【2016 ジャパンダートダービー(Jpn1)】レース予想・馬券攻略 | 競馬速報 動画STYLE

【2016 ジャパンダートダービー(Jpn1)】レース予想・馬券攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパンダートダービー2016動画

キング・オブ・ダービー、最高の栄誉を掴め!

選りすぐりの優駿たちが、その王者を決めるべくメッカ・大井に集う。
ユニコーンS勝ち馬ゴールドドリームを筆頭に、JRA所属馬の層が分厚いメンバー構成だ。
先手を主張するのは大外枠のケイティブレイブと見られ、これにキョウエイギアが続く展開が予想される。
東京ダービー馬バルダッサーレは、中枠8番から後方待機策と見られるが、過去の平均勝ちタイム2分05秒0よりも速い決着になりそうで、更なる力走が求められそうだ。
各地のダービー馬を競り落とし、3歳ダート王に君臨するのは、果たしてどの馬か。

ジャパンダートダービー 予想:◎ゴールドドリーム

ジャパンダートダービーゴールドドリーム動画

◎はゴールドドリーム。
日本一の馬産を展開する、ノーザンファームの次世代のダートエース。
それがこの馬だ。
ユニコーンSではストロングバローズとはタイム差なしの接戦だったが、最後きっちり差し切るあたり、スピード能力は一枚上だ。とにかくタイム的には速い方が良い馬で、兵庫チャンピオンシップでは2着と譲ったが、父ゴールドアリュールは当レース勝ち馬で、血統的にも申し分ない。
今年は芝もダートもJRA勢のレベルが相当に高く、その中でもダートのトップを張っている馬。
メンバーは揃ったが、負けられない一戦だ。

ジャパンダートダービー 予想:○ストロングバローズ

ジャパンダートダービーストロングバローズ動画

○はストロングバローズ。
ユニコーンS、ヒヤシンスSと共にゴールドドリームの後塵を拝しているが、この馬のレベルも相当のもの。
タイムもそれを証明しているが、ゴールドドリームの居なかった伏竜Sでは、2馬身差の楽勝で他馬を寄せ付けなかった。
堀宣行調教師は仕上げに抜かりの無い調教師で、これに鞍上Mデムーロ騎手では凡走はまず考えにくい。
こちらはアメリカダート血統で、大井2000mには何の不安も無い。
得意の右回りでついに逆転のチャンス到来か。

ジャパンダートダービー 予想:▲ケイティブレイブ

ジャパンダートダービーケイティブレイブ動画

単穴▲にはケイティブレイブ。
先日コパノリッキーで帝王賞を制した、武豊騎手を背に覇権を窺う、同馬を単穴に指名する。
前走兵庫チャンピオンシップは鮮やかな逃げ切り勝ちで、ゴールドドリームを7馬身差突き放すと言う豪快な勝ちっぷり。
これには兵庫の豪腕・川原正一騎手の手綱捌きも影響したが、地方のダート適性という点ではこの馬に分がある。
しかも今回も単騎逃げが見込めそうで、武豊騎手は逃げが非常に上手い。
初コンビだが間違いなく好相性の人選で、先述2頭を尻目にまんまと逃げ切るシーンも有りそうだ。

ジャパンダートダービー 予想:△キョウエイギア

ジャパンダートダービーキョウエイギア動画

△にキョウエイギア。
前走の鳳雛Sでは4番人気ながら、見事快勝してきた同馬を連下に指名する。
父ディープスカイは日本ダービー馬だが、産駒にはダートを得意とする馬も見られ、同馬もそれを体現する走りでここに駒を進めてきた。
番手から粘り通すしぶとさと勝負根性を兼ね備え、1800mの1分51秒3も優秀な持ち時計。
管理する矢作芳人調教師は、1円でも多く賞金を獲得できるローテーションを選ぶ調教師で知られ、この分厚いメンバーに割って入る計算があればこその出走だ。
鞍上は元・大井のリーディングジョッキー戸崎圭太騎手。
人馬共に抜かりは無い。

【2016 ジャパンダートダービー】 馬券攻略

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点。ハイレベル大混戦だ。

2015 ジャパンダートダービー(Jpn1)ノンコノユメ

ジャパンダートダービーは7月13日、大井競馬第11レース、20時10分発走予定。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

※画像参照元:netkeiba.com
※動画参照元:youtube

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください