【2016 UHB賞 競馬】 予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 UHB賞 競馬】 予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015UHBsho

【2016 UHB賞】競馬 オッズ解析

札幌メインはUHB賞。重賞でも上位人気に押されていた実力馬や、重賞で上位争いを演じていた実力馬などなかなかの好メンバーが揃った今回のこのレース。先にはキーンランドCもあるので、ここで好走できるかは先々にも影響してきそうで、注目の1戦となりそうだ。

UHB賞 予想オッズ:クリスマス(3.2倍)

kurisumasu

この距離のスペシャリストとして、ここは負けられない1戦となりそうだ。今年も3戦を消化し、複勝率100%と安定感は抜群。一貫してこの距離を使っている点は大きな強みで、前走も重賞で活躍を見せるスナッチマインドをキッチリ競り落としての勝利で、地力強化も伺えるレース内容に好感がもてる。札幌コースは昨年1番人気で15着と人気を大きく裏切っているが、Hペースで差し馬殺到の流れだったことを考えれば、度外視可能だろう。ここを勝てば今後の展開も開けてくるはずで、勝負がかりの1戦となりそうだ。

UHB賞 予想オッズ:オメガヴェンデッタ(4.4倍)

omegavendetta

前走の函館SSは6着に敗れ、1番人気を裏切る形となってしまったこの馬だが、重賞特有の速い流れについていけなったのが敗因。今回は連続してこの距離に使えることは好材料で、慣れも見込める今回は前進必至だろう。前走ほどではないが、オープンにしてはなかなかのメンバーが揃った印象。だが実力では引けを取らないだけに注目。

UHB賞 予想オッズ:フミノムーン(6.2倍)

fuminomoon

近2走が好内容のこの馬。3歳時には1400mや1600mを使ったこともあったが、現状のベストはこの距離といえそうだ。2走前の函館は、着差こそわずかだったが上がり最速のタイムで差し切り勝ち。前走は展開がむかず3着までとなったが、こちらも上がりは最速で状態の良さが伺える内容だった。今回は先行馬が揃ったメンバー構成なので、展開が向く可能性は十分にある。嵌ればその末脚の切れ味は重賞級。注目の1頭だ。

UHB賞 予想オッズ:オデュッセウス(7.5倍)

odyuseus

3歳からはこの馬。前走の函館SSでも一部で盛り上がりを見せていたが、結果は7着とまだ力の差を感じさせられる内容だった。ただ伸びしろのある3歳馬なので、2週間や3週間もあれば馬が変わることもあるだろう。ベストは1200mだと思うし、ファルブラヴ産らしくパワーのある走りが印象的で、この札幌は合いそうな舞台。ハンデ戦とあって斤量の恩恵も受けられる今回は、激走の可能性も十分にありそうだ。

レース参考動画

2015年8月9日 札幌11R UHB賞 エポワス

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

【ローズステークス2018】追い切り/抜群の動きを見せたのは

今回はローズステークス2018の追い切り・コメントの記事です。出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。しっかりチェックして、おいしい配当をゲットしよう!

続きを読む

ローズステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第36回 ローズステークス(G2) 2018 2018/9/16(日)阪神競馬場で行われるのは、秋華賞トライアル・第36回ローズステークス(芝1800m)。過去の勝ち馬を見てみると、ジェンティルドンナ、ヌーヴォレコルトな...

続きを読む

セントライト記念2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

第72回 朝日杯セントライト記念(G2) 2018 2018/9/17(月)中山競馬場で行われるのは、菊花賞トライアル・第72回朝日杯セントライト記念(芝2200m)。皐月賞馬イスラボニータ、ディーマジェスティなどが勝ち...

続きを読む

マウレア秋華賞回避で、武豊はカンタービレと新コンビ

マウレア秋華賞回避で、武豊はカンタービレと新コンビ

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/09/20(木) 10:57:46.41 ID:VezltcIL0  ローズSを快勝したカンタービレ(牝3歳、栗東・中竹和也厩舎)は、次走のG1・秋華賞(10月14日、京都)で武豊騎手(49)=栗東・フリー=と初コンビを組むことが20日、発表された。  オークスでは13着に敗れたが、重賞勝ちのある1800メートルに戻って完勝。「競馬ぶりも良かったですし、ひと皮むけたような感じでしたね。次も良さそうな内容でした」と辻野助手は本番でも期待を寄せる。 98年ファレノプシス、02年ファインモーション、05年エアメサイアと秋華賞3勝の名手と打倒アーモンドアイを目指す。  また、同レースで6着に敗れたサトノワルキューレ(同)は、秋華賞も引き続きミルコ・デムーロ騎手(39)が手綱を執る。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000061-sph-horse 続きを読む

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください