【2016 アイビスサマーダッシュ 予想】最終追い切りからの狙い馬は? | 競馬速報 動画STYLE

【2016 アイビスサマーダッシュ 予想】最終追い切りからの狙い馬は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015アイビスSD

2016 アイビスサマーダッシュ 最終追い切り情報

今週から夏の新潟開催が始まります!
まずは夏の訪れを告げる新潟競馬場名物重賞“アイビスサマーダッシュ”が開催されます。

昨年の覇者ベルカントはこのレースを勝って夏のスプリント王者に上り詰めました。
今年もベルカントは虎視眈々と頂点を狙っています。

そのベルカントに待ったをかけ、新たなるサマースプリント王者が出てくるのか!?

本日は注目馬の1週前追い切り情報をお届けします。

[アイビスサマーダッシュ 追い切り] ベルカント

ベルカント

栗東坂路 50.8-11.6 一杯
一杯で終われての時計は栗東坂路全体6番時計でした。
終いの11.6はかなり速い時計です。
前走のCBC賞は海外遠征後の長期休み明けでした。それでしっかり3着に来るもんだから地力はかなり高い。
陣営は明らかにアイビスサマーダッシュに照準を合わせてきているので、今回も昨年同様の好走が期待されます。
鞍上もミルコ・デムーロを配し必勝態勢!

[アイビスサマーダッシュ 追い切り] ネロ

ネロ

栗東坂路 49.0-12.1 馬なり
なぜか昨年のアイビスサマーダッシュを回避し、かつ、出走したレースでまさかの2着を喫したネロは今年はきっちり出走!笑
1週前の時点で馬なりながらも栗東坂路全体1番時計!!!
これは破格の好タイムになります。
前走の韋駄天Sでは斤量57.5キロと厳しいハンデを背負いながらも2着と好走しました。
今回は勝ち馬のプリンセスムーンと斤量差も詰まるので勝ち負け。

[アイビスサマーダッシュ 追い切り] プリンセスムーン

プリンセスムーン

栗東坂路 51.0-12.3 強目
前哨戦である韋駄天Sの勝馬であるプリンセスムーンは強目で追い切りました。
時計は栗東全体9番時計の好タイムを記録。
骨折明けから2連勝と勢いに乗るが、ここはやはり斤量差を詰めてきたネロやベルカント実績馬と比べるとやや劣る。
外枠をゲットしてスムーズに走れれば。

[アイビスサマーダッシュ 追い切り] ローズミラクル

ローズミラクル

栗東坂路 51.9-12.4 一杯
一杯で追い切られて全体時計の51.9は好時計。上記の馬と比べるとやや物足りない印象ですが、2週前追い切りと比べると時計もいい。
前走の韋駄天Sを3着と好走しているだけにコース適正はあるので一発を期待したい。

[アイビスサマーダッシュ 追い切り] ファンデルワールス

ファンデルワールス

美浦坂路 51.2-12.7 強目
強めで追い切られて好タイムを記録しました。
前回一度使われて動きも良くなってきています。
今回相手はかなり強くなりますが、近走ダートを使用している馬の期待値が高いので枠順次第では一発ある!
新潟千直マイスター西田が騎乗するのは大きい。

[アイビスサマーダッシュ 追い切り] マイネルエテルネル

マイネルエテルネル

栗東南路 51.5-13.1 一杯
全体時計はまずまずの好時計だが、終いの13.1は時計を要した印象。
今回が初の直線競馬になりますが、かつてネロに勝利したこともあり、力は十分通用するはず。
ただし、早熟だったのか近年は重賞で掲示板もないのでやや劣る印象。

[アイビスサマーダッシュ 追い切り] アースソニック

アースソニック

栗東坂路 55.8-12.3 馬なり
昨年3着のアースソニックは中5週での出走になります。
時計は全然出していませんが、新潟千直は3着4回と最後に突っ込んでくる可能性は十分あります。

アイビスSD

アイビスサマーダッシュは新潟の直線1000mで行われる重賞になります。
ふつうのレースでは馬は内ラチに沿って走るのが多いのですが、
このレースは外ラチに沿って走るので、スタンドから超至近距離で見ることができます!
ジョッキーもお客さんの顔が一人ひとり見えるくらいの超至近距離です!

迫力あるこのレース、是非とも的中をゲットしましょう!!

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください