【2016 五稜郭S】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 五稜郭S】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五稜郭

【2016 五稜郭S】 オッズ解析

五稜郭S 予想オッズ:レッドソロモン(3.2倍)

レッドソロモン

3歳時には皐月賞トライアルの若葉Sを勝利し、その後クラシック戦線で一流の馬達と鎬を削ってきた。さすがにクラシックで目立った活躍を残すことは出来なかったが、その経験は4歳となった今年の地力強化に繋がっている。年明け2戦は共に4着と敗れているが、初戦は現役屈指の好素質馬キャンベルジュニアが勝ち馬で相手が悪かった。2戦目は展開的に不向きで前残りの競馬となってしまい、位置取りを考えれば物理的に届かない位置だった。負けた2戦には明確な敗因があり、決して悲観する内容ではなった。そして3戦目となった前走で、ようやくこの馬らしい走りを見ることができた。前団につけての横綱競馬で、2着に1馬身差をつける快勝でオープン入り果たすことができた。そんな馬が勝って同条件なら、上位争いは必至と考えるのが妥当だろう。連勝を飾ることができるのか注目したい。

五稜郭S 予想オッズ:ヤマイチパートナー(4.5倍)

ヤマイチパートナー

距離や、コース適性を考えればこの馬も上位評価しなければならないだろう。昨年もこの函館に参戦し、2戦1勝の成績を残している。距離も2000m以上に良績が集中しており、ステイヤーよりの馬はこの函館には向いている。今年も得意の函館に照準を絞って調整されており、前走の京都でのレースはいかにもここに向けた叩き台の様なものだったので、ここは初戦から能力全開が期待できそうだ。その昨年はいまやスターホースとなったゴールドアクターらと戦っていただけに、この馬もここ函館で浮上のきっかけを掴みたいところだろう。

五稜郭S 予想オッズ:ミエノワンダー(5.8倍)

ミエノワンダー

現級ではなかなかの好成績を残しているが、近走はなかなか着順が上がらずもどかしい展開が続いている。ただ、昨年は夏の札幌でジャングルクルーズの2着や、オープンでも活躍しているマイネルミラノやアイスフォーリスといった強豪馬ともそう差のない競馬を見せているだけに実力はいい物を持っている。今回は良績のあるコーナー4つの小回りコースが舞台とあって、陣営としても力の入る1戦となるだろう。こちらも浮上のきっかけをなんとか掴みたい1頭だ。

五稜郭S 予想オッズ:マイネオーラム(7.5倍)

マイネオーラム

こちらも復活の機会をうかがう5歳牝馬。3歳時にはG2で3着に入るなど、好レースを見せていたが、その後は好走こそあるものの勝ち星を積み重ねることは出来ず。現在はここ準オープン所属となっている。ただマイネル軍団らしく、しぶとい競馬が持ち味で中山や福島のような力の要るコースでは好走が目立つ。今回は洋芝の函館が舞台となり、この馬にとってはプラスとなりそうなコース代わり。ここで好走できれば夏の牝馬重賞参戦も見えてくるだけに、好走に期待したい。

レース参考動画

2015年7月11日 函館11R 五稜郭S フレイムコード

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

モーリス初年度250頭種付けした模様

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/18(月) 22:22:57.14 ID:z40Q1nWN0 ノーザンの主な種付牝馬 ハープスター シンハライト ヴェルシーナ メチャコルタ ブエナビスタ ...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください