【2016 UHB賞】レース予想・馬券攻略 | 競馬速報 動画STYLE

【2016 UHB賞】レース予想・馬券攻略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015UHBsho

【2016 UHB賞】 レース予想

UHB賞 予想:◎ クリスマス

christmas

函館2歳Sをはじめ短距離重賞でも上位争いを繰り広げていたこの馬にとって、ここオープンクラスならば実績は格上のはず。近走も崩れることなく走っており、前走の函館での1戦も、重賞で上位の実績があるスナッチマインドを破っての勝利と能力の高さも証明済み。ここ札幌は一昨年に15着と大敗を喫しているが、その時は大幅な馬体重増と自分の競馬が全く出来なかったと敗因は明確なので、参考外でいいだろう。今回はメンバーも揃ったが、目下の充実振りと距離適性を考えてこの馬を本命評価とした。

UHB賞 予想:〇 オデュッセウス

odyuseus

前走でも一部で盛り上がりを見せており、単勝は5番人気まであがったこの馬。しかし、直線で進路を探すのに苦労しエンジンがかかったところがゴールだったので7着と敗れてしまった。ただ初めての古馬重賞でなかなか見所のある部分も随所に見られたので、決して悲観するような内容ではなかった。今回も斤量は据え置きの52kg。勝鞍もある札幌コースに舞台が代わる点も好材料。オープンのここなら上位争いに加わるだけの実力は持っている。伸びしろにも期待して対抗評価とした。

UHB賞 予想:▲ オメガヴェンデッタ

omegavendetta

戦ってきた相手や重賞での実績を考えれば、この馬がNo.1なのは間違いない。しかし今回はこの1200mという距離を考えてこの評価までとした。過去の戦歴をみてもベストはやはり1400mで、ここ1200mは明らかに短い。過去に好走した実績もあるが、その時はメンバー構成に恵まれた感が否めず、実際に強力なメンバーが相手の1200mでは人気よりも着順をあげたことは1度もない。前走も勝ちパターンに近い競馬ができたにも関わらず6着で、道中で息を入れられなかったことが大きかったようだ。それを考えればここでも上位人気になりそうなこの馬を積極的に買うことは出来ず、実力を評価しつつも単穴評価までとした。

UHB賞 予想:△ セカンドテーブル

seconddtable

2歳時にG2を制覇する等、早くから活躍を見せていたこの馬。その後は目立った成績を上げることが出来ず、やや頭打ちの印象だった。しかし近走のレース振りは馬が一変しているといわざるを得ないほど好成績。前走も重賞での好走経験もあるミッキーラヴソングに完勝するなど、その充実振りは目を見張る。今回も自分の競馬をすることが出来れば、上位争いに食い込んでくることは間違いないだろう。連下評価とした。

【2016 UHB賞】 馬券攻略

馬券的にはこの4頭
◎クリスマス
〇オデュッセウス
▲オメガヴェンデッタ
△セカンドテーブル
本命から印に向かって流す馬券で勝負してみたい。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

レース参考動画

2016年7月2日 函館11R TVh章 クリスマス

※画像参照元:netkeiba.com

[ スポンサーリンク ]
おすすめの記事

今の所の秋華賞の印かいてけ

1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:06.31 ID:kUYmxdxi0.net参考にさせて2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:33.37 ID:KinhRg720.netリカビトス!!!3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2017/09/17(日) 16:08:50.95 ID:mD5SQeJd0.netデストラクション続きを読む

続きを読む

【オールカマー2017】大混戦のオールカマー!各馬一長一短で波乱必須か?!

出走メンバーのレベルは低くはないが、各馬とも条件が付く馬が多い今年のオールカマー。例えば、1月AJCCを勝利したタンタアレグリア。AJCCを勝った後は、休養に入り、今回が休み明けの一戦。中山の当該コースで重賞勝ちのある実績馬ではあるが、休み明けの分息が持つかがポイントになってくる。ルージュバックは中山コースを苦手とはしていないが、この馬のベストの条件は東京の1800m。敢えて2週間後の毎日王冠と言うベストな舞台があるにも関わらず、中山の2200mに出走してくる。おそらくエリザベス女王杯一本に絞ってくるからこそのオールカマー出走だと思うが、空き巣感もあるし、間隔を空けるならやはりここが一番叩きとしてはベストな舞台だろう。人気馬の一角のモンドインテロも2400mからの方が走りそうだし、中山コースとは相性が良いがステイヤー色が強いアルバートもベストの距離より短い印象がある。休み明けの馬、叩きとして参戦する馬に、距離が不安視される馬など、抜けて強い馬は不在で、実力的に拮抗している馬が上位4,5頭を占めているという状況。こういうレースは穴馬が実に怖くなってくるが、中でも前に行くマイネルミラノ辺りは非常に怖い。無欲の逃げ・先行策を取ると、有力馬は仕掛けが遅れる傾向になり、人気薄の馬が台頭するパターンになりやすい。マイネルミラノは一例だが、他にも警戒しておきたい馬は多数おり、波乱にも注意が必要だ。距離や休み明けを克服して上位の馬が強い競馬をするのか?それとも人気薄が隙を突いて台頭してくるのか?まさに「来る人(参加希望者)全員」というレース名通り、それぞれの事情を抱えた馬が集った今年のオールカマー。勝ち馬には天皇賞春への優先出走権が与えられる一戦ということもあり、ますます目が離せないレースとなりそうだ。

続きを読む

永久保存版『福永祐一』名言集

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/15(金) 19:09:46.30 ID:V8L4281HO 岩田くんばかり良い馬に乗っててズルい! 続きを読む

続きを読む

ファンディーナは今後どうすればいいのか

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/17(日) 18:10:09.70 茨の道 続きを読む

続きを読む

モーリス初年度250頭種付けした模様

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/09/18(月) 22:22:57.14 ID:z40Q1nWN0 ノーザンの主な種付牝馬 ハープスター シンハライト ヴェルシーナ メチャコルタ ブエナビスタ ...

続きを読む

コメントをどうぞ

CAPTCHA


内容に問題なければ、「コメントを送信」ボタンを押してください