【2016 垂水S】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 垂水S】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015垂水S

【2016 垂水S】 オッズ解析

エントリーは10頭と少頭数にはなってしまったが、各馬力は拮抗していると思うのでどの馬にも勝つチャンスはあるだろう。少頭数のため展開はスロー予想、先行馬には注意しながら見てみたい。

垂水S 予想オッズ:トーセンビクトリー(3.5倍)

トーセンビクトリー

3歳時にはクラシック級の評価もあったが、その評価に値するほどは走れていない。前走のヴィクトリアMでは、全く見せ場もなく惨敗を喫するなど、その成長力に疑問を感じ始めた方もいるかもしれない。クラス再編成によって降級となってしまったため、今回は1600万からの仕切り直しの1戦。この馬に関して言えば、パワー型のタイプなので、東京や京都などの高速馬場には対応できないのだろう。好成績を残しているのは、阪神や中京などの力のいる馬場なので、今回の阪神はこの馬に合っていると思う。少頭数となった今回は捌き易いだろうし、自在性のある馬なのでどこからでも競馬は出来る。戦ってきた相手を考えれば、ここでは負けられないだけに、注目してみてみたい。

垂水S 予想オッズ:グァンチャーレ(4.8倍)

グァンチャーレ

この馬も4歳の為、クラス再編成のため降級して1600万条件からの出直しとなった。もとは重賞ウィナーであり、その実力は誰もが認めるところだが、近走は好走したり凡走したりと少しムラな面が目立つ。ただ復調気配を見せていることも確かで、4走前にはダッシングブレイズの2着、前走は評判馬のラングレーを負かしての2着、と戦績をあげてきている。年齢を重ねて少しズブくなってきている分、適距離と思われているマイルからの1ハロン延長は問題ないだろう。ここを勝ってオープンの仲間入りを再度果したいところだ。

垂水S 予想オッズ:スズカルパン(6.5倍)

スズカルパン

昇級組みからならこの馬が筆頭だ。主にダートを主戦として走ってきたが、芝に転戦したここ数戦がいい内容。初挑戦となった4走前で、12番人気の低評価を覆し3着と好走。そして前走の鴨川特別では、ダート馬だったとは思えない切れ味を発揮し、勝利とまさに芝馬の走り。これなら昇級後でも即通用するのではないだろうか。今回は阪神コースに変わるが、元々ダート馬だったこの馬にしてみれば、パワー型の馬場に代わる事はプラスに働くだろう。

垂水S 予想オッズ:ドラゴンストリート(8.5倍)

ドラゴンストリート

現級での好走歴ならこの馬も引けを取らない。前走こそ10着と着順を落としているが、このクラスでは安定して走っている。常に人気になってしまっている分、その走りが物足りないように映るが、この馬にしてみればきっちり走っている。今回は少頭数となり、差し馬のこの馬にとっては捌き易いのは好材料。嵌れば直線で、まとめて差しきれるだけの実力をもっているので、あとは展開次第だろう。

【2016 垂水S】レース参考動画

2016年4月17日 阪神11R 難波S トーセンビクトリー

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

マウレア秋華賞回避で、武豊はカンタービレと新コンビ

マウレア秋華賞回避で、武豊はカンタービレと新コンビ

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/09/20(木) 10:57:46.41 ID:VezltcIL0  ローズSを快勝したカンタービレ(牝3歳、栗東・中竹和也厩舎)は、次走のG1・秋華賞(10月14日、京都)で武豊騎手(49)=栗東・フリー=と初コンビを組むことが20日、発表された。  オークスでは13着に敗れたが、重賞勝ちのある1800メートルに戻って完勝。「競馬ぶりも良かったですし、ひと皮むけたような感じでしたね。次も良さそうな内容でした」と辻野助手は本番でも期待を寄せる。 98年ファレノプシス、02年ファインモーション、05年エアメサイアと秋華賞3勝の名手と打倒アーモンドアイを目指す。  また、同レースで6着に敗れたサトノワルキューレ(同)は、秋華賞も引き続きミルコ・デムーロ騎手(39)が手綱を執る。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000061-sph-horse 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください