【2016 大日岳特別】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 大日岳特別】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大日岳特別

【2016 大日岳特別】 オッズ解析

新潟の芝1200mは短距離戦らしく前が有利。直線に坂が無いこともあってか前が止まらない展開がよくある。しかしあまりにハイペースで引っ張られると差し馬にも出番が有りそう。展開が鍵を握りそうだ。

大日岳特別 予想オッズ:アースエンジェル(4.2倍)

アースエンジェル

デビューしてまだ5戦の4歳馬。そのうち4戦がこの新潟千直というちょっと異色のキャリアの持ち主。しかしここ2戦は人気を裏切る格好となり、久々の1200m戦に出走。2戦目に走ったときは福島の1200mだったが、2番手からの押し切り勝ちを決めている。ただそのときもきわどい決着だったので、陣営が思うように1000mがベストの可能性はあるが、ここは試金石。キンシャサノキセキ産は短距離での活躍馬を多く出しているので、ここでの好走も十分に期待できる。

大日岳特別 予想オッズ:アレスバローズ(4.9倍)

アレスバローズ

昇級戦となるがこの馬にも十分勝ち負けに加われるだけの力がある。デビュー時は主に中距離を使われていたが、1200mに出走し始めたここ3走が好内容。特に前走は早め先頭から見事に勝利。2着には2馬身差と完勝と言える内容だった。これなら昇級でも即通用するなといった印象だ。一度新潟は走っているが、そのときとは距離も違うので気にする必要は無いだろう。

大日岳特別 予想オッズ:アペルトゥーラ(6.8倍)

アペルトゥーラ

芝のレースでは振るわず、地方競馬に移籍。4戦して3勝2着1回と抜群の数字を残し、中央再転入。しばらくはダートを使われていたが、芝に再転向したここ2走がいい走り。3走前は逃げれず自分の競馬に持ち込めず大敗を喫したが、前につけられればきっちりと結果を残している。今回も自分の競馬に持ち込めるかが鍵だが、つけられれば厄介な馬となりそうだ。

大日岳特別 予想オッズ:ウォーターラボ(7.5倍)

ウォーターラボ

短距離といえばカレンチャンや世界のロードカナロアなどを育てた名調教師、安田厩舎だ。この馬も徐々に短距離適性が現れてきているといっていいだろう。兄弟にはヒカルオオゾラやサトノノブレスなどの重賞ウィナーがいる血統の為、この馬も中距離を中心に使われていたが、2走前から1200mにシフトチェンジ。これが功を奏し能力の片鱗を見せ始めている。前走も6着と敗れてはいるが、レコード決着の中上がり最速をたたき出している。少しでも前が速くなればこの馬の差しが決まるであろう。展開によっては浮上しそうな馬だ。

レース参考動画

2015年9月6日 新潟12R 雷光特別 アースエンジェル

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

マイルCS2018の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬

マイルCS2018の競馬予想分析!3つのデータから導く危険な人気馬

2018年11月18日、京都競馬場でマイルチャンピオンシップ(GⅠ/芝1600m)が行われる。安田記念を制したモズアスコット、毎日王冠勝利のアエロリット、去年の覇者ペルシアンナイトなど、他にもスワンステークスや富士ステークスの勝ち馬などが集まり、マイル界の頂上決戦の様相を呈している。過去10年のデータを見ると、1番人気が勝ったのは10年でたった1回、2着は3回、3着は2回、着外は4回とイマイチ信用できない。4番人気が4勝するなど、人気サイドで決まることは少なく、中穴の馬を見つけておいしく馬券をゲットしたい人にはおいしいレースでもある。これだけメンバーが揃うと本来なら人気をしてもおかしくない馬まで人気が低くなる。危険な人気馬を消しつつ、穴馬を見つけていきたい。データ① 活きのいい4歳と5歳年齢別成績を見ると、5歳が4勝、4歳が3勝、あとは3歳や6歳で1勝ずつという感じだが、アベレージ的に4歳が圧倒し、5歳が続くようなイメージだ。去年こそ3歳馬だったペルシアンナイトが勝ったが、斤量差1キロではまだ心許ない。年齢を重ねると瞬発力勝負にはついていけない。そうなると脂が乗ってきた4歳や5歳が狙い目か。3歳馬ではカツジは前走負け過ぎ、ジャンダルムは54キロで完敗からの2キロ増では厳しい。6歳馬はどの馬も足りない。3歳馬で残るのはケイアイノーテックとステルヴィオだが、毎日王冠ではコンマ2秒ステルヴィオが上だが、ケイアイノーテックは1キロ増だったことを思えば、この2頭はイーブンの関係。継続騎乗のケイアイノーテックとテン乗りのステルヴィオなどを加味すると残すならケイアイノーテックか。データ② やっぱり牝馬は勢い!だが・・・2012年までは牝馬が毎年のように絡むなどそれなりの存在感を見せた。ところが、この5年は1頭も牝馬が絡んでいない。だから牝馬は消しとなるほど単純ではない。どのような牝馬が馬券に絡んだかを見るべきだ。すると、前走で1着、最低でも3着という結果を残していた。牝馬は勢いが大事だとよく言われるが、前走大敗を喫してここで巻き返せるほど、なかなか甘くないと言える。レーヌミノルは前走の相手が薄く、マイペース逃げでの7着はしんどい。ジュールポレールは本来狙い目だが、ここでのテン乗りは運がない。残るのはアエロリットとレッドアヴァンセだが、アエロリットは関西遠征でいいところがなく、前走は激走した。消すチャンスはここだろう。レッドアヴァンセは左回りのマイルでより結果を出す。それで富士ステークス3着はそこが限界なのだろう。牝馬は思い切って消しでいい。データ③ その他データあれこれ富士ステークス組が強いが、特別な理由がなくてコンマ3秒以上負けているのは厳しい。ペルシアンナイトは2年連続で特別な事情があって負けたが、こういう馬は参考外でいい。エアスピネルも休み明けはそんなに走らないのでここも不問。ただ、ウインブライトやジャンダルム、ヒーズインラブは単なる力負け。ここは一気に消しておきたい。今年のスワンステークスの勝ちタイムは1分21秒5だが、これは良馬場開催の過去の結果を見ても一枚下と見るべきだろう。ただでさえメンバーが薄かった中でモズアスコットは勝てない。ラスト3ハロンも良馬場開催なのに結構かかっている。末脚勝負になりやすいマイルチャンピオンシップでちょっとこれでは厳しいか。モズアスコットを疑いもなく買うのはおすすめできない。まとめマイルチャンピオンシップは典型的なリピーターレースであり、外国馬のサプレザでも2回続けて3着に来ている。リピーターの傾向は前年と変わらずか、着順を上げるかのいずれか。そうなるとエアスピネルの悲願達成、ペルシアンナイトの連覇ということになる。エアスピネルの場合は先週のリスグラシュー同様堅実なタイプで武豊騎手からの乗り替わりというのもそっくりだ。ペルシアンナイトは前走59キロが堪えた。勝ち馬ロジクライとの斤量差3キロでコンマ5秒負けだったが、今回は定量戦なのでイーブンになる。そう思えばロジクライよりまだ上と主張できる。モズアスコットはモレイラ騎手、アエロリットはムーア騎手が乗り、明らかに騎手人気が加わる。先週京都で1日で外国人騎手11勝の中で蚊帳の外だったミルコ・デムーロ騎手が黙って見てるはずがなく、多少の人気落ちならおいしくいただきたい。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください