【2016 安達太良S】予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 安達太良S】予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015安達太良S

【2016 安達太良S】 オッズ解析

昨年はロワジャルダンが優勝し、その後は重賞でも活躍するまでに上り詰めた。今年も今後の活躍が期待できる実力馬がスタンバイ。どういったレースになるのか注目の1戦となりそうだ。

安達太良S 予想オッズ:ブラゾンドゥリス(2.5倍)

ブラゾンドゥリス

ここまで11戦して馬券圏外はわずかに2回。複勝率は80%と堅実な走りが持ち味。馬券圏外となったのは、デビュー戦と中京での準オープン戦。中京のときの勝ち馬は、先日G3プロキオンSを勝ったノボバカラだったことを考えれば、あの敗戦は致し方なかった。2走前のBSイレブン賞では、すでにオープン入りを決めている好素質馬ソルティコメントの2着に入り、実力の高さを改めて証明。続く三浦特別できっちり1000万条件をクリアし、ここに駒を進めてきた。戦ってきた相手をものさしにすれば、ここでも即通用の下地は十分で、連勝で一気のオープン入りも狙える器。

安達太良S 予想オッズ:メイショウヒコボシ(4.5倍)

メイショウヒコボシ

この馬も前走でこのクラスに目処を立てた格好だ。その前走は勝ち馬にこそ強烈な末脚を発揮され遅れを取ったが、2着馬とは差のない競馬だった。先行しての粘りが持ち味で、2走前の福島では今回と全く同じ条件のレースで3馬身差の快勝。ここ福島の適性は高く、直線平坦の小回りコースならこの馬の持ち味が最大限生きるはず。相手は強力だが、コースの利と経験を活かしての逆転を狙っている。

安達太良S 予想オッズ:クラウンシャイン(5.6倍)

クラウンシャイン

ブラゾンドゥリスには及ばないが、こちらも堅実な走りが持ち味。ここまで16戦を消化し(4.4.4.4)と、複勝率は75%で安定感は抜群。前走は6着と人気を裏切る格好となってしまったが、ソルティコメントを意識しすぎるあまりいつもより位置取りが後ろになってしまい、ジリジリと脚を伸ばすものの上位争いに食い込むことは出来なかった。ただあれが実力ではなく、今回はある程度前につけてのレースをするはず。そうすればこの小回り平坦コースなら、持ち味は生きるはず。上位争いの期待できる1頭には間違いないだろう。

安達太良S 予想オッズ:トウケイウィン(7.5倍)

トウケイウイン

2走前から本格化の兆しを見せている。2走前は大きく離された3着で実力を疑問視する声もあったが、前走の走りで一蹴。後方4番手から上がり最速のタイムで勝利し、前走がフロックでないことを証明した。今回は福島コースに代わり直線が短くなる分、展開の助けが必要ではあるものの嵌ったときの爆発力はなかなかのもの。相手は強力だが、今の実力を試すいい機会で、いい意味で周囲を驚かせる走りに期待したい。

レース参考動画

2015年7月18日 福島11R 安達太良S ロワジャルダン

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください