【2016 日本ダービー】レース予想・馬券攻略 | 競馬速報 動画STYLE

【2016 日本ダービー】レース予想・馬券攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016日本ダービー (2)

【2016 日本ダービー】 レース予想

史上稀にみるハイレベルダービーといわれている今回。それぞれが違う年代に生まれていればみなG1馬になれたとも言われるほどである。そんなレースをこのダービーという舞台で観れる幸せを感じながらレースを見たい。

日本ダービー 予想:◎サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド

皐月賞は3着と敗れてしまっているが、直線では外に振られる不利がありながらの3着。上位2頭は、不利を受けることなく走れた馬なので、負けて強しの内容だった。もとより陣営も皐月賞よりダービーを目標にしていたし、今回はその本気度が伺える。直前の調教でもCWコースで一杯に追われ、好タイムを出しているところを見ても状態がいいことがわかる。ダービーは枠順の有利不利が大きく影響するが、4枠8番であればまずまずといったところだ。不利さえ受けずに能力を全開することができれば、ダービー馬にもっとも近いのはこの馬だ。

日本ダービー 予想:〇マカヒキ

マカヒキ

皐月賞の2着馬。皐月賞ではディーマジェスティにしてやられてしまったが、その末脚はやはり一級品。噂にたがわぬ切れ者で、その走りは父ディープインパクトを彷彿とさせるような走りだった。跳びの大きい走りは前回の皐月賞より、今回のダービーの方が明らかに向いているだろう。枠順も2枠3番と内目のいい枠を引けた。この馬も上位争い必至だが、少し血統面での距離不安があるのも確か。近親の兄弟たちには短距離よりの活躍馬が多いので、府中の2400mをこなすことが出来るかが焦点とはなりそう。だが、スケールの大きさや一級品の切れ味などは、本命にも太刀打ちできるものがあるだけに、敬意を表して対抗評価。先日亡くなったカネヒキリと同じ勝負服の馬。偉大な先輩に捧げる勝利にも期待したい。

日本ダービー 予想:▲ディーマジェスティ

ディーマジェスティ

皐月賞では3強といわれる素質馬たちをまとめて負かし、一気にクラシックホースとなった。戦前は8番人気と低評価だったが、いまや皐月賞のステップとしても有力になっている、共同通信杯の勝ち馬だったことを考えれば、あまりに低評価すぎた。その皐月賞は蛯名Jの完璧な騎乗もあって、ほぼ完勝といえる内容。上位人気が予想される今回は、マークも厳しくなるだろうし、前回のようにはいかないだろう。だが、枠順は過去最多勝利数をほこる1枠1番という最高の枠を引けた。蛯名J悲願のダービー制覇となるのかにも注目したい。

日本ダービー 予想:△リオンディーズ

リオンディーズ

皐月賞では悪い意味で目立ってしまった。スタートを出てから終始ハミを噛んで掛かり気味。向こう正面では抑え切れずに先頭に立ち、前半59秒台とハイペースを刻んでしまっては直線失速も納得。さらには、進路妨害で降着とまさに踏んだり蹴ったりだった。兄のエピファネイアもそうだったが、この一族はとにかく気性が荒い。今回も相手云々よりも、まずは自分との戦いだろう。嵌れば朝日杯のときのように、爆発力を秘めているだけに、その走りには注目したい。

【2016 日本ダービー】 馬券攻略

馬券的にはこの4頭
◎サトノダイヤモンド
〇マカヒキ
▲ディーマジェスティ
△リオンディーズ
本命から馬連で流すか、相手は上記以外にも手広く流してもいいだろう。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

レース参考動画

2016年4月17日 中山11R 皐月賞 ディーマジェスティ

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

マカヒキ、ジャパンカップ回避。天皇賞秋の疲労抜けず

2016年のダービー馬で、前走の天皇賞秋に出走し7着に敗れたマカヒキ(牡5、友道康夫厩舎)が、登録していたジャパンカップを回避することが明らかになった。19日、同馬を管理する友道康夫調教師が明らかにした。友道師によると、天皇賞秋の疲れが残っているため、現在は本調子ではないという。今後は引き続き栗東に在厩し、状態次第で有馬記念を目指すという。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください