【2016 レパードS 競馬】 予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 レパードS 競馬】 予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015repardS

【2016 レパードS】競馬 オッズ解析

過去5年の勝ち馬にはホッコータルマエやアジアエクスプレス、クロスクリーガーといった実力馬が勝っている3歳ダート戦線の出世レースとして知られる。今年も才能あふれる素質馬が多数スタンバイしている。秋の飛躍に向けて、どの馬が勝ち名乗りをあげるのか注目してみてみたい。

レパードS 予想オッズ:グレンツェント(2.5倍)

grentuent

秋への飛躍に向けてここから再始動となる。前走のユニコーンSでは、ゴールドドリームやストロングバローズに次ぐ3着に好走。上位2頭は現ダート3歳世代の筆頭格とも言われている実力馬なので、3着でも額面以上の価値がある。更には前有利な流れの中、唯一後方から追い上げてきたその末脚は、重賞でも即通用を感じさせるものだった。今回は人気を背負うことが予想されるが、秋への飛躍に向けてここで恥ずかしい競馬は出来ない。3歳最強を証明しておきたいところだ。

レパードS 予想オッズ:ケイティブレイブ(3.7倍)

keytibreabu

出走馬の中で唯一の重賞ウィナー。2走前の兵庫CSは、展開に恵まれたことも確かだが、マイペースでレースを進めると直線では2着のゴールドドリームを7馬身もちぎって見せた。続く3歳ダート頂上決戦のJDDでは、4コーナーで勝ちパターンに持ち込んだはずだったが、キョウエイギアの強襲に合い2着と敗れてしまった。敗れはしたものの、自分の形に持ち込めば好走できるということがわかった。ゆえに常に自分との戦いとなるわけだが、今回は目立った同型もおらず展開的には有利に運べそう。強力なライバルはいるが、経験ではこちらのほうが上。経験の差を武器に逆転を狙っている。

レパードS 予想オッズ:ピットボス(5.8倍)

pittoboss

ここへきて猛烈な勢いで成長を見せる。昨年末は500万でも上位争いに加われなかったが、休養を挟んで4月に復帰して以降見違えるような走りを見せている。前走は格上挑戦となったが、見せ場十分の4着に好走。重賞でもやれることを証明した形だ。今回は前走に比べてメンバーレベルも弱化するし、前走先着を許したグレンツェントも出走しているが、その時の着差はわずかにクビ差と逆転は十分に可能だろう。グングン良化を見せている今が、買いどきなのかもしれない。

レパードS 予想オッズ:レガーロ(7.2倍)

regalo

2歳時にG1でも2着に入ったことのある実力馬だが、それ以降は目立った成績をあげることが出来ていなかった。しかし、前走の交流重賞で久々にこの馬らしい走りを見せた。勝ち馬に離された4着と数字だけを見ればあまり印象は良くないが、先行して粘りこむこの馬らしいレースをすることが出来たのは大きな収穫だった。今回も同様に先行できるかどうかが鍵となりそうだが、展開的にもすんなりと嵌りそうなメンバー構成なので、軽視は禁物といえそうだ。

レース参考動画

2016年6月19日 東京11R ユニコーンS 3着グレンツェント(ゴールドドリーム)

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

9/20(水) 浦和11R 第28回 テレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII) 1,400m 発走時刻 16:35

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 15:14:24.08 ID:Gh2gQdR10.net1カリスマサンスカイ 牡9 楢崎功祐 54.0 2ヴァーゲンザイル セ9 秋元耕成 54.0 3レーザーバレット牡9 岩田康誠 56.0 4ミッキーヘネシー 牡8 瀧川寿希也 54.0 ...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください