【2016 小倉記念 競馬】 予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 小倉記念 競馬】 予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015kokurakinenn

【2016 小倉記念】競馬 オッズ解析

サマー2000シリーズの第3戦、今年はエントリーの時点で12頭と少し寂しい構成となってしまったが、メンバーレベルは拮抗しておりどの馬にも勝つチャンスはありそうで注目の1戦となりそうだ。

小倉記念 予想オッズ:ダコール(3.5倍)

dacool

混戦となりそうだが、近況の内容から1番人気となりそうなのはこの馬か。今年は怪我をすることもなく順調にレースを消化しており、ここまで4戦して4,2,4,2着と安定した成績を残している。全て重賞レースに出走しており、メンバーレベルも悪くないとくれば一言、地力強化といっていいだろう。今年で8歳となるが、まだまだ衰えを感じさせることはなく、G3なら上位人気を張れるだけ実力は兼ね備えている。前走の七夕賞も2着ではあるが、3着以下には決定的な差をつけているので、ここでの上位争いは必至だろう。相性のいい小倉コースで更にもう一つ重賞タイトルを増やせるか注目だ。

小倉記念 予想オッズ:アングライフェン(4.8倍)

angraifen

上がり馬ならこの馬が筆頭格。前走のマレーシアCを勝利して勢いに乗っている。その前走は準オープンにしてはなかなかの好メンバーが揃っていた中で、きっちりと勝利できたことは好材料。2着馬との差こそわずかだったが3着以下には差をつけており、オープンでも通用する下地は十分にあるとみていい。今回のこの小倉コースは、距離こそ違うが2戦2勝と相性のいい舞台でコース代わりはプラスと働きそう。調整も早めの小倉入りで滞在効果も期待できる。一気の相手強化と重賞挑戦となるが、上位争いも期待できそうだ。

小倉記念 予想オッズ:ベルーフ(6.5倍)

belufu

重賞実績ならこの馬も引けを取らない。重賞制覇は京成杯のみだが、大崩れしたのは皐月賞の12着と前走の新潟大賞典の9着。いい意味で相手なりに走れるということだろう。この小倉も、昨年の小倉記念2着の実績があるように相性のいい舞台。近走の成績はあまり褒められたものではないが、ここでの激走は十分に考えられる。軽視は禁物の1頭だ。

小倉記念 予想オッズ:サトノラーゼン(8.2倍)

satonolazen

ダービー2着の実績馬の面影はなく、近走は全く成績の振るわない。しかし今年の2戦は鞍上と相性も悪く、状態もあまり良くなかったので度外視してもいいだろう。ディープ産はクラシックでの活躍が多く、仕上がりの早い仔が多いため早熟と思われることもあるが、実は古馬になった馬は4歳より5歳以上になって活躍し始める馬のほうが多い、比較的晩成型の種牡馬なのだ。今回は相性のいい岩田ジョッキーに手が戻るということもあり、状況は好転。今回は上位争いに加わってくる可能性も十分にある。ダービー2着馬の復活に期待したい。

レース参考動画

2016年7月10日 福島11R 七夕賞 2着ダコール(アルバートドック)

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください