【2016 マレーシアC】レース予想・馬券攻略 | 競馬速報 動画STYLE

【2016 マレーシアC】レース予想・馬券攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015マレーシアC

【2016 マレーシアC】 レース予想

マレーシアC 予想:◎ スズカルパン

スズカルパン

ダートから転向して数戦を消化し、馬券外はわずかに1回だけという堅実な走りが持ち味。特に最後の末脚はなかなかのものがあり、スパッと切れるわけではないが長くいい脚を使えるタイプの馬。ダート出身もあってかパワーのいる馬場が得意で、今回のこの中京コースへのコース代わりは大きな好材料といえるだろう。この馬も走ってもなかなか人気にならないが、さすがに今回は上位人気となりそうで馬券的妙味はあまりないかもしれないが、本命評価とした。

マレーシアC 予想:〇 シホウ

シホウ

こちらもここ3戦全て連対中と好調振りが伺える1頭で、このクラスで連続しての2着がある。このクラス突破に目処を立てているといっていいだろう。近走のレース振りを見ると脚質に自在性が出てきた印象で、状況に応じてレースを進められるのは大きな好材料。2走前の勝ち馬は、G1でも活躍を見せるシュヴァルグランだったことを考えればこの馬の実力も相当なもの。この中京コースも2回走って(0.1.1.0)と好走中となれば上位評価が必要だろう。

マレーシアC 予想:▲ ヴォルシェーブ

ヴォルシェーブ

バンドワゴンやワンアンドオンリーなど、世代を代表する一流馬たちと差のない競馬を見せていたこの馬だが、昨年に屈腱炎を発症し長期休養を余儀なくされてしまった。今回はその復帰戦となるが、状態が万全であればここで凡走するような馬ではない。しかし長期休養明けならまずは無事に回ってくることが最優先。実績は評価しつつも、状態に不安がある分単穴評価とした。

マレーシアC 予想:△ エアアンセム

エアアンセム

こちらも近走は安定した走りを見せている。このクラスで5戦し、複勝率は100%と抜群の安定感を誇る。しかし勝ちきれていないのも事実で、勝つためにはもう一押しが必要となるが、馬券を買うほうにしてみればこれだけ安心感のある軸馬はいないかもしれない。しかし、この評価にした最大の理由はこのコース代わり。昨年もこのレースに出走し、9着に敗れているのが気に掛かる。元よりパワー型のコースはあまり得意にしているとはいえないので今回は連下評価とした。

【2016 マレーシアC】 馬券攻略

馬券的にはこの4頭
◎スズカルパン
〇シホウ
▲ヴォルシェーブ
△エアアンセム
本命から印向かって流す馬券で勝負したい

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

レース参考動画

2016年6月25日 阪神11R グリーンS 3着スズカルパン(プレストウィック)

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事
【競馬】競馬歴が長くなると変わってくること

【競馬】競馬歴が長くなると変わってくること

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/12(火) 04:40:36.13 ID:PDkHTx3x0.net 府中の直線が短く感じる 続きを読む

続きを読む

上半期GⅠ本命と「宝塚記念」の本命を挙げるスレ

上半期GⅠ本命と「宝塚記念」の本命を挙げるスレ

出典:JRA HPより2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/23(土) 10:10:50.38 ID:dpZI42QP0 >>1 >フェブラリーS:テイエムジンソク >高松宮記念:ファインニードル >大阪杯:スワーヴリチャード >桜花賞:ラッキーライラック >皐月賞:ステルヴィオ >天皇賞春:レインボーライン ...

続きを読む

宝塚記念 2018 予想 / 本気TM情報

2018/6/24(日)開催 阪神11R 宝塚記念の本気競馬トラックマン(本気TM)によるレース予想を公開します。 本気TM情報 [宝塚記念 2018] – レース予想 宝塚記念 2018 予想 [本命◎ ワ...

続きを読む

宝塚記念2018血統予想:下彦本命ダンビュライト「マリアライト同様強力な牝系ライン消耗戦向き」

当日馬場状態が気になるところですが、超高速スロー以外ならある程度のパワー&スタミナも必要なタフネスコースですから、最後迄渋とく脚を伸ばしてきそうなタイプから入って行きたいと思います。ペースに関しては、仮にサイモンラムセスが逃げるとすれば、ここ2戦で善戦してきたようにスローバランスからの3〜4F戦、極端には緩めずやや早仕掛けのレースになりそうです。血統からしたらブラックタイド×マヤノトップガン×リアルシャダイのロベルトのクロス4×4でもろパワー&スタミナ型という感じで大逃げでもしたら面白そうですが、8歳のオープン入りではなかなか。◎ダンビュライト大阪杯の様な上がりの速さを問われると厳しそうですが(その様なレースになる可能性も有りですが)、例年のような良でも35秒代のようなレースになればこの馬の浮上の目も充分にありそうですし、母方の3代リヴァーマン、4代リボーの通り一昨年の勝ち馬マリアライト同様2代母キャサリーンパーから出ている強力な牝系ライン、消耗戦気味のレースには向く系統です。敗れはしたものの菊花賞の様な積極的に勝ちに行く様なレースを期待。◯サトノダイヤモンド7分の出来でも普通に走れたら馬券内は堅そう。血統的にスタミナは疑問もパワー&スピードと気性で。阪神大賞典の強すぎるレースを見ればここは切れずで。▲ワーザータヴィストック(サドラーズウェルズ系)×ザビール(サーゲイロード系)×アスコットナイト(ダンジグ)×フルーレスセントライト(エルバジェ)のスタミナ推進力型ながら母父にサーゲイロード系を持ちスピードも良いものを持っていそうなイメージです。配合からも道悪もいけそうですし、2200〜2400mの重賞勝ちもありコースも向きそうです。輸送さえ克服していれば実績は文句無しの単穴。気になるのは馬券になった7歳馬はディープインパクトが勝った年まで遡らないといないということでしょうか。△パフォーマプロミスレース運びが安定している点、一応ここに照準を合わせてきたていう点、ステイゴールド×タニノギムレット(ブライアンズタイム)×ノーザンダンサーと如何にもタフなコース&レースを得意とするようなイメージを抱かせる血統を持つ点、今年絶好調の厩舎である点等から人気的に妙味無しでも。

続きを読む

宝塚記念2018の競馬予想分析…菊花賞馬キセキの優勝を阻む?3つの不安

宝塚記念2018の競馬予想分析…菊花賞馬キセキの優勝を阻む?3つの不安

2018年6月24日、阪神競馬場で宝塚記念(GⅠ/芝2200m)が行われる。ヴィブロス、サトノダイヤモンド、ダンビュライト、キセキ、サトノクラウン、ミッキーロケット、ストロングタイタンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?キセキは昨年の菊花賞でGⅠ初制覇。もともと素質を高く評価されながら、春のクラシックに出走することは叶わなかったが、クラシック最終戦で堂々と1番人気に応えた。その後は、香港ヴァーズ、日経賞でともに9着と結果を出せていないが、ミルコ・デムーロ騎手とコンビを再結成し、グランプリ制覇を狙う。好走か、凡走か――。3つのポイントを検証していく。不安① 状態面昨年の菊花賞は、レース史上最悪とも言われた極悪馬場。勝ちタイム3.18.9は、1950年以降で最も遅く、上がり3Fも40.0秒とかなり時計を要した。このタフなレースを走った各馬のレース後のダメージはかなり大きかったはずで、勝ったキセキも疲労の回復に時間がかかった。しかも直後に香港へ遠征。前走の日経賞(9着)は強引な競馬をしたことが敗因の大きな一つだったとは言え、昨秋のダメージがまだ尾を引いていて、良かった頃の状態に戻り切っていない可能性も十分に考えられる。この中間の追い切りを見ても、折り合いを重視していることもあるためか、昨秋のような目を引くほどの動きは見られない。昨秋と比べて調整パターンを少し変えてきている点も気になるところ。最後のひと追いでどこまで調子を上げてこられるかが、カギになりそうだ。なお、宝塚記念の過去10年を見ると、前走がGⅠ以外のレースで3か月以上間隔が空いていた馬は、12頭が出走して全て着外に敗れている。不安② 折り合いもともと折り合いに難のあるタイプだが、陣営は時間をかけて、後方で折り合いに専念して直線に賭ける競馬を教え込んできた。それが実って菊花賞制覇につながったが、前走の日経賞では久々に気性難を露呈する格好となってしまった。菊花賞馬として1番人気に支持されたが、我慢が利かずに1コーナー過ぎからポジションを上げていき、2コーナーでは早くも先頭へ。途中から後続を引き離して逃げる形になったが、直線で失速して9着と大敗。その結果を受けて陣営は天皇賞・春への参戦を早々に取りやめた。今回も同じようなスローペースになると、再び折り合いを欠く不安は拭えない。さらに、前走のようなチグハグな競馬をしたことでリズムが狂ってしまったことも考えれる。レースに行くとテンションが上がってしまうタイプなので、追い切りやパドックなどで判断するのは難しいが、直前の気配はしっかりとチェックしておきたい。不安③ 阪神内回り新潟外回りで1000万下を勝ち、阪神外回りで神戸新聞杯2着、京都外回りで菊花賞を制覇と、持ち味である破壊力のある末脚を生かせる広くて直線の長いコースで良績を残してきた。逆に、宝塚記念と同じ阪神内回りのすみれSで3着、中山内回りの日経賞で9着に敗れるなど、器用さが求められるコースでは目立った結果を出せていない。もともと陣営も「器用さに欠ける面がある」と話しており、小細工を必要としない広いコースの方が向いていることは間違いないだろう。特に今回は前走での“暴走”を踏まえて、より折り合いに専念する可能性が高いだけに、仕掛けどころがポイントになりそう。昨年の優勝ジョッキーでもあるミルコ・デムーロ騎手がどんな騎乗を見せるか、注目だ。まとめ桁外れの爆発力を発揮して菊花賞馬に輝いたキセキ。果たして、大舞台で豪脚はよみがえるのか。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください