【2016 越後S 競馬】 予想オッズ | 競馬速報 動画STYLE

【2016 越後S 競馬】 予想オッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015etigos

【2016 越後S】競馬 オッズ解析

新潟のダート1200mは左回りで国内で唯一直線に坂のない平坦コース。その為、圧倒的に逃げ、先行が有利なコース形態となっている。そのことは頭に入れて予想したほうがよさそうだ。

越後S 予想オッズ:ゴーインググレート(3.2倍)

goinggreat

近走の成績から1番人気となりそうなこの馬。近5走は(0.1.4.0)と複勝率は100%で、安定した成績を残している。昨年は人気を背負って裏切ることもあったが、今年は地力強化のおかげか大崩れすることもなくなっている。逃げ馬ではないものの先行脚質のこの馬にとってこの新潟コースへのコース代わりはプラスとなりそうで、上位争いは十分に可能だろう。あとは休み明けから数えて5戦目となる今回の状態面が鍵を握りそうだ。上積みは見込めなくとも、状態をキープできていれば自ずと結果は付いてくるだろう。

越後S 予想オッズ:モルジアナ(4.2倍)

morujiana

こちらは11戦のキャリアで着外わずかに2回という堅実派。芝、ダート問わず走れる万能型だが、やはりベストはダートの1200mと判断しての参戦となった形だろう。この馬の父であるドバウィはアメリカ血統の主流でダート短距離の一流種牡馬で、この新潟1200mはアメリカ血統が良く走るレースとして知られている。アメリカの平坦ダートコースが多いことが影響しているのだろう。この馬も先行脚質のタイプの馬なので、この新潟コースはぴったり合うはず。好走の期待できる1頭だ。

越後S 予想オッズ:サンレーン(5.5倍)

sanreen

脚質的に一番このコースの恩恵を受けられそうなのはこの馬か。現級での実績もなかなかのものがあり、クラス突破の目処は十分。前走の中京でのレースも勝ち馬には離されてしまったが、逃げて二枚腰での粘りこみをみせ2着馬とは差のない競馬。それを考えれば上々の内容。今回は直線平坦の新潟コースへと代わり、前走よりも粘りが期待できるとあって前走以上の着も狙えるはずだ。強力な同型もいないだけに、展開の鍵を握りそうなこの馬は注目の1頭といえそうだ。

越後S 予想オッズ:スウィープアウェイ(7.2倍)

swaypawey

前走からの巻き返しを狙っているのはこの馬。その前走は昇級初戦だったが、メンバーレベルも強力で自分の競馬を全くさせてもらえず10着と敗れてしまった。着順だけ見れば、昇級が壁になっているように見えるが、決して力負けというわけではないよう。今回は前走に比べてメンバーレベルも大幅に弱化し、好走できる下地は十分。この馬の父であるスウェプトオーバーボードはこの新潟1200mに非常に相性のいい種牡馬なので、コース代わりもプラスと働きそう。前回の敗戦で人気の盲点となりそうだが、侮れない1頭といえそうだ。

レース参考動画

2015年8月8日 新潟11R 越後S マキャヴィティ

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事
【競馬】競馬歴が長くなると変わってくること

【競馬】競馬歴が長くなると変わってくること

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/12(火) 04:40:36.13 ID:PDkHTx3x0.net 府中の直線が短く感じる 続きを読む

続きを読む

上半期GⅠ本命と「宝塚記念」の本命を挙げるスレ

上半期GⅠ本命と「宝塚記念」の本命を挙げるスレ

出典:JRA HPより2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/06/23(土) 10:10:50.38 ID:dpZI42QP0 >>1 >フェブラリーS:テイエムジンソク >高松宮記念:ファインニードル >大阪杯:スワーヴリチャード >桜花賞:ラッキーライラック >皐月賞:ステルヴィオ >天皇賞春:レインボーライン ...

続きを読む

宝塚記念 2018 予想 / 本気TM情報

2018/6/24(日)開催 阪神11R 宝塚記念の本気競馬トラックマン(本気TM)によるレース予想を公開します。 本気TM情報 [宝塚記念 2018] – レース予想 宝塚記念 2018 予想 [本命◎ ワ...

続きを読む

宝塚記念2018血統予想:下彦本命ダンビュライト「マリアライト同様強力な牝系ライン消耗戦向き」

当日馬場状態が気になるところですが、超高速スロー以外ならある程度のパワー&スタミナも必要なタフネスコースですから、最後迄渋とく脚を伸ばしてきそうなタイプから入って行きたいと思います。ペースに関しては、仮にサイモンラムセスが逃げるとすれば、ここ2戦で善戦してきたようにスローバランスからの3〜4F戦、極端には緩めずやや早仕掛けのレースになりそうです。血統からしたらブラックタイド×マヤノトップガン×リアルシャダイのロベルトのクロス4×4でもろパワー&スタミナ型という感じで大逃げでもしたら面白そうですが、8歳のオープン入りではなかなか。◎ダンビュライト大阪杯の様な上がりの速さを問われると厳しそうですが(その様なレースになる可能性も有りですが)、例年のような良でも35秒代のようなレースになればこの馬の浮上の目も充分にありそうですし、母方の3代リヴァーマン、4代リボーの通り一昨年の勝ち馬マリアライト同様2代母キャサリーンパーから出ている強力な牝系ライン、消耗戦気味のレースには向く系統です。敗れはしたものの菊花賞の様な積極的に勝ちに行く様なレースを期待。◯サトノダイヤモンド7分の出来でも普通に走れたら馬券内は堅そう。血統的にスタミナは疑問もパワー&スピードと気性で。阪神大賞典の強すぎるレースを見ればここは切れずで。▲ワーザータヴィストック(サドラーズウェルズ系)×ザビール(サーゲイロード系)×アスコットナイト(ダンジグ)×フルーレスセントライト(エルバジェ)のスタミナ推進力型ながら母父にサーゲイロード系を持ちスピードも良いものを持っていそうなイメージです。配合からも道悪もいけそうですし、2200〜2400mの重賞勝ちもありコースも向きそうです。輸送さえ克服していれば実績は文句無しの単穴。気になるのは馬券になった7歳馬はディープインパクトが勝った年まで遡らないといないということでしょうか。△パフォーマプロミスレース運びが安定している点、一応ここに照準を合わせてきたていう点、ステイゴールド×タニノギムレット(ブライアンズタイム)×ノーザンダンサーと如何にもタフなコース&レースを得意とするようなイメージを抱かせる血統を持つ点、今年絶好調の厩舎である点等から人気的に妙味無しでも。

続きを読む

宝塚記念2018の競馬予想分析…菊花賞馬キセキの優勝を阻む?3つの不安

宝塚記念2018の競馬予想分析…菊花賞馬キセキの優勝を阻む?3つの不安

2018年6月24日、阪神競馬場で宝塚記念(GⅠ/芝2200m)が行われる。ヴィブロス、サトノダイヤモンド、ダンビュライト、キセキ、サトノクラウン、ミッキーロケット、ストロングタイタンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?キセキは昨年の菊花賞でGⅠ初制覇。もともと素質を高く評価されながら、春のクラシックに出走することは叶わなかったが、クラシック最終戦で堂々と1番人気に応えた。その後は、香港ヴァーズ、日経賞でともに9着と結果を出せていないが、ミルコ・デムーロ騎手とコンビを再結成し、グランプリ制覇を狙う。好走か、凡走か――。3つのポイントを検証していく。不安① 状態面昨年の菊花賞は、レース史上最悪とも言われた極悪馬場。勝ちタイム3.18.9は、1950年以降で最も遅く、上がり3Fも40.0秒とかなり時計を要した。このタフなレースを走った各馬のレース後のダメージはかなり大きかったはずで、勝ったキセキも疲労の回復に時間がかかった。しかも直後に香港へ遠征。前走の日経賞(9着)は強引な競馬をしたことが敗因の大きな一つだったとは言え、昨秋のダメージがまだ尾を引いていて、良かった頃の状態に戻り切っていない可能性も十分に考えられる。この中間の追い切りを見ても、折り合いを重視していることもあるためか、昨秋のような目を引くほどの動きは見られない。昨秋と比べて調整パターンを少し変えてきている点も気になるところ。最後のひと追いでどこまで調子を上げてこられるかが、カギになりそうだ。なお、宝塚記念の過去10年を見ると、前走がGⅠ以外のレースで3か月以上間隔が空いていた馬は、12頭が出走して全て着外に敗れている。不安② 折り合いもともと折り合いに難のあるタイプだが、陣営は時間をかけて、後方で折り合いに専念して直線に賭ける競馬を教え込んできた。それが実って菊花賞制覇につながったが、前走の日経賞では久々に気性難を露呈する格好となってしまった。菊花賞馬として1番人気に支持されたが、我慢が利かずに1コーナー過ぎからポジションを上げていき、2コーナーでは早くも先頭へ。途中から後続を引き離して逃げる形になったが、直線で失速して9着と大敗。その結果を受けて陣営は天皇賞・春への参戦を早々に取りやめた。今回も同じようなスローペースになると、再び折り合いを欠く不安は拭えない。さらに、前走のようなチグハグな競馬をしたことでリズムが狂ってしまったことも考えれる。レースに行くとテンションが上がってしまうタイプなので、追い切りやパドックなどで判断するのは難しいが、直前の気配はしっかりとチェックしておきたい。不安③ 阪神内回り新潟外回りで1000万下を勝ち、阪神外回りで神戸新聞杯2着、京都外回りで菊花賞を制覇と、持ち味である破壊力のある末脚を生かせる広くて直線の長いコースで良績を残してきた。逆に、宝塚記念と同じ阪神内回りのすみれSで3着、中山内回りの日経賞で9着に敗れるなど、器用さが求められるコースでは目立った結果を出せていない。もともと陣営も「器用さに欠ける面がある」と話しており、小細工を必要としない広いコースの方が向いていることは間違いないだろう。特に今回は前走での“暴走”を踏まえて、より折り合いに専念する可能性が高いだけに、仕掛けどころがポイントになりそう。昨年の優勝ジョッキーでもあるミルコ・デムーロ騎手がどんな騎乗を見せるか、注目だ。まとめ桁外れの爆発力を発揮して菊花賞馬に輝いたキセキ。果たして、大舞台で豪脚はよみがえるのか。

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください