【2016 京王杯スプリングC】レース予想・馬券攻略 | 競馬速報 動画STYLE

【2016 京王杯スプリングC】レース予想・馬券攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015京王杯スプリングC

【2016 京王杯スプリングC】 レース予想

出走メンバーを見渡すと差し馬の比率が高そうなので、展開的にはスロー予想。前に行く馬たちには有利な展開となりそうだが、あまりに前がスローすぎるとヨーイドンの瞬発力勝負になってしまうので注意が必要だろう。

京王杯スプリングC 予想:◎ロサギガンティア

ロサギガンティア

まだ開幕して4週目ということもあり内が伸びる馬場。その点では最高ともいえる最内枠を引いたのは大きいだろう。1400mにおける実績もあるし脚質も自在性に富んでいる。中団もしくは少し前目につけてレースを運んで欲しいが、鞍上のデムーロはたまに出遅れる事があるのでそこは祈るしかない。昨年の暮れ以来となる出走だが、藤沢厩舎の看板馬である以上出るからには万全と見て良いだろう。目標は先であることは間違いないが、ここでも好勝負を演じなければ先はない。本命評価とした。

京王杯スプリングC 予想:〇オメガヴェンデッタ

オメガヴェンデッタ

1400mの実績がある馬。前走の阪急杯では武豊騎手の手腕がさえ、好位での競馬で2着と好走。もとより先行タイプの馬で、この戦法での好走が多い。今回も引き続き豊騎手が乗るのは大きなプラス、枠も内目の偶数枠と最高の枠順。G1うんぬんというよりは、ここがメイチ勝負な気がする。

京王杯スプリングC 予想:▲ダッシングブレイズ

ダッシングブレイズ (2)

東京新聞杯は落馬となってしまったが、勢い的には突き抜けていてもおかしくなかった。続く前走のダービー卿CTでは、コース形態やペースがむかず6着と敗れてしまったが、本来は広いコース向きの馬。度外視して良いだろう。あとはこの大外枠と初距離の1400mをこなすことができるかどうか。素質はだれもが認める重賞級、鞍上の浜中もこの馬とミッキークイーンの為に限定で復帰してきた、注目の1頭。

京王杯スプリングC 予想:△サトノアラジン

サトノアラジン

父ディープに母父ストームキャットと東京にはぴったりの血統背景。これまでのキャリアを考えれば、一番人気でもおかしくないが今回はこの距離がどう出るか。もとよりエンジンの掛かりが遅い馬なので広いコース向きであり、直線の長いコースでの好走が多かった。1ハロン短縮で上手く脚がたまらなければ凡走もありえるだろう。しかし前走のダービー卿CTでは休み明けながら3着と好走。状態は上向きなので押さえ。

【2016 京王杯スプリングC】 馬券攻略

馬券的にはこの4頭
◎ロサギガンティア
〇オメガヴェンデッタ
▲ダッシングブレイズ
△サトノアラジン
本命から馬単流しマルチで買ってみたい。あとは穴で何点か加えてみるのも良いだろう。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

レース参考動画

2015年12月26日 阪神11R 阪神C ロサギガンティア

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【注目新馬】良血多数集結の牝馬戦

クラシック産駒では善戦すれども勝利には繋がらなかったクイーンズリングですが、古馬となった4歳の秋にはエリザベス女王杯を制しました。そのクイーンズリングの半妹で、父がマンハッタンカフェからヴィクトワールピサにかわったアクアミラビリスが同じ栗東・吉村厩舎、同じ主戦のM.デムーロ騎手騎乗で今週17日に東京で開催される芝1600mのメイクデビューで初陣を飾ります。今週は土曜京都にも芝のマイルのメイクデビューが組まれていますが、鞍上か牝馬限定戦かどちらかへのこだわりか、敢えて輸送しての東京コースでのデビューとなりました。陣営によればまだ馬体に芯が入っていないというジャッジですが、芝向きの軽い走りをするし、血統的にも期待を寄せているとのこと。ライバル馬には桜花賞馬キストゥヘヴンとルーラーシップから生まれたガロシェに福永騎手、祖母に切れる脚が持ち味のビハインドザマスクを持ち、いとこにサンライズソアのいるハーツクライ産駒ホウオウクリスティに田辺騎手、そして今年200勝超えの可能性も高いルメール騎手は京都牝馬S1着、ヴィクトリアマイル2着と活躍したヒカルアマランサスの娘スイートセントで参戦してきます。秋になり各陣営の期待馬が出走してくるとは言え、今回はこれだけ多くの良血が揃っているのでぜひ注目してもらいたい一戦です。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください