に春のスプリント王決定戦GⅠ・高松宮記念が3月末に定着すると阪神競馬場の年明け開幕週にステップレースとして行われるようになったのが阪急杯であり、現在では1着馬に高松宮記念への優先出走権が与えられる。ただし、芝1400mで行われるようになったのは意外と最近の2006年からでスプリンター向きの高松宮記念だけでなく、ヴィクトリアマイルや安田記念など春のマイル戦線で活躍を期する馬も出走してくるレースとなっている。配当に関しては、ステップレースとしては比較的荒れる傾向にあり、過去10年で3連単はすべて万馬券、2015年は236,350円、昨年2017年は2,483,180円と高額配当が出る年も見られるレースになっている。2018年もこれまで同様の高配当となるのか、一転して堅く収まるのか。今回は過去10年の阪急杯の結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)年着順馬名20171トーキングドラム20173ナガラオリオン20153ローブティサージュ20142サンカルロ20133オリービン20103サンカルロ20091ビービーガルダン20083ローブデコルテ注目点① 人気薄は狙っても単勝6番人気から8番人気まで該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が8頭と三連単の配当の割には少ない印象を受ける。しかも、2017年は2頭含まれているので、過去10年の中には該当馬が1頭もいない年も含まれている。また、今回の該当馬を人気別に見ると、高配当になる場合の人気にはそれほど気にする必要がないことがわかるが、単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策ではないことがわかる。なお、単勝1番人気の成績は万全と言えず、1番人気から5番人気までの成績にはそれほど差がないことも注目しておきたいポイントだ。人気別集計 阪急杯 過去10年人気着別度数勝率複勝率1番人気2- 2- 1- 5/ 1020.0%50.0%2番人気3- 1- 1- 5/ 1030.0%50.0%3番人気1- 2- 0- 7/ 1010.0%30.0%4番人気2- 3- 0- 5/ 1020.0%50.0%5番人気0- 1- 3- 6/ 100.0%40.0%6番人気0- ...

続きを読む

サンデーレーシングの会員の人いる?

サンデーレーシングの会員の人いる?

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/02/17(土) 13:28:18.42 ID:MM7c1ilH0 やっぱ数百万の持ってるの? 成績とかどう? 有力馬だと会員歴長い人が優先的に購入できるの? 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください