【2016 伊勢志摩サミット2016開催記念】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 伊勢志摩サミット2016開催記念】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊勢志摩サミット

【2016 伊勢志摩サミット2016開催記念】 オッズ解析

京都の2400mで行われるこのレースは適性が問われるコースなので、コース経験がある馬は有利となりそう。レース名の通り、伊勢志摩サミットに負けないくらいの熱戦を期待したいものである。

伊勢志摩サミット2016開催記念 予想オッズ:ウインスペクトル(4.5倍)

ウインスペクトル

混戦模様となりそうだが、この馬を上位評価。父チーフベアハートは天皇賞春での活躍もあるマイネルキッツなどを輩出する屈指の長距離系種牡馬であり、長距離適性は文句なし。未勝利を勝ち上がるまでに時間を要したが、勝ち上がってからは順調に昇給を重ねている。逃げて自分のペースで走ることができればそう簡単に大崩れはしないだろう。

伊勢志摩サミット2016開催記念 予想オッズ:エーティータラント(4.8倍)

エーティータラント

現級での実績で言えばこの馬が筆頭だろう。重賞にも出走経験のあるが、まだいい頃の走りには戻っていないよう。しかし、前走の阪神でのレースで久々に馬券圏内を確保。この馬らしく長くいい脚を使ってレースが出来ていた。このときの勝ち馬は後の天皇賞春3着のシュヴァルグランなので、多少離されたとはいえ3着は立派。このコースでの経験も豊富で、勝ち星こそ無いが連対経験はあるので相性はいい。再び重賞に出走するならここは勝っておきたいところだ。

伊勢志摩サミット2016開催記念 予想オッズ:ヤマイチパートナー(7.5倍)

ヤマイチパートナー

長距離適性ならこの馬も負けていない。昨年より長距離に適性を見出し、2600mなどを中心に使われ安定した成績を残している。母父がリアルシャダイということもあるのだろうか、2000m以上での複勝率は5割を誇りここに来て力をつけている。半年近くの休みあけを叩いて3戦目。そろそろ激走があっても驚けない。休み明けでの激走の反動も気になるがそればっかりは走ってみなければ分からない。

伊勢志摩サミット2016開催記念 予想オッズ:タイセイアプローズ(8.5倍)

タイセイアプローズ

早くより重賞に顔を出すなど、素質はいいものがった。昨年に条件戦を2連勝したが、その後1600万のこのクラスで凡走続きで壁は厚いものかと思われた。しかし2走前の阪神のレースで2着と好走。フロックかとも思われたが、前走でも素質馬のトーセンビクトリーやダノンムーンなどに最後まで喰らいつき4着と好走。勝ち馬のトーセンビクトリーはその次のレースで、先日行われたヴィクトリアMにも出走している。それを考えればこの馬もこのクラス突破に目処を立てたといっていいだろう。血統的にも母父エリシオなら今回の距離延長は吉と出そう。今回は同型もいるが、気分よく先行できれば面白い存在となりそうだ。

レース参考動画

2016年1月11日 京都12R 4歳上1000万 ウインスペクトル

※画像参照元:netkeiba.com/伊勢志摩サミット2016開催記念

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【注目新馬】良血多数集結の牝馬戦

クラシック産駒では善戦すれども勝利には繋がらなかったクイーンズリングですが、古馬となった4歳の秋にはエリザベス女王杯を制しました。そのクイーンズリングの半妹で、父がマンハッタンカフェからヴィクトワールピサにかわったアクアミラビリスが同じ栗東・吉村厩舎、同じ主戦のM.デムーロ騎手騎乗で今週17日に東京で開催される芝1600mのメイクデビューで初陣を飾ります。今週は土曜京都にも芝のマイルのメイクデビューが組まれていますが、鞍上か牝馬限定戦かどちらかへのこだわりか、敢えて輸送しての東京コースでのデビューとなりました。陣営によればまだ馬体に芯が入っていないというジャッジですが、芝向きの軽い走りをするし、血統的にも期待を寄せているとのこと。ライバル馬には桜花賞馬キストゥヘヴンとルーラーシップから生まれたガロシェに福永騎手、祖母に切れる脚が持ち味のビハインドザマスクを持ち、いとこにサンライズソアのいるハーツクライ産駒ホウオウクリスティに田辺騎手、そして今年200勝超えの可能性も高いルメール騎手は京都牝馬S1着、ヴィクトリアマイル2着と活躍したヒカルアマランサスの娘スイートセントで参戦してきます。秋になり各陣営の期待馬が出走してくるとは言え、今回はこれだけ多くの良血が揃っているのでぜひ注目してもらいたい一戦です。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください