【2016 札幌日経オープン】レース予想・馬券攻略 | 競馬速報 動画STYLE

【2016 札幌日経オープン】レース予想・馬券攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sapporonikkeiop

【2016 札幌日経オープン】 レース予想

札幌日経オープン 予想:◎ ツクバアズマオー

tukubaazumao

昨年末に復帰して以降、別馬のように活躍を見せている。6戦して馬券外はわずかに1回だけという安定振り。安定感もさることながら、脚質にも幅が出てきた印象で自在性も感じられるようになったのは、少なからず近走の好調さに影響を与えているはずだ。前走の函館記念も展開面では圧倒的に前有利な流れの中、後方から唯一馬券圏内に入ったのはこの馬のみで、明らかに地力強化が伺える内容だった。今回は舞台を札幌に移し、距離も延長と条件は全く異なるが、札幌は過去に勝利経験もあり、距離に関してもステイゴールド産らしく伸びたほうがいいタイプ。馬券圏内を外す事は考えにくく本命評価とした。

札幌日経オープン 予想:〇 モンドインテロ

mondointero

ポテンシャルの高さならこの馬がNo.1といってもいいだろう。現段階では重賞の壁に跳ね返されている感じはあるが、挑戦した重賞は共にステイヤーよりの重賞で、この馬にはあまり合っていない条件のものだったので度外視可能だろう。逆にオープンでは3勝しており、その時の条件である2400mがこの馬にとってベストなはず。それを考えれば、今回の2600mもあまり言い条件とは言いがたいが、秘めたるポテンシャルに期待して対抗評とした。仮に凡走するようであれば、適条件に出てきたときに要注意だろう。

札幌日経オープン 予想:▲ サムソンズプライド

samusonsprid

この馬はどちらかといえば中距離~ステイヤーまで幅広くこなせる印象。切れ味がない分1800mや2000mでは分が悪いが、2400m位のレースなら持続力がある分好走できるといった感じ。父メイショウサムソンや母父エルコンドルパサーの影響か適距離は2400m以上と判断。今回は2600mとなるが、延長は好材料となりそうだ。単穴評価とした。

札幌日経オープン 予想:△ ケルンダッシュ

kerundashu

近2走は函館の2600mで連勝を飾っており、距離適性に関しては現状この馬がNo.1だろう。この特殊な距離を経験しているというのは大きな強みで、他の馬が苦戦するようなら上位争いも十分に可能だろう。ただ今までよりもメンバーはグッと供与苦になるし、前走より斤量が1kg増えてどこまでという感じもあるので連下評価までとした。

【2016 札幌日経オープン】 馬券攻略

馬券的にはこの4頭
◎ツクバアズマオー
〇モンドインテロ
▲サムソンズプライド
△ケルンダッシュ
本命から印に向かって流す馬券で勝負したい

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

レース参考動画

2016年7月17日 函館11R 函館記念 3着ツクバアズマオー(マイネルミラノ)

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

モーリス初年度250頭種付けした模様

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/18(月) 22:22:57.14 ID:z40Q1nWN0 ノーザンの主な種付牝馬 ハープスター シンハライト ヴェルシーナ メチャコルタ ブエナビスタ ...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください