【2016 欅S】レース予想・馬券攻略 | 競馬速報 動画STYLE

【2016 欅S】レース予想・馬券攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015欅ステークス

【2016 欅S】 レース予想

構図としては1200mを主戦とするスプリンター系と1600mを主戦とするマイラー系の対決になる。脚質の有利不利はあまりなく、展開次第といった感じだろう。今年はどのようなレースになるのか注目だ。

欅S 予想:◎アンズチャン

アンズチャン

東京1400mでは安定した成績を残しており、重賞の根岸Sでも5着したことのある実力馬。良績がここに集中しているのは、距離適性もあるだろうが、とにかくダートコースでなければ走らない。芝スタートのコースではまったく行き脚がつかず、最初の時点でほぼ届かないような位置取りになってしまうのだ。しかしこの馬の持ち味は、なんといってもその末脚。出るレースのほとんどを上がり最速タイムで駆け抜けているので、絶望的かとも思われるところからでも、堅実に追い込んでくる。ここでの好走は必須と考えて本命評価。

欅S 予想:〇エイシンバッケン

エイシンバッケン

ダート路線に転換したここ数戦が好内容。短距離を中心に使われているが、この1400mでは2戦2勝。距離適性もある。特に前走の鎌倉Sでは、馬体重が-16kgと決して万全な状態ではなかったはずなのに、直線では豪快な伸び脚を披露し、2着に4馬身差の圧勝だった。あの走りを見る限り、昇級でも即通用の器であることは確か。逆転の目もあると考えて対抗評価。

欅S 予想:▲ニットウスバル

ニットウスバル

1200mを中心に使われているスプリンターだが、1600mや1800mでも3着内経験のある馬なので、距離に関しては1ハロン程度なら問題なくこなせるだろう。ここ東京コースでも(2.0.1.0)と相性も抜群。長くいい脚を使うこの馬にとっては、この東京コースはあっているのだろう。明け4歳で伸びしろにも十分期待が持てるし、上位に食い込んでもおかしくない。

欅S 予想:△キタサンミカヅキ

キタサンミカヅキ

先日の天皇賞を制した、北島三郎さんのお手馬であり、ダートの短距離では強い勝ち方を見せる実力馬。評価を下げたのはやはり距離。母父サクラバクシンオーということもあり、良績は1200mに集中しているし、1400mでは連対経験はあるがやはりベストとは言いがたい

【2016 欅S】 馬券攻略

馬券的にはこの4頭
◎アンズチャン
〇エイシンバッケン
▲ニットウスバル
△キタサンミカヅキ
本命―対抗の2頭を軸に、印の馬や追い込み型のナガラオリオンなど本命と同じような脚質の馬に流してみたい。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

レース参考動画

2016年1月31日 東京11R 根岸S 5着アンズチャン(モーニン)

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

【注目新馬】良血多数集結の牝馬戦

クラシック産駒では善戦すれども勝利には繋がらなかったクイーンズリングですが、古馬となった4歳の秋にはエリザベス女王杯を制しました。そのクイーンズリングの半妹で、父がマンハッタンカフェからヴィクトワールピサにかわったアクアミラビリスが同じ栗東・吉村厩舎、同じ主戦のM.デムーロ騎手騎乗で今週17日に東京で開催される芝1600mのメイクデビューで初陣を飾ります。今週は土曜京都にも芝のマイルのメイクデビューが組まれていますが、鞍上か牝馬限定戦かどちらかへのこだわりか、敢えて輸送しての東京コースでのデビューとなりました。陣営によればまだ馬体に芯が入っていないというジャッジですが、芝向きの軽い走りをするし、血統的にも期待を寄せているとのこと。ライバル馬には桜花賞馬キストゥヘヴンとルーラーシップから生まれたガロシェに福永騎手、祖母に切れる脚が持ち味のビハインドザマスクを持ち、いとこにサンライズソアのいるハーツクライ産駒ホウオウクリスティに田辺騎手、そして今年200勝超えの可能性も高いルメール騎手は京都牝馬S1着、ヴィクトリアマイル2着と活躍したヒカルアマランサスの娘スイートセントで参戦してきます。秋になり各陣営の期待馬が出走してくるとは言え、今回はこれだけ多くの良血が揃っているのでぜひ注目してもらいたい一戦です。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください